:: トップページへのリンク
:: 開館日·時間

↑画像クリックで詳細記事に移動
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
農耕馬の像
  • 農耕馬の像
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    鳥沼公園
  • 鳥沼公園
  • (1) 2 3 4 ... 41 »
    博物館講座 : 10/16(土) プロジェクト「O(オオハンゴンソウ)」〜花摘みと草木染め & 植樹〜
    投稿日時: 2021-10-22 10:00:00 (85 ヒット)

    博物館講座「プロジェクト「O」」は鳥沼公園で分布を広げ、自然景観を変えつつある外来植物オオハンゴンソウを減らし、今ある自然を守る取り組みです。

    今回は内容を一部変更し、オオハンゴンソウの摘み取り自体は行わず、繁茂状況を視察した後、ハンノキの植樹を行いました。これは、10月の初めに公園内の「ハンノキの林」で大径木のハンノキが倒れ、大きな裸地が生じてしまっていたことから急きょ計画したもので、このハンノキの実生は富良野の自然に親しむ会の協力で、昨年秋に公園内で採集したハンノキの種を育てたものです。

     
    実際に実生を育てた同会の木村徳志さん(東大演習林技術職員)の指導で裸地に60本あまりの実生を植えました。

     
    同会の井口さん(副会長・東大演習林技術職員)からは富良野盆地においてハンノキの林が希少な存在となっていること(元は盆地一帯に広がっていたが、現在2か所(推定)しか残っていない)や、植樹に至る経緯(乾燥化などでかなり衰えて、林床のミズバショウの占める面積が減り、ヘイケボタルもごくわずかしか見られなくなってきていることなど)を説明しました。また、倒れた木の年輪を数えると生えたのは開拓がはじまって間もない約120年ほど前にさかのぼることも教えてくれました。

     

     

     
    作業後、同会の永盛さん(会長)からハンノキに植えつけられたミドリシジミの卵を見せてもらいました。

    その後、室内でオオハンゴンソウを材料にした草木染をしました。日頃あまり草木染めに使われないオオハンゴンソウなので、講師の小林静子さんはかなり試行錯誤をしてよい色が出るよう工夫して講座に臨んでくれました。

     
    参加者は濃い色の鉄媒染、明るい色のミョウバン媒染を選んで染めました。

     

    思うように染まらない場面もありましたが、そのときはオオアワダチソウでの染めを行いました。オオハンゴンソウ同様に外来種であるオオアワダチソウは草木染めにとても適した植物で、出来上がりは明るい黄色によく染まっていました。

     

    本来は8月26日に行い、花をつみ取ってオオハンゴンソウの繁殖力をそぐ活動を行う予定でしたが、コロナ禍に伴う緊急事態宣言が発令されたため予定していた延期せざるを得ませんでした。やむなくこの日は職員による摘み取りのみを行い、講座は延期することにしましたが、1か月半以上が経ったたため、多くの花は結実して散り、作業に適した時期は過ぎてしまいました。来年度は本来の活動である花摘みと草木染めを合わせて行い、本来の形に戻りたいものです。

     
    今回の講座は、急きょ植樹もテーマに組み込んで活動しました。植樹した木々は順調に成長するとは限らず、ネズミにかじられたりやササなどの下生えに被陰されるなどの困難が待ち構えていますので、管理作業も必要ですが、段取りが整えば博物館の講座をからめて行っていきたいと考えています。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

    ※特定外来生物を扱うため、講座の実施にあたっては環境省に確認していただいています。

    コメントする
    事業案内 : 11月の博物館講座のお知らせ
    投稿日時: 2021-10-20 12:50:00 (7 ヒット)

    11月の講座のお知らせです。お問い合わせ・参加申し込みは富良野市博物館(生涯学習センター ☎0167-42-2407 (火)〜(土))までお電話ください。特別な記載がない限り参加料などは不要です。

