:: 開館日・時間


開館時間: 9時〜17時
公民館エリアは21:30まで開室
※(日)(祝)のぞく

休館日 : 毎週月曜日
年末年始(12/31〜1/5)
詳細→こちらをクリック
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
麓郷部落発展記念碑
  • 麓郷部落発展記念碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    鳥沼公園
  • 鳥沼公園
  • (1) 2 3 4 ... 39 »
    歴史と郷土芸能 : 広報ふらの7月号文化財特集
    投稿日時: 2021-7-30 17:02:04 (78 ヒット)

    広報ふらの7月号では、富良野市の文化財を特集しました。

    市内には様々な歴史的な文化財がありますが、現在、博物館では、昭和33年に建造された勇振川温水ため池の文化財登録を目指しています。

    本年5月にはJR社内誌でも紹介されましたが、今回は広報ふらので少し詳しく解説します。また札幌市立大学名誉教授・羽深久夫先生の評価コメントも紹介しています。ぜひご一読ください。

    本文はこちら↓

    コメントする
    読みもの・コラム : 「まちの貴重な文化財」広報ふらので連載開始
    投稿日時: 2021-7-30 16:44:19 (49 ヒット)

    2021広報7月号(vol.718)から、新連載「まちの貴重な文化財」が始まりました。
    毎月、富良野市内の自然・歴史・文化にまつわる遺産を取り上げて紹介していきます。

    連載第1回目は富良野市街地の「勝山商店と新相生商店街アーケード」。文化財の紹介だけでなく、関わる人々の思いも広報ふらのでお伝えします。

    記事はこちら↓

    コメントする
    読みもの・コラム : 富良野岳登山道「七ツ滝」の命 7月28日(シリーズ 今日は何の日)
    投稿日時: 2021-7-28 0:00:00 (111 ヒット)

    今日は何の日
    7月28日
    富良野岳登山道「七ツ滝」の命名

     今でこそワタスゲやモウセンゴケが生育する高層湿原や、林間、沢沿いそれぞれのコースで山歩きが楽しめ、富良野岳へも続く登山道が人気の原始ヶ原散策路ですが、それまでほとんど人が入ることのなかったこの登山道を開くために探検した人々がいました。それが富良野保勝会(いまの観光協会のようなもの?)が計画した探検踏査会のメンバー、当時の日甜富良野所長の澤井梅次郎と理髪店店主の鈴木廣ら19人です。
     

     彼らは昭和8年7月28日の昼から布部川沿いに登り始め、出合った滝に「不動の滝」「錦糸の滝」などと名付けつつ進み、標高950mの地点で野営しました。この夜大雨に悩まされ、芦別岳の遭難事件などが頭をよぎり不安を感じつつも、快晴となった翌日、歩き始めて40分ほどで高山植物の彩る平坦地(後の原始ヶ原)にたどり着きます。繁茂する湿原植生を目の当たりにした一同は「一幅の南画を見る趣き…」とため息をついて見とれました。そしてこの日の昼には富良野岳頂上に達し、東には十勝平野をこえて阿寒岳を、西南は富良野盆地を見下ろし、芦別岳、夕張岳を一望に、さらには羊蹄山や駒ヶ岳までも(!)遥かに望むことができたといいます。
     

     その後、十勝岳を経て翌朝吹上温泉に到着しました。吹上温泉で出会った北海道庁長官佐上信一に「富良野町より布部川渓流沿いの富良野岳登山は絶景に恵まれ変化の多き渓流と幾多の飛瀑探勝は国立公園に指定されれば公園の真価は大いに発揮され登山の効果大なるものがあります」と説明する一幕もあったそうです。このことがその後の国立公園の指定に一役かったかも…というのは想像の世界です。

     

     この登山道は現在も富良野山岳会ほかの方々が毎年整備してくれており、特に毎年のように春先の雪解け水で橋が流されてしまう滝コースの橋は大変な労苦をはらって修復しています。また、湿原を抜ける道では登山者の歩いた道跡が削れて高層湿原が荒廃する問題も起きており、登山道の整備と湿原の保全や再生にかかる作業や費用を今後どのように担っていくかを考える岐路に立っています。

    ※この記事は『続・ふらのこぼれ話』(1984年 富良野市郷土研究会)P104 第15話「富良野岳探検踏査記」を元に記述しました。より詳しい話を知りたい方はこちらをお読みください(市立図書館などで借用できます)。

    続き... | 残り3198バイト | コメントする
    教育活動支援(学校など) : 7/14 山部小・遊々の森(山部)野外学習
    投稿日時: 2021-7-14 17:00:00 (21 ヒット)

