富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
(1) 2 3 4 ... 11 »
講座案内 : 【お知らせ】8/26 出ベソ花をつみ取ろう!(オオハンゴンソウ防除事業)
投稿日時: 2017-8-20 3:40:00 (125 ヒット)

地域の自然のためにできること 〜外来種問題に向き合おう〜

第2回 出ベソ花をつみ取ろう!

せんていバサミを手に、花をプチプチつみ取っていく活動です。どなたでも簡単に作業できますので、秋の草花など公園の季節の変化を楽しみながらご参加ください。

■日時 8月26日(土) 9:00〜11:00 集合:鳥沼公園駐車場
■持ち物等 よごれてもいい服装 長靴
■参加料 無料
■申込み 生涯学習センター(0167−42−2407)まで電話でお申し込みください。

続き... | 残り1487バイト | コメントする
講座案内 : 9/30 魅力再発見!レトロ建築めぐり〜山部編
投稿日時: 2017-8-11 19:10:57 (71 ヒット)

今年で3回目となる富良野市内の歴史的建造物を巡るバスツアーです。今回は山部の市街地や農村部にある明治末期から昭和30年代の建物を見学します。建物の文化的価値や山部地域の歴史について学んでみませんか?

*JR山部駅の危険品庫(明治44年)や同旅客詰所(明治33年)、でんぷん工場を経営した古民家などを見学予定です。

★日 時 平成29年9月30日(土)9:00から12:00
★集 合 富良野文化会館
★見学地 山部地区の歴史的建造物(外観の見学です)
★参加料 無料
★募 集 9月1日から電話で受け付けします。先着20名です。富良野市博物館☎42−2407

チラシはこちら↓

コメントする
講座案内 : 9/16 8mmフィルム動画上映会「昭和の記憶〜昔なつかしい山部の風景」
投稿日時: 2017-8-11 19:02:53 (184 ヒット)

昭和30〜40年代に山部地域を中心に撮影された8mmフィルムをデジタル動画に編集しました。地域や学校行事、芦別岳の登山、東京大学北海道演習林の造材と山部駅土場の風景、金山ダムの建設など、今から50数年前の山部や富良野地域の様子が克明に記録されています。当時のなつかしい「風景」を振り返ります。

*本事業は富良野市郷土研究会50周年記念事業として開催いたします。

★日 時 平成29年9月16日(土)13:30〜15:00
★会 場 山部福祉センター
★参 加 無料
★申込み 富良野市博物館へ電話でお申し込みください。☎42−2407

チラシはこちら↓

コメントする
講座案内 : 【講座報告】7/2 富良野の自然に親しむ集い第2回「十勝岳の火山活動と小松原原生林」
投稿日時: 2017-7-8 19:40:00 (80 ヒット)

今回は、富良野盆地の地質に大きな影響を与えている十勝岳の火山活動をテーマにとし、「小松原原生林」の遊歩道を散策しました。講師は北海道教育大旭川校教授で地学が専門の和田恵治さんです。

序盤では、約3000年前に流れた「グラウンド火口溶岩」の堆積を右手に見ながら、そんな地質上に生える木々の解説を聞いて歩きました。ここに多く生育しているのはエゾマツですが、病気に弱い本種がどのように繁栄しているのかを学びました。
 

グラウンド火口溶岩上に立つと、まるで人工のロックガーデンのような景色が広がります。
 

こういった場所に特有のイソツツジの花を見たり、手に取って岩石を観察したりしました。
 

約20〜数万年前の美瑛岳溶岩上は時間がたち、植生が発達していますが、地面を掘れば大岩が当たるとのこと。ここでは珍しいヒカリゴケやイチヨウランも見ることができました。
 

ここまでアップダウンの多い道のりで、参加者の皆さんも疲れ気味でしたが、「硫黄沢」を石づたいに渡った後は、コースも平坦になってきます。この先は、平ヶ丈溶岩という約30〜20万年前の溶岩上の地質になり、アカエゾマツの細く密集した林になってきます。
 

この辺りから、雨が強くなり観察もそこそこに帰途を急ぎましたが、葉緑素を持たない腐生植物ギンリョウソウが見られました。


この後、大雪青少年自然の家にお邪魔し、昼食をとりました。時間がおしたため、この後の見学コース(火山砂防情報センター見学など)は取りやめました。代わりに、たまたま施設に置かれていた大正泥流(十勝岳噴火により、大規模な被害をもたらした)の流路の模型を見ることができました。
 