    博物館講座「アートを楽しもう!〜オリジナルのパズルをつくろう〜」
    好みのモチーフを無地のパズルに描いて、自分だけのオリジナルパズルをつくってみましょう。
    講師:イマイカツミさん(水彩画家) 
    日時:11月3日(水・祝)9 : 00〜12 : 00
    場所:富良野市博物館
    定員:14人
    持ち物: ̄筆・消しゴム
        ▲ラーマジックやポスカ・色鉛筆など好みの彩色要具
        モチーフにする対象が写っているプリント写真やデジタル画像、雑誌など
        ぐみ物・マスク
    申込期限:10月23日(土)

    ※お願い
    感染症対策として、講座についてはあらかじめ申し込みいただき、体調の確認、マスクの着用をした上でご参加ください。特に、室内でのイベントについては細心の注意を払いますので、ご協力をお願いいたします。


    コメントする
    博物館講座 : 10/9(土) 富良野の自然に親しむ集い「変形菌ってなあに?」
    投稿日時: 2021-10-20 9:00:00 (67 ヒット)

    ゴマ粒のように小さいけれど、多様な色や形をし不思議な魅力にあふれた生物「変形菌」。その観察会を、室蘭工業大学准教授の矢島由佳さんに案内していただいて実施しました。

     
    今回選んだフィールドはラベンダーの森(宿泊施設ハイランドふらのに隣接する種類の多様な植樹の林)。変形菌は市街地・森林・草地など場所を選ばす出現しますが、今回目指したのは秋の朽ちた倒木上に出現するタイプの変形菌です。 右:アミホコリ類

     
    左:変形菌の移動跡 右:ケホコリ類

     
    左:やや古くなり胞子を噴き出しているマメホコリ類 右:マメホコリ類の幼菌 ※マメホコリの仲間はやや大きめ。

     
    変形体(繁殖器官である子実体を形成する前のどろどろした姿)

     
    午後からは鳥沼公園へ移動しました。右:ケホコリ類

     
    会員(副会長)の井口さんが地面にはりつくようにして探しています。変形菌はたいていとても小さく地面に近いところに生育するので、探すときは誰もがこんな姿になります。なんと夏季に生育するタイプの(晩秋性ではない)ツノホコリ類を発見しました!

    参加者の中にはきのこ(菌類)に詳しい方もいらっしゃり、きのこの観察も楽しめました。
     
    チャタイゴケの仲間を見る富良野高校科学部部長

     
    ぷにぷにの菌類に「なんじゃこりゃ!?」 右:ロクショウグサレキン

    野外観察の後は室内(鳥沼会館)で講義を聞きました。
      

     

     

     
    講義の後は採集した変形菌や矢島さんが持参したルリホコリ(春に観察できる好雪性変形菌)などを観察しました。矢島さんには昨年の調査会で採集した変形菌類の同定もしていただいており、今回の場で改めて皆さんに見て頂きました。→昨年の変形菌調査

    季節、場所、標高などによって観察できる変形菌の種類はぐんとかわってくるそうです。また来年度、別の時期に変形菌の観察会ができればと考えておりますので、ご興味を持たれた方はぜひご参加ください。

    コメントする
    教育活動支援(学校など) : 10/4(火)樹海小学校「川の学習」
    投稿日時: 2021-10-19 13:00:00 (49 ヒット)

    樹海小学校の先生から、5年生の理科の学習で観察する近所の川を教えてほしいとの依頼があり、場所を選定した上で学習日も同行して勉強させてもらいました。

     
    老節布川(西達布川に合流する直前):比較的直線的な河川


    といっても護岸がなく浸食や堆積などの作用を目の当たりにできるような河川はそうそうありませんし、移動距離や安全面を考えると教科書に載っているようなわかりやすい河川を観察することはできません。今回は西達布川が老節布川に合流する地点付近を訪ねました。

     
    西達布川・右奥に老節布川との合流点:カーブを描いている河川


    先生は川を覗き込みながら流れの速い部分遅い部分に注目させて、深さやカーブなどの川の地形に気づかせたり、「なぜあの部分はコンクリートで護岸されているのかな」と切り口を与えて授業を進めます。土の山に水を流して地形が形成される実験などで事前に学習していた児童たちは、現場で様々な発見をして学習を深めていきました。

