富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
自然観察ガイド : 樹木しらべ完了の報告と、みつけた自然
投稿日時: 2014-3-25 21:07:51 (371 ヒット)

2月15日の「鳥沼・生き物調査隊」ではじめた樹木しらべ。
雪のあるうちにと残りの木を調べていましたが、ついにこのエリア約400本の調査を完了しました!
イベントの参加者のみなさん、ありがとうございました☆
本日お手伝いいただいたお二人に感謝の言葉もありません。

本日見つけたものをショートストーリーにして紹介します(「泉さん」というのは私のことです)。























































































話の出来はいまいちですが(実話です)、うんちの迫力に免じて許してください。このうんち、どんな動物のものだかわかりますか?
答えを下の方に書いておきますね。

































答えは・・・・・
モモンガ!でした。

コメントする
自然観察ガイド : ヒメギフチョウ保護の看板を設置しました
投稿日時: 2011-5-10 19:20:00 (1000 ヒット)

市内の布礼別小中学校PTAと児童会の皆さんによるヒメギフチョウ保護と普及啓発活動のための看板を布礼別神社氏子会のご協力とご理解を得て、布礼別神社境内に設置しました。

布礼別小中学校では、今年度からヒメギフチョウの生態とその生息環境に関する観察活動を通じて、生き物の成長の仕方や季節の移り変わり、生き物の命、生き物同士のつながりなどについて学んでいくこととなりました。ふるさとの身近な自然を学び、子どもたちの郷土愛を育むための活動でもあります。

布礼別神社境内のヒメギフチョウが布礼別地域の方々、布礼別小中学校児童の皆さんに愛され、永きにわたって守られるよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

布礼別小中学校が設置した普及啓発看板です↓




























コメントする
自然観察ガイド : ただいま、富良野の秋は紅葉のピーク
投稿日時: 2006-10-19 20:50:00 (2007 ヒット)

10月18日、樹海西小学校の3・4年生と自然散策をしてきました。歩くと汗がにじむくらいの陽気で、しかも快晴!紅葉まっさかり森の中を木漏れ日を全身に浴びながら、みんなと木の学習をしたわけです。
ボランティアの宮田と倉橋さんから、カツラの葉が甘い香りを発していることや種(たね)の散布方法についてなどなど、いろいろなことを実際に見て感じて学びました。散策路の坂道もなんのその。とっても元気なこどもたちでした。






不思議とみんな落枝の杖をもつ。ちっちゃいじいちゃん、ばあちゃんだわ。


でも、ある小学3年生男児いわく。
「楽しかったなぁ。でも帰ったら、まーたお礼状書かなきゃいけないんだぁ…。いやだなぁ。」
学校に戻ってから、我々への礼状を先生に書かされるんだそうな。なんとも言えず絶句…。がんばれ、日本男児!







大きなミズナラ!どのくらいの太さか…

コメントする
自然観察ガイド : 山一小の総合学習で勇振川を学びました
投稿日時: 2006-9-22 17:50:00 (2260 ヒット)

毎年、年3回シリーズで山部第一小学校の「総合的な学習の時間」のお手伝いをしています。
今回は、芦別岳に源を発する勇振川で「川のはたらきを学ぶ」が子どもたち(高学年)の課題。単に教科書通りに川のはたらきを学ぶだけでは、学習効果が小さいと思い、こちらは子どもたちの暮らす山部扇状地の形成に帰結させることと川の中でみられる岩石について学ぶことを目標に取り組みました。勇振川のやや上流部の観察からはじまり、コンクリート護岸された中流部、さらに空知川との合流部まで足を延ばして、合計3箇所で川の流れ、水温、川幅、岩石の種類・大きさ・形状、堆積状況などの特徴を観察し、それぞれの違いを学ぶことができたのではないでしょうか。
低学年は時期はずれですが、水の中の生き物を調べました(二度、雨天のため順延になってしまったので…)。学習はもちろんですが、子どもたちは川の中に入ったことが楽しかったようです。
これから、観察した事項をまとめるようなので、どんな作品に仕上がるか、楽しみにしています。

コメントする
自然観察ガイド : 富良野の森を知ろう
投稿日時: 2004-1-15 22:50:00 (1566 ヒット)

(対象) 小3〜一般
(定員) 5〜10名
(会場) [室内] 各学校・生涯学習センター 
     [野外] 山部自然公園太陽の里、東大樹木園
(時間) [室内] 1〜2時間  [野外] 2〜3時間
(時期) [室内] 通年 [野外] 6〜10月
(講師) センタースタッフ
(料金) [市内] 個人1,000円/人 団体500円/人
     [市外] 個人1,500円/人 団体1,000円/人