地質は、動植物に比べると親しみにくいものの、それらの土台となる重要な自然要素です。普段の観察会では、講師のお話では説明があっても、実感がわかず理解が深まりにくい題材でしたが、今回は地質に関して深く学習できる観察会になりました。

コメントする
講座案内 : 【講座報告】6/17 オオハンゴンソウ抜き取り作戦
投稿日時: 2017-7-8 8:10:00 (54 ヒット)

地域の自然のためにできること 〜外来種問題に向き合おう〜
 第1回 オオハンゴンソウ抜き取り作戦


オオハンゴンソウは北アメリカ原産のキク科の植物ですが、繁殖力が強くもともとの自然を大きく変えてしまうことから、特定外来生物に指定され、栽培・譲渡・移動などが法律で禁止されています。富良野盆地の開拓以前の姿を残した数少ない自然である、鳥沼公園でも以前から見られるようになっており、その影響が心配されています。
 
   ↑オオハンゴンソウ(花)    ↑抜き取り後、復活しそうな様子

そこで、富良野市博物館では環境省に申請し、毎年6月に市内の建設関係の企業の親睦会であるサンエー会の皆さんと共に抜き取り作業をしています。
今年は、鳥沼小学校の子供たちと先生方、それに一般参加の方も加わってくれました。


子供たちには「きれいな花を咲かせる植物だけど、鳥沼公園ではなぜ抜くの?」という話を鳥沼の自然の豊かさの話(もちろん鳥沼っ子はちゃんと知っていました)と合わせてした後、一緒に引き抜く作業をしました。再生しないように根っこから引き抜くのは難しいけれど、注意して上手に抜いてくれました。


大人の方たちも、講師の斎藤和範さんと一緒に園内をめぐり、公園の自然の魅力を改めて確認した後、抜き取り作業をしました。


今年で9年目(サンエー会さんの協力は8年目)となるこの取り組みですが、以前から参加している方は「今年はだいぶ少なく、小さくなって、抜きづらいくらいだね」との感想でした。本当にそう思います。そしてそれは継続して参加して下さっている皆さんのおかげです。
とはいえ、抜くのをやめればあっという間に回復し、ほかの動植物の脅威となってしまうので、これからも皆さんの協力のもと、抜き取りを続けていきたいと思います。

参加されたサンエー会、鳥沼小、一般参加の皆さん、本当にお疲れさまでした!

8月26日(土)には「第2回 出べそ花を摘み取ろう!」と題して、実をつける前の花を摘み取る取り組みをします。ご興味のある方は富良野市博物館(0167-42-24007)までお問い合わせください。

コメントする
講座案内 : 【講座報告】6/17・18 草花観察会〜北海道フラワーソンに参加しよう〜
投稿日時: 2017-7-8 7:20:00 (53 ヒット)

今回で5回目を迎えた全道で植物相や開花時期を調べる取り組み「北海道フラワーソン」に合わせて、草花観察会を開催しました。

◆初日「ご近所の草花かんさつ」◆
まち中を歩いた後、朝日が丘公園まで足を延ばし、54種類を記録しました。
最初に、文化会館の周りや空き地の草花調べ。


次に、空知川の河川敷。


最後に朝日が丘公園沿いも散策。
こちらは在来の山野草がたくさん。エゾイラクサに刺されないよう注意しながら観察しました。


◆二日目「森の草花かんさつ」◆
太陽の里・沢コース(芦別岳ふもとの散策路)をめぐりました。
トドマツと広葉樹が混生した明るい林の下には、ミヤマエンレイソウなどが生えていおり、28種類を記録しました。
サイハイランの群落は見事でした。


初日は(朝日が丘公園以外では)外来種の比率が8割ほどだったのに対し、二日目は外来種はゼロ。私たちが生活空間として利用しているまち中や河川敷は、もともとその地になかった種が入り込みやすいことがわかります。身近な雑草でも、ハコベは在来種ですが、オオイヌノフグリが外来種であるといったことはちょっと意外かもしれませんが、生活にとけこんでいる草花の中に外来種がかなり多いのは事実です。
 

私たちが見ている、道ばたに雑草の生えるまちの景色は、100年ほどさかのぼればだいぶ違ったものだったでしょう。そして外来種ははまればあっという間に増えるので、10年後のまち中の様子はずいぶん違っているかもしれません。一方、現在は自然度高く残っている森も、今後の土地利用の仕方によっては、変化していく可能性もあります。
今回「まち中」「森林」それぞれに現状の植物相を調べましたが、そういう変化を追うという意味で、この調査結果が後世になってとても意味をもってくるものと思われます。
両日とも参加してくれた方もおられました。ありがとうございました。