    今回は先生の指導方針にそって求められた要素を提供する形の学習でした。指導方針の理解や、特に「対子供たち」の面で的確な先生方の指導に学ばされることがたくさんあります。こういった形での学習も増えていくといいなと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

    教育機関による博物館のご利用についてのご案内はコチラ

    コメントする
    読みもの・コラム : コラム 博物館の昔のどうぐ『冷蔵庫』
    投稿日時: 2021-10-1 7:00:00 (56 ヒット)

    (7)冷蔵庫

    1800年代に氷を利用して冷蔵する冷蔵庫が作られたそうです。形はほぼ同じですが、上の棚に氷を入れ、全体を冷やしていました。おそらくこの冷蔵庫が普及してからは生活も大きく変わったんじゃないかと思います。今では当たり前に冷蔵庫があり、冷えておいしい物を食べたり、冷凍までできてすっかり便利になって、なくてはならない家電です。最初に発明してくれた方に感謝します。

     
    産業716「冷蔵庫」       生活2379「冷蔵庫」

    冷蔵庫はテーマ8「戦後のあゆみ」(2階)に展示されています。


    ※この記事はクマゲラ通信10月号に掲載しました。

    コメントする
    教育活動支援(学校など) : 9/16 東山保育所の鳥沼公園たんけん
    投稿日時: 2021-9-24 9:20:00 (78 ヒット)

    9月16日(水)に東山保育所の子どもたちと一緒に鳥沼公園を散策して自然学習を行いました。5月の虹いろ保育所の子供たちの活動につづき、小学校入学前の子供たちが森の中の生き物を探します。

     
    まずは「鳥沼」の源、湧き水の出る場所。年長のこどもたちは水を採取するミッションに挑戦し、上で待つちびっ子たちにヨコエビなどの水の中の生き物を見せてあげました。

     
    ツリフネソウの種にさわるとパチン!はじけます。プロペラ付きの木の実(シナノキ)をほうり投げると・・・?

     
    鳥の巣箱の様子を見たり、ゆうゆうと泳ぐニジマスを眺めたり。

     
    他にもツリバナの真っ赤な実やオオウバユリの実に触ったり、鳥沼神社の社を見たりしながら元気に沼の周りを一周、最後は広場での目隠しロープ歩きで、「鳥沼」の岸辺にたどり着きました。


    お天気・気温にも恵まれ、8人の子供たちと楽しく過ごすことができました。

    教育機関による博物館のご利用についてのご案内はコチラ

    コメントする
    展示会 : ミニ「アンモナイトの不思議」展の開催について
    投稿日時: 2021-9-23 8:00:00 (41 ヒット)

    特別展「アンモナイトの不思議」は臨時休館となったことから、予定を早めて会期を終了しました。ご来館の予定があった方にはまことに申し訳ありませんでした。
    さて、臨時休館が解除となる10月1日(金)から24日(日)まで展示物の一部を1階「森の教室」に移して、ミニ「アンモナイトの不思議」展を開催します。内容は応募いただいたイラスト、解説パネル、当館収蔵のアンモナイト標本などです。イラスト応募者の方へのプレゼントや来場者プレゼント(化石カード)も再開しますので、ぜひご来場ください。
    なお、森伸一さんのアンモナイトコレクションの展示はしていませんので、お気を付けください。



    展示準備中の森の教室

    コメントする
    事業案内 : 10月の博物館講座のお知らせ
    投稿日時: 2021-9-16 13:30:00 (107 ヒット)

    10月の講座のお知らせです。お問い合わせ・参加申し込みは富良野市博物館(生涯学習センター ☎0167-42-2407 (火)〜(土))までお電話ください。特別な記載がない限り参加料などは不要です。
    ※9月実施予定だった講座は緊急事態宣言の発令に伴い延期とし、10月に振り替えました。