森に関する幅広い内容をテーマとした講話と自然観察を行ないます。森の全体像を知るプログラムのほか、絞り込んだテーマ設定での学習もできます。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
自然観察ガイド : 富良野の自然を博物館で調べよう
投稿日時: 2004-1-10 22:50:00 (1670 ヒット)

(対象) 小1〜一般
(定員) 5〜30名
(会場) 博物館常設展示室、ふらの森の教室
(時間) 1〜3時間
(時期) 通年
(講師) センタースタッフ
(料金) 無料

富良野市博物館・ふらの森の教室では、自然や森に関する資料として主に次の展示が見学できます。必要に応じて学芸員が解説・調査の補助をしています。

コメントする
自然観察ガイド : 春の草花を観察しよう
投稿日時: 2004-1-4 22:30:00 (1589 ヒット)

(対象) 市内の学校に限定
(定員) なし
(会場) 鳥沼公園・朝日ヶ丘公園
(時間) 2〜3時間
(時期) 4〜6月
(講師) センタースタッフ
(料金) 無料

落葉広葉樹の林は東北から北海道にかけて分布する。木々の葉が茂るまでの短い間、林床の植物たちは明るい林の中で花を咲かせる。花々や、北国に特有の森の景色を楽しむ。

(鳥沼公園)
沼と湿地が特徴。ミズバショウやザゼンソウなどの湿地性の植物をはじめとして、多数の花々が見られる。

(朝日ヶ丘公園)
丘陵の森。西斜面ではエゾエンゴサクやフクジュソウの群落が見られる。その他にも多数の花々が生育する。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
自然観察ガイド : 樹木を調べよう 〜夏編〜
投稿日時: 2004-1-3 22:40:00 (1935 ヒット)

(対象) 市内の学校に限定
(定員) なし
(会場) 遊々の森「太陽の里・ふれあいの森」、東大樹木園、学校の校庭
(時間) 2〜3時間
(時期) 6〜9月
(講師) センタースタッフ
(料金) 無料

葉の形・樹形・木肌によって、樹木の種類や特徴を観察します。

(太陽の里・ふれあいの森)
散策コース周辺に分布する樹木について学習します。自然の森の中で樹木がどのように生育しているか観察します。

(東大演習林樹木園)
樹木園内に植栽された北方系(北海道・北米・北欧など)の数多くの樹種について学習します。樹木にはそれぞれ樹種名の看板がついています。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
自然観察ガイド :  樹木を調べよう 〜冬編〜
投稿日時: 2004-1-2 22:40:00 (1653 ヒット)

(対象) 小3〜高校 *市内の学校に限定
(定員) 5〜30名
(会場) 遊々の森「太陽の里・ふれあいの森」、東大樹木園、学校の校庭
(時間) 2〜3時間
(時期) 3月
(講師) センタースタッフ
(料金) 無料

冬芽・樹形・木肌によって、樹木の種類や特徴を観察します。冬期は葉が無いため、樹種の判別が夏よりも難しくなります。

(太陽の里・ふれあいの森)
散策コース周辺に分布する樹木について学習します。自然の森の中で樹木がどのように生育しているか観察できるます。

(東大樹木園)
樹木園内に植栽された北方系(北海道・北米・北欧など)の数多くの樹種について学習します。樹木にはそれぞれ樹種名の看板がついています。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
自然観察ガイド : 水辺の樹木を観察しよう
投稿日時: 2004-1-1 22:30:00 (2721 ヒット)

(対象) 市内の学校に限定
(定員) なし
(会場) [室内]各学校・生涯学習センター [野外]各学校の校庭・空知川河畔
(時間) [室内]1時間 [野外]2時間
(時期) [室内]通年  [野外]5〜6月
(講師) 森林研究者 倉橋昭夫
(料金) 無料

主にヤナギの仲間を観察しながら、水辺に生える樹木の生活を知る。石ころだらけで、時には水浸しになる特殊な環境でも育つヤナギの木を観察します。ヤナギは川の周辺や空き地などによく見られ、荒れた土地の緑化や河畔林の復元に利用されています。

(室内)
・「ヤナギとはどんな樹木か?」をスライド・資料を使用して解説する。
・ヤナギの鋤キ葉標本を観察する。

(野外)
・学校の校庭の周りでヤナギを探してみる。
・新空知橋右岸のミニ見本林(ヤナギの生育試験地)を観察する。
・自然状態の河畔林を観察する。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする