:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
魚霊碑
  • 魚霊碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    朝日ヶ丘公園
  • 朝日ヶ丘公園
  • :: トップページへのリンク
    RSS送信
    (1) 2 3 4 ... 10 »
    博物館講座 : 3/4 富良野の自然に親しむ集い「アニマルトラッキング」
    投稿日時: 2023-3-11 0:00:00 (168 ヒット)

     今回の「富良野の自然に親しむ集い」は堅雪の上を歩く自然観察会。東大樹木園で動物の足跡などの痕跡や、木々の冬芽、クマゲラやその採餌木などを観察しました。

    末尾に3月18日開催の「富良野の自然に親しむ会」の会員の力を結集したイベントのお知らせがありますので、ぜひご覧下さい。

    【動物の足跡や寝ころんだ跡】

    イタチ類の足跡


    映像「動物の足跡」
    永盛会長は跳ねる様子を実演。こんな感じで高校の生徒たちも指導していたんですね。


    ネズミの足跡


    キツネの足跡


    ぬた場(寝ころんだ跡)

     この近くでは手負いのシカが歩き回った痕跡も見られました。近年鉛に代わって銅製の弾が用いられるようになっていますが、銅の弾は貫通性が高く即死しにくい特徴があります。狩猟は痛ましい側面もありますが、天敵不在のため過剰に増加しているエゾシカの個体数を減らすことは、生態系のバランスを保つためにさけることができない、という解説もありました。

    【クマゲラ】
    ]
    採餌木


    内部が腐って虫に食べられている木がわかるクマゲラには林業の専門家も脱帽です。


    映像「樹木・野鳥」


    クマゲラの2通りの鳴き声を聞くことができました(多くの方は姿も観察できました)。

    【冬越しする植物とそれを食べる動物】

    ササの食痕を見て、夏場もこれだけ食べてくれたら仕事が楽なのに…と演習林職員


    ニガキ(樹木)は苦い!この木は中径木のニガキにしてはかなり大きく育っています。


    映像「冬芽(ホオノキ)」


    トドマツの樹皮にはやに壺があり、香りの良い松ヤニが出てきます。


    ストローブマツの実


    外側をきれいに食べられてまるで海老フライのよう。


    映像「食痕」

     寒気の緩み始めた季節でも、程よく寒さで雪が引き締まった日で、スノーシューで堅雪の上を自在に動きながら自然観察を楽しむことができました。


     3/18(土)には富良野市役所1階で「ふらのの自然を見つめて〜富良野の自然に親しむ集い30年の歩み〜」を開催します。大人の方も子どもたちにも届けたいイベントです。ぜひご来場下さい。

    コメントする
    博物館講座 : 12/17 森の木の実でクリスマスリースを作ろう
    投稿日時: 2022-12-21 0:00:00 (118 ヒット)

    小林静子さんを講師に、博物館講座「森の木の実でクリスマスリースを作ろう」を開催しました。参加される方はご家族連れが多め。


    今回使う材料はブドウやヤマグワの枝で作ったリース、木の実や葉、花などの材料、そしてススキ。どれもこの富良野の地でとれた自然の恵みです。


    ススキを丸めて目と鼻を付けるとかわいい生き物ができます。フクロウにしたりてるてる坊主にしたりと人それぞれ。
    レコードのクリスマスソングが流れる中、木の実を選んだり、羊毛を丸めて玉を作ります。 ♪ ♬ ♪ ♬ ♪


    種子の風散布を実験する装置「垂直風洞」。母樹からできるだけ遠くへ飛ぶための種の形の工夫に感心。


    思い思いの材料とテーマで制作活動。親も子も真剣です。




    作品と一緒に記念写真。ススキとホオノキの葉を組み合わせて生き物を作った少年がいますね♡(中央)


    冬至が近づいて日が短くなり、野外活動がちょっとおっくうなこの季節。クリスマスリースづくりを通じて、郷土の自然を感じる目論見の講座でしたが、参加者の皆さんいかがだったでしょうか?リースが皆さんのおうちを彩っていてくれると嬉しいです。

    ↑クリックすると拡大します。

      垂直風洞の動画はコチラ↓
      

    コメントする
    博物館講座 : 11/12 講演会「ハチとくらすー採蜜と交配−」
    投稿日時: 2022-11-18 16:50:00 (115 ヒット)

    民俗学者の小島孝夫教授(成城大学文芸学部文化史学科)をお招きして、「ハチとくらすー採蜜と交配−」を11月12日(土)午後から、市庁舎で開催しました。



    小島先生は、農漁村で暮らす人々が、動植物などの伝統的な天然資源を持続的に利用するため、その資源を管理するため、どのような思想を持っているかという民俗学的な視点に基づいたテーマから、近年では海女漁や養蜂業などを追いかけています。

    講演の冒頭には、私たちの暮らしに実はとても密接している民俗学や無形文化財について、先生の研究事例から解説をしていただいた上で、、まずは養蜂業の基礎知識を学び、蜂を飼育して暮らす養蜂家の生業についてご紹介をいただきました。



    小島先生は、滋賀県大津の養蜂業者で、毎年春から晩秋に富良野地方で採蜜と園芸農家への蜂箱の貸し出しを行っている瀬尾養蜂園を近年調査しており、養蜂家の営みと私たちのくらしとの繋がりなどについて、お話いただきました。

    また講演の休憩時間を利用して、ウレシパフラノの後藤由美子さんから、瀬尾養蜂園の協力で企画運営している体験プログラムを紹介していただき、ハチミツのティスティングも実施。採蜜時期によって風味が移り変わることを、参加者の皆さんに味覚・嗅覚で体感してもらいました。






    小島先生のご講演の最後には、私たちの日常生活を文化として理解・評価し、地域で共有していくことの大切さを説かれ、近年、文化庁が推進する文化財保存活用地域計画の可能性について言及されました。
    地域の自然と生き物、私たちのくらしと文化について学び、考える良い機会となりました。

    コメントする
    博物館講座 : 10/29(土)アートを楽しもう!開催しました。
    投稿日時: 2022-11-6 7:00:00 (56 ヒット)

    美術に親しむ講座「アートを楽しもう!」を今年も開催しました。講師はお馴染みのイマイカツミさん。今回のテーマは『博物館で絵をかこう』です。

    まず、開催中のイマイカツミ水彩画展「オン・ザ・ロード」を鑑賞しながら基本的な技法を学びました。今回は、昔の道具や剥製など、博物館の資料を選んで描くので、静物画というくくりになります。風景画がメインテーマの本展ですが、ガラスケースには静物画が並んでいて、参考になります。


    館内を歩いてモチーフを探します。


    イスと画板をセットして、描き始めます。

    鳥のはく製にチャレンジしようとする参加者の姿に、僕も描きたくなっちゃいました!と並んで描き始めるイマイさん。





    プリントした写真やスマートフォンで撮影した画像を使うやり方も。現在開催中の「オン・ザ・ロード」の作品も、一部は写真を使って描いているそうです。


    一昔前とは違いスマホの画質も相当良くなり、注視したいところを拡大できます。イーゼルを広げることのできない道路の真ん中からの構図も描くことができるのも利点です。


    ただし、イマイさん曰く「僕の作品も写真で描いたものと実際に見て描いたものは、自分で見て違う」。良し悪しではありませんが、やはり違うんですね。




    区切りがついた人はモチーフを替えて2点目、3点目に取り組んでいきました。




    最後に皆さんの作品を並べて互いに見比べ、


    それぞれの絵の魅力を講師の視点から語ってもらい、あわせて技法について学びました。


    講座の参加をきっかけに、肩肘を張らないで、身近な素材でモチーフで描く、作る、鑑賞する、美術の楽しさに普段から親しんでもらえたら嬉しいです。
    来年も皆様のご参加お待ちしています。

    コメントする
    博物館講座 : 8/27 博物館講座プロジェクトO(オオハンゴンソウ)〜花摘みと草木染め〜
    投稿日時: 2022-9-1 0:10:00 (245 ヒット)

    富良野市博物館では毎年2回、外来植物オオハンゴンソウのことをメインに鳥沼公園の自然環境の保全について考えながら防除活動するワークショップを開催しています。今回は「花摘みと草木染め」を行いました。

    最初は公園の入り口で、オオハンゴンソウや秋口の森の植物やきのこを見ながら、これから入る森のことを知っていきます。

     
    実はオオハンゴンソウの花ってちょっと不思議なんです。つぼみから成熟した花の順に並び替えてみると···下の一列はひらひらの花(舌状花)、真ん中から上は筒状の花で、下の方からだんだん開いていき、一番上が咲く頃には舌状花は落ちた後。

     
    そしてピーマンみたいな実(オオウバユリ)やまんまるきのこ(キツネノチャブクロ)に触ったり中身を開いて観察。博物館実習生のKさんは、アイヌ文化が専門なので、アイヌの人たちはオオウバユリの実をどう活用するか説明してくれました。
    富良野盆地内ではいまや少ないハンノキのこともご紹介(実はこの木の存在が鳥沼公園の自然環境の最大の特色です)。


    その後は園内に分け入り、オオハンゴンソウの花を摘みます。実になりタネを散らす前に、花を取り去ってオオハンゴンソウの分布拡大を防ぐのが狙いです。

     
    バケツと芽切りばさみを手にチョキチョキ。

     
    カラコギカエデの木に巻き付いて釣り竿のようになったツルの先には、ツルニンジンの紫色の花

     
    昨年のこの講座のときに植えたハンノキは、だいぶ成長していました。大人の胸くらいの高さになった個体も。数は減りましたが20本くらいは元気です。
    昨年のプロジェクトOの記事はこちらをクリック


    摘んだ花と一緒に記念写真。

    このあとは公園の隣の会館で草木染め。今回はあらかじめ採集して乾燥済みのオオハンゴンソウを使いました。

     
    今回は先媒染というやり方。最初に輪ゴムなどで模様付けの準備をして、水に浸します。次に煮汁に生ミョウバンを入れて15分ほど浸し、最後にすすいで出来上がり。


    講師の小林静子さんが改良を重ねたおかげで、昨年よりずいぶん色の付きの良くなったオオハンゴンソウTシャツができるようになりました。オオアワダチソウのレモン色は相変わらずいい色です。

    ★企業の地域貢献活動やサークル活動のテーマとして、外来種防除活動はいかがでしょうか?ご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

    コメントする
    博物館講座 : 8/6 見学会「東大演習林をめぐる」
    投稿日時: 2022-8-16 5:00:00 (177 ヒット)

     2022年夏季特別展のどろ亀さん・ニコルさん追悼展「森の心、そして祈り」の関連企画として、どろ亀さんこと盒怯篝凝貘臾祥清擬が森づくりに力を注いだ東大演習林の見学会を実施しました。

    …錨蘚犬慮学


    ⊃声匯魁壁拯斌鄰亙の植生)


    西瓜峠(林分施行法の閃き・1981年台風被害の嘆き)


    は雫真肯啝駑全曄蔽訖)


    15林班(施業現場)


    西達布本流の湧水地(豊富な水量)


    У譟三の山小学校(最初で最後の教壇)


     近隣や札幌のほか、遠くは島根県の方も含め30人余りの方にご参加いただきました。どろ亀さんの森づくりについて学ぶことに加え、公開行事の際以外では入ることのできない演習林内に入り、植生や林業方針に親しむ貴重な機会となり、多くの方にご満足いただくことができました。

     この講座は東京大学北海道演習林にと共に開催し、運営にあたって全面的に協力いただきました。関係者の皆さんに深く感謝申し上げます。

    コメントする
    博物館講座 : 6/10・18 プロジェクト「O」(外来種防除事業)第1回抜き取り
    投稿日時: 2022-6-26 9:00:00 (127 ヒット)

     博物館講座「プロジェクトO」は外来植物オオハンゴンソウ(O)の拡大をおさえる取り組みです。毎年6月は開拓以前の湿地林の自然環境が残る鳥沼公園で「抜き取り」作業を第1回として行っています。

    【6/10 サンエー会協力事業】
     今年もまずは6月10日にサンエー会メンバー21人の会員に協力いただき抜き取りを行いました。
      
    (左はオオハンゴンソウ、右はヤナギトラノオ)

     これまで13年間の活動のおかげで丈も根茎も小ぶりになってきています。スコップより手鍬のようなものの方が作業しやすいかもしれないと感じるほどです。

     

     サンエー会の皆さん、お仕事の時間をさいていただきありがとうございました。

    【6/18 一般の方対象の博物館講座】
     次に6月18日には一般の方を募集しての同事業を実施しました。
     

     講師の斎藤和範さん(札幌大学博物館学講師)の実演を見て、抜き取りにかかります。先週の作業の成果もあるので30分ほどで切り上げ、その後は昨年植樹したハンノキ稚樹の周りの草刈りをしました。
     

     このハンノキは昨年大径木のハンノキが倒れ、大きな裸地が生じてしまっていたことから植樹したものです(ハンノキを植樹した2021年秋の講座の様子)。

     
    (右の標本はは国内外来種アズマヒキガエル)

    ※毎年サンエー会共催で実施していますが。今年は日程調整により、サンエー会共催事業を6月10日、一般の方対象の事業を6月18日に実施しました。

     第2回の活動(博物館単独事業)は花の摘み取りとオオハンゴンソウ(ほか)を用いた草木染めで、8月27日(土)に実施予定です。ご参加お待ちしています。

    ※昨年のプロジェクト「O」花摘み&草木染め のようす

    コメントする
    博物館講座 : 6/11 富良野の自然に親しむ集い 第1回「初夏の雪虫」
    投稿日時: 2022-6-12 12:00:00 (261 ヒット)

     富良野の自然に親しむ会と共催で行っている講座「富良野の自然に親しむ集い」の今年度 第1回を実施しました。
     今回雪虫をテーマとするにあたって、自然写真家の石黒誠さん、石黒さんが雪虫写真を撮って発表する過程で学術的な観点からバックアップした秋元信一さん(北海道大学大学院農学研究科・名誉教授)が講師を引き受けてくれました。