    いつも果樹園活動をしている山部小学校1・2年生のメンバー12人で、山部自然公園「太陽の里」・遊々の森で自然散策をしました。
     
    ★遊々の森 沢コース イラストマップ★


    細い散策路、スタッフが5人と余裕があること、児童が低学年であることなどから、今回は近くを歩いているスタッフと児童が見つけた生き物などを見るスタイルをとりました。自由度が高くスタッフの腕の見せ所といったところですが、そこは自然を楽しむベテランのスタッフたち。のんびりしながらも色々な発見をして楽しめたようです。


    沢コースをでる頃には12時を過ぎてお腹はぺこぺこになっており、木陰でお昼ご飯を食べました。そして午後は自由に虫とり。
    近くでは西中学校の生徒がオリエンテーリングをしていました。山部小学校の卒業生もまざっているようです。また、2年前北海道教育大学旭川校の学生として森林学習プログラムに関わったY先生の姿もありました。
    森の外はカンカン照りの暑い暑い一日でした。


    学校などの学習指導のサポートは随時受け付けていますので、ご相談ください。
    ※教育機関による博物館のご利用についてのご案内はコチラ

    コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 7/3 プロジェクト「O」(外来種防除事業)第1回抜き取り
    投稿日時: 2021-7-3 23:40:00 (60 ヒット)

    プロジェクト「O」は外来植物オオハンゴンソウ(O)の拡大をおさえる取り組みです。毎年開拓以前の湿地林の自然環境が残る鳥沼公園で「抜き取り」作業をサンエー会青年部共催で実施しています。今年は当初の予定日(6/12)が緊急事態宣言のただ中だったため、日程を遅らせ、マスクなどの感染症対策を行いながら実施しました。

    作業指導は北海道教育大学旭川校の斎藤和範さんです。
     

    今回はやや丈の高い個体が残る公園のトイレ付近、そして丈は低く密度もかなりまばらになったものの、広域に分布している道道(通称「9線道路」)沿いで抜き取りを行いました。
     

    15名のサンエー会の方と5名の一般参加者にご参加いただき1時間半ほど活動をした今年も防除作業をを行うことができました。丈が低くなったのはここ数年感じていましたが、今年は根茎もずいぶん小さくなったのを感じ、改めてこれまでの活動の成果を実感しました。とはいえ、今年コロナ禍でできない可能性が生じたときはヒヤリとしました。1年休むことで”元の木阿弥”となることが目に見えていたためです。今後もこの取り組みを続け、鳥沼公園の植生を保全していきたいと思います。

    第2回の活動(博物館単独事業)は花の摘み取りとオオハンゴンソウ(ほか)を用いた草木染めで、8月28日(土)に実施予定です。昨年はコロナ禍を考慮して、草木染めを除いた形で行いましたが、今年は元の形に戻す方針で準備を進めています。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

    ※一昨年のプロジェクト「O」花摘み&草木染め のようす

    コメントする
    展示会 : 7/10-9/5 第41回特別展「アンモナイトの不思議」開催
    投稿日時: 2021-7-2 10:30:00 (400 ヒット)

    古生物·アンモナイトの生態をテーマとした特別展。元緑峰高校理科教諭の森伸一さんにご協力いただき、北海道各地で採集された約230点のアンモナイトを展示しました。標本を通じて身体の特徴や分類、色の不思議などアンモナイトの様々な魅力を紹介します。昨冬、近隣の方々に描いていただいた色とりどりのアンモナイトのイラストも会場を大いに彩っています。ぜひご来場ください。

    ★会  期  7月10日(土)〜9月5日(日) *月曜休館
    ★会  場  当館2階 展示ホール
    ★展示標本  アンモナイト化石 約230点
    ★開館時間  午前9時〜午後5時
    ★観 覧 料   無料

    展示案内チラシ(ポスター)


    ★PDF版(圧縮バージョン)はコチラ

    ※ポスターの掲示にご協力いただける近隣の施設·店舗などの方がおられましたら、ご連絡いただければ幸いです。
    電話番号:42-2407(担当:泉)

    コメントする
    事業案内 : 富良野市博物館 開催予定講座のお知らせ(7〜8月)
    投稿日時: 2021-7-1 22:10:00 (26 ヒット)

    7月下旬〜8月の講座のお知らせです。お問い合わせ・参加申し込みは富良野市博物館(生涯学習センター ☎0167-42-2407 (火)〜(土))までお電話ください。

    富良野の自然に親しむ集い 第3回「ヘイケボタル観察会」
    放流に寄らずヘイケボタルを増やす活動をしている芦別岳ふもとの森で、優しい光を追い求めながら、ホタルが暮らせる自然環境の大切さを学びます。
    講師:井口和信さん(東大演習林・技術職員)
    日時:7月24日(土)19:30〜21:00
    場所:太陽の里ふれあいの森 ※「ふれあいの家」駐車場集合
    定員:20人