    博物館講座「ふらの文化財めぐり〜戦争遺産を掘り起こす〜」
    市内に残された戦争にまつわる史跡や構造物などの遺産をバスで巡り、富良野市の歴史の一端を学びます。
    ※9月30日までの緊急事態宣言の発令に伴い、日程を変更しました。

    日時:10月2日(土) 9:00〜12:30
    講師:当館学芸員
    見学場所:富良野神社・朝日ヶ丘公園・富良野市博物館ほか
    集合:文化会館横のSL前
    定員:10名

    博物館講座「朝活!小さな秋み〜つけた」
    朝の涼しい空気を味わいながら、鳥沼公園を散策します。この時期、空飛ぶ円盤、ひっつき虫、はじける実など、いろいろな形の野草の実が見られます。植物たちの工夫された生態にも親しんでみましょう。
    ※9月30日までの緊急事態宣言の発令に伴い、日程を変更しました。

    日時:10月6日(水) 6:00〜7:30
    講師:当館学芸員
    場所:鳥沼公園
    集合:あずまや付近(ボート乗り場付近)
    定員:約20名

    富良野の自然に親しむ集い 第6回「変形菌ってなあに?」
    落ち葉や朽ち木などに生きる小さな生き物「変形菌(粘菌)」を探します。
    講師:矢島由佳さん(室蘭工業大学准教授) 
    日時:10月9日(土)9 : 00〜16 : 00
    場所:ラベンダーの森・鳥沼公園 ※ハイランド富良野駐車場集合
    定員:約15人

    博物館講座「プロジェクト『O(オオハンゴンソウ)』 花つみと草木染め」
    外来種オオハンゴンソウの花をつみ取り、開拓以前の景観を残す鳥沼公園の自然を守ります。摘み取りの後は摘み取った植物体を用いて草木染め作品を作ります。 ※小雨決行です。
    ※9月30日までの緊急事態宣言の発令に伴い、日程を変更しました。

    日時:10月16日(土) 9:00〜12:30
    草木染め指導:小林静子さん
    場所:鳥沼公園
    集合:公園駐車場
    定員:約10名
    2019年の活動の記事はコチラ

    ※お願い
    感染症対策として、講座についてはあらかじめ申し込みいただき、体調の確認、マスクの着用をした上でご参加ください。特に、室内でのイベントについては細心の注意を払いますので、ご協力をお願いいたします。


    コメントする
    教育活動支援(学校など) : 9/15より ふらの木の図鑑頒布
    投稿日時: 2021-9-15 10:00:00 (96 ヒット)

    市内小中学生対象の学習活動「森林学習プログラム」で使用している学習教材「富良野木の図鑑」を当館窓口にて有償で頒布いたします。

    なお緊急事態宣言の延長に伴い臨時休館中のため、令和3年9月30日まで博物館の見学、生涯学習センターの施設利用はできません。

    ★頒布場所 富良野市生涯学習センター窓口
    ★受付日時 火曜日〜日曜日の9時〜17時まで 
          *月曜、年末年始休館
    ★頒布部数 200部(売り切れ次第終了)
    ★頒布代金 1,500円/冊
    ★規  格 B5版、カラー印刷、88頁




    コメントする
    施設案内 : 臨時休館のお知らせ(〜9月30日)
    投稿日時: 2021-9-10 18:00:00 (81 ヒット)


    北海道内の緊急事態宣言期間が9月13日以降も継続となったことから、富良野市生涯学習センター(富良野市博物館)は9月30日(木)までの期間、感染症拡大防止のため、臨時休館いたします。博物館や公民館施設(調理実習室や研修室等)、多目的アリーナなど、館内すべての施設が対象です。利用者の皆さまには大変ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
    期間中の博物館講座も中止もしくは延期となります。詳細は以下のリンクをご覧ください。


    なお、10月1日(金)から開館の予定ですが、変更があった場合には、改めてお知らせいたします。

    コメントする
    (1) 2 3 4 ... 41 »