また、この2日間はことぶき大学(市の高齢者大学)・自然愛好会の方が鳥沼公園を調べたり、東大演習林の面々が芦別岳方面に行ってフラワーソンの調査をしています。
この二日で富良野市内でもずいぶん植物が調べられたようです。北海道フラワーソンの結果が発表されるのが楽しみですね。

コメントする
講座案内 : 【お知らせ】6/17 オオハンゴンソウ抜き取り作戦
投稿日時: 2017-6-14 13:40:00 (125 ヒット)

地域の自然のためにできること 〜外来種問題に向き合おう〜
第1回 オオハンゴンソウ抜き取り作戦

「富良野盆地の原風景」鳥沼公園の景観を変えつつある外来植物オオハンゴンソウの分布拡大を食い止める活動です。「外来種問題ってよくわからない」「抜き取るのは人間の都合じゃないの?」といった疑問をお持ちの方も、この機会に一緒に考えてみませんか?
 ※サンエー会・サンエー会青年部と共催での開催となります。

■日時 6月17日(土) 14:00〜16:00 集合:鳥沼公園駐車場
■講師 斎藤和範さん(北海道教育大学旭川校 博物館学担当講師)
■持ち物等 よごれてもいい服装 長靴
■参加料 無料

■定員 30名
■申込み 生涯学習センター(0167−42−2407)まで電話でお申し込みください。 

続き... | 残り1368バイト | コメントする
講座案内 : 【お知らせ】6/17&6/18 草花観察会 〜北海道フラワーソンに参加しよう〜
投稿日時: 2017-6-13 14:40:00 (180 ヒット)

北海道全体で植物を調べるイベント「北海道フラワーソン」(主催:北海道新聞社)に加わり、地域の自然を調べます。自然に親しみたい人、植物をもっと知りたい人、ぜひご参加ください。
※二日開催ですが、どちらか一方のみの参加も歓迎です。

第1回 「市街地となまこ山」編 〜ご近所の草花かんさつ〜
とき 6月17日(土)9:00〜12:00
    集合 図書館駐車場
  
 左=カキドオシ(在来種) 右=ヒメフウロ(外来種)
★ふだん見慣れている市街地の雑草をじっくりと観察。そのうちどれくらいを外来種が占めているかも見どころです。
※なまこ山(朝日が丘公園)は外縁のみ散策します。

第2回 「太陽の里」編 〜森の草花かんさつ〜
    とき 6月18日(日)9:00〜12:00
    集合 太陽の里・キャンプ場駐車場(音楽堂裏)

続き... | 残り1806バイト | コメントする
講座案内 : 展示の一部改装と自然観察会のご案内
投稿日時: 2017-5-10 19:40:00 (204 ヒット)

【「鳥沼公園の自然」コーナーを設置】
生涯学習センターに入ってすぐ右手は「森の教室」があり、富良野の自然を学び親しむ部屋となっています。
今回、この部屋の展示を一部改装し、市内の自然豊かな低地林「鳥沼公園」の自然を紹介するコーナーとしました。講座参加者の方々と作ったミズバショウなどの大型植物模型に囲まれながら、林内に生える木々や林床に咲き乱れる春植物などを学べる展示となっています。
実際の鳥沼公園と合わせて是非一度ご観覧ください。

※今回の展示は、昨年開催した特別展「富良野盆地の原風景 鳥沼公園」の展示物の一部を移設したものです。

【富良野の自然に親しむ集い「花とバードウォッチング」の開催】
草花や野鳥のみならず、様々な生き物を見て自然を満喫できる観察会です。秋に飛ぶ雪虫が今の時期どうしているかを調べたり、越冬を終えたチョウたちの生態に迫ります。

 場 所:鳥沼公園(あずまや集合)
 日 時:5月14日(日)9:00〜12:00
 申 込:富良野市生涯学習センター TEL:0167-42-2407
 参加料:無料

続き... | 残り1441バイト | コメントする
講座案内 : 富良野の自然に親しむ集い 2017年度年間計画表
投稿日時: 2017-4-11 15:00:00 (260 ヒット)

*富良野の自然に親しむ集いは、富良野の自然に親しむ会と当博物館が共催で行っている自然観察会です。
今年度の年間計画をお知らせいたします。

今年度は小松原原生林で火山活動跡地を見学するなど6回の活動を予定しています。ぜひご参加ください。

↓下記のリンクより見られます。

コメントする
(1) 2 3 4 ... 11 »