    富良野の自然に親しむ集い 第4回「アンモナイトをさがせ!化石観察会」
    特別展「アンモナイトの不思議」関連講座として、化石を探して観察する催しです。なお、雨天中止の場合は特別展のミュージアムトークとなります。
    講師:森伸一さん(元·緑峰高校理科教諭) 
    日時:8月7日(土)8 : 00〜14 : 00
    場所:幾春別川支流 ※文化会館前集合
    定員:約15人(バス座席配置を考慮し決定します。)
    *バス移動 市民優先
    →定員に達したため、申し込みの受付を終了しました。

    富良野の自然に親しむ集い 第5回「ペルセウス座流星群観望」
    ペルセウス座流星群を見る恒例の天体観望会です。
    日時:8月13日(金) 20:00〜21:00
    場所:富良野市博物館(生涯学習センター)
    講師:井口和信さん(東大演習林・技術職員)
    定員:約20名

    博物館講座「イカの解剖体験〜古生物の体の仕組みにせまる〜」
    特別展「アンモナイトの不思議」関連講座。アンモナイトの親戚「イカ」の解剖を通じて古生物の生態を調べます。
    日時:8月14日(土) 9:00〜11:00
    場所:富良野市博物館
    定員:約20名

    博物館講座「プロジェクト『O』第2回 花つみと草木染め」
    外来種オオハンゴンソウの花をつみ取り、原生の自然を残す鳥沼公園の自然を守ります。摘み取りの後は摘み取った植物体を用いて草木染め作品を作ります。 ※小雨決行です。
    日時:8月28日(土) 9:00〜12:30
    草木染め指導:小林静子さん
    場所:鳥沼公園
    集合:公園駐車場
    定員:約20名
    昨年の活動の記事はコチラ

    ※お願い
    感染症対策として、講座についてはあらかじめ申し込みいただき、体調の確認、マスクの着用をした上でご参加ください。特に、室内でのイベントについては細心の注意を払いますので、ご協力をお願いいたします。

    コメントする
    博物館活動(その他) : 故・小野州一さんの絵「虹」が富良野のアトリエに還ってきました。
    投稿日時: 2021-7-1 16:00:00 (91 ヒット)

    富良野ゆかりの画家の代表格である故・小野州一さん。
    小樽の美術館で展示されていた絵画「虹」が美術館の閉館に伴い、アトリエを管理されている妻・恵津子さんの元に帰ってきました。これは、凸版印刷株式会社様の仲介により所有者のホクレン農業協同組合連合会様のご厚意で実現したものです。先日当館に配送され、6月24日にアトリエにお届けしました。


    「虹」は2000年のホクレンカレンダーに掲載する目的で製作依頼された作品の一つで、摩周湖畔で描かれました。最晩年の体調を崩されていた中で制作したとのことで、恵津子さんも作品をじっと見つめ、とても思い入れを感じているようでした。アトリエにはこのカレンダーの原画としてはもう一点、「バラ色の空」が収蔵されています。
     

    今後、当館で展示させていただく機会がありましたら、ぜひご観覧ください。

    コメントする
    読みもの・コラム : コラム:博物館の昔の道具『徳利・酢瓶』
    投稿日時: 2021-7-1 15:00:00 (48 ヒット)

    博物館の昔のどうぐ(4)
    徳利・酢瓶

    一升徳利・二升徳利・酢瓶など、数多く寄贈されています。昔は量り売りだったので、瓶をもって買いに行くものでした。徳利と言えば、ネクタイをまいた酔っぱらいのおじさんが、千鳥足になって歩いている漫画を一番に思い出してしまいます。(後に考えると、記憶違いでしたが・・・)そんな事を思いながら、登録作業を進めました。味のある徳利ばかりで、現代でも使えるような品物です。


    左から 収蔵資料番号「生活117」「生活118」「生活120」「生活121」「生活138」

     徳利・酢瓶は「収蔵展示コーナー」(2階)などに展示されています。

    寄贈された品物のあまりの多さに、博物館のおばちゃんがてんてこまいになりながらも資料を整理し、気になるものを紹介するコラムです。

    コメントする
    教育活動支援(学校など) : 市教研・理科班の研修会「手羽先骨格標本づくり」
    投稿日時: 2021-6-21 11:00:00 (67 ヒット)

    富良野市教育研究会では教科ごとの班にわかれて、定期的に研修会を行っています。今回、理科班の研修会のご依頼で手羽先骨格標本づくりの指導をする予定でしたが、緊急事態宣言の発令と時期が重なったため、動画配信の形での実施となりました。
     

    6月19日に研修会担当の東中学校の高橋先生が来館し、研修資料の撮影を行いました。今回は手羽先骨格標本の作成がテーマでしたので、高橋先生に市販のニワトリ(手羽先肉)を用いた骨格標本づくりを体験していただき、撮影しました。


    手羽先骨格標本づくりについては、2020年夏の博物館講座の記事もコチラご覧ください。

    教育機関による博物館のご利用についてのご案内はコチラ

    コメントする
    (1) 2 3 4 ... 39 »