     

     講座の前段で、石黒誠さんが、月間たくさんの不思議「雪虫」(科学絵本)の発刊やNHKの番組「ダーウィンが来た!」で富良野の雪虫を紹介されたときのエピソードや、当時から続く秋元さんと連携した取り組みを紹介しました。

     

     その後、鳥沼会館の中で秋元信一さんによる講演を聞きました。世代によって様々な姿を持ち、寄主となる樹木を季節によって変える不思議な生き方や、もとから知られていた雪虫「トドノネオオワタムシ」とは別の新種雪虫の発見などを語りました。

     

     講演の後は、10人近くもの方が手を挙げて次々と質問。秋元さんは「雪虫の移動距離」「近親交配をさける工夫の有無」「新種”富良野雪虫”の分布地域」などの質問に丁寧に答えていました。

     

     座学の後は外に出て野外観察。折悪しく雨が降り始めましたが、強くならないことを願って、鳥沼公園の一角の植樹地へ繰り出し、ヤチダモの葉裏の「初夏の雪虫」を観察しました。

     

     湿地林内の自生するヤチダモにも雪虫がいます。/ハルニレの木には別のタイプの綿虫がとりつき虫こぶを作ります。

     

     クワガタやケシキスイを見つけたり、オオアカゲラのひなの鳴き声をきいたり。

     

     エゾアカガエルをつかまえたり、ハンノキの葉裏のミドリシジミの幼虫を見たり。
     最後はだいぶ雨が強くなり、足早に会館に戻りました。

     

     閉会後も参加者は石黒誠さんの雪虫撮影用のカメラ・レンズキットや雪虫すごろく(2014年特別展( 石黒誠写真展「雪虫」 )の記念品)、科学絵本「雪虫」を見たり、個々に秋元さんや石黒さんに質問して、好奇心を満たしていました。

    コメントする
    博物館講座 : 5/20開催「朝活!野鳥観察」
    投稿日時: 2022-5-22 8:00:00 (308 ヒット)

     早朝の野鳥観察会を実施しました。講師は東大演習林の松井理生さん。皆で同じ鳥を双眼鏡のファインダーに入れて観察するのはなかなか難しいもの、そこでさえずりなどの鳴き声を聞いて、鳥の種類を同定するのをメインにすえた活動にしました。

     

     

     
    鳥沼のカルガモ/鳥沼神社の解説

     
    昆虫が巻いた葉・イタヤカエデ花

     林の中ではキビタキやシジュウカラなど声だけでなく視認できる鳥もありました。水鳥の少ない季節ですが、鳥沼でも日向ぼっこをしているカルガモを眺める場面も。
     途中、鳥沼神社の社のことを学んだり、昆虫が巣として巻いた葉の中身を探ってみたりと、野鳥に限らず朝のちょっと涼しい鳥沼公園を大いに楽しみました。

    コメントする
    博物館講座 : 5/14・5/21開催「知ろう、語ろう、昔のどうぐ」
    投稿日時: 2022-5-22 0:00:00 (284 ヒット)

     富良野市博物館では2019年から未登録の収蔵資料の整理と登録を行っています。今回、その一部を用いて昔の暮らしや郷土の歴史を振り返る講座を2回にわたって開催しました。

    第1回(5/14 富良野文化会館ロビー)
     

     

     テーマは生活、産業、商店、玩具など様々。レコードも好みのものを選んで流してもらいました。

    第2回(5/21 富良野市博物館ロビー)
     
    矢立て

     
    電話や保留用オルゴール、連絡先簿

     
    学校の備品やお店の道具/水車

     矢立てはとても便利な筆入れ。商店の番頭さんがこれをたもとに入れて集金に回る姿が目に浮かびます。ダイヤル式電話機の付属品の連絡先簿は目当ての連絡先がすぐに探し出せる優れもの。
     途中、当館の車庫に収納している山部地域の澱粉工場の水車も見学しました。

     
    不明点のある資料・伝統的な遊び

     記録が少ないため、用途や名前がわからない資料もあります。実は、多くの人に見てもらってこれらのことを調べるのもこの講座の目的の一つでした。おかげで玉型(弾丸作りの道具)や砥石などいくつかの道具の名前と用途が判明しました。

     
    おもちゃ・修理の様子

     めんこなど、おもちゃや遊びも人気のテーマでした。中でも競馬ゲームは抜きつ抜かれつで大盛り上がり。
     ところで、壊れて動かなかったこのゲームを直してくれたのはいつも学芸員の隣りの席に座っている同僚の職員さん。他の壊れたおもちゃのモーターと交換するなど苦労してくださり頭が下がります。修理中、磁石が配置されている中の構造を見て動きの仕組みに驚かされました。

    コメントする
    (1) 2 3 4 ... 10 »