:: 開館日・時間


開館時間: 9時〜17時
公民館エリアは21:30まで開室
※(日)(祝)のぞく

休館日 : 毎週月曜日
年末年始(12/31〜1/5)
詳細→こちらをクリック
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
扇山開拓碑
  • 扇山開拓碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • RSS送信
    (1) 2 3 4 »
    博物館活動(講座・調査など) : 7/3 プロジェクト「O」(外来種防除事業)第1回抜き取り
    投稿日時: 2021-7-3 23:40:00 (60 ヒット)

    プロジェクト「O」は外来植物オオハンゴンソウ(O)の拡大をおさえる取り組みです。毎年開拓以前の湿地林の自然環境が残る鳥沼公園で「抜き取り」作業をサンエー会青年部共催で実施しています。今年は当初の予定日(6/12)が緊急事態宣言のただ中だったため、日程を遅らせ、マスクなどの感染症対策を行いながら実施しました。

    作業指導は北海道教育大学旭川校の斎藤和範さんです。
     

    今回はやや丈の高い個体が残る公園のトイレ付近、そして丈は低く密度もかなりまばらになったものの、広域に分布している道道(通称「9線道路」)沿いで抜き取りを行いました。
     

    15名のサンエー会の方と5名の一般参加者にご参加いただき1時間半ほど活動をした今年も防除作業をを行うことができました。丈が低くなったのはここ数年感じていましたが、今年は根茎もずいぶん小さくなったのを感じ、改めてこれまでの活動の成果を実感しました。とはいえ、今年コロナ禍でできない可能性が生じたときはヒヤリとしました。1年休むことで”元の木阿弥”となることが目に見えていたためです。今後もこの取り組みを続け、鳥沼公園の植生を保全していきたいと思います。

    第2回の活動(博物館単独事業)は花の摘み取りとオオハンゴンソウ(ほか)を用いた草木染めで、8月28日(土)に実施予定です。昨年はコロナ禍を考慮して、草木染めを除いた形で行いましたが、今年は元の形に戻す方針で準備を進めています。ご興味のある方はどうぞご参加ください。

    ※一昨年のプロジェクト「O」花摘み&草木染め のようす

    コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 山部地区の勇振川温水ため池がJR北海道車内誌で紹介
    投稿日時: 2021-5-1 13:00:00 (124 ヒット)

    昭和33年に水田用水として利用するために、建造された勇振川温水溜池が、JR北海道車内誌「The JR Hokkaido」で紹介されました。

    http://www.jrh-sol.co.jp/agency/doc/syanaishi.pdf


    土地の傾斜を利用して、11段のため池を階段状に配置し、溢れた水をため池に流し溜めながら水温上昇をさせるこうした型式の温水溜池は、北海道内陸部の中でも気象条件の特に厳しい地域で主に昭和30〜40年代に建造され、富良野や士別、上川、和寒などの上川地方を中心に分布しています。「温水路」と「ため池」の機能を組み合わせて造られたのが「温水ため池」です。



    北海道内陸部の地域特性を如実に表した、今も現役の農業土木構造物であり、当地方の農業のあゆみを語る上でも欠かせない存在といえます。

    昭和59年の改修により、噴水状に溢流(いつりゅう)する形態に変わり、無数の噴水が列をなして規則的に流出する様が極めて美麗で、建造物や文化財の専門家らからも高く評価していただいています。

    また創建時は、山部村の観光コンテンツの一つとして整備・宣伝され、溜池にボートを浮かべたり、夏にはプール替わりに子どもたちが水遊びに親しみました。




    今後、博物館では、この温水溜池を地域色のある農業土木遺産として評価するとともに、文化財登録の検討を進めていきます。

    コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 【振り返り】富良野の自然に親しむ集い「アニマルトラッキング」
    投稿日時: 2021-3-22 9:50:00 (140 ヒット)

    3月20日(土)、バスで雪によく埋もれた山部太陽の里キャンプ場周辺を訪れ、自然観察会を実施しました。

    続き... | 残り2495バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 10/24 変形菌調査
    投稿日時: 2020-12-1 9:50:00 (368 ヒット)

    今回はちょっと変わった生き物の調査を行いました。その生き物の名は「変形菌」。
    変形菌は「粘菌」という名称で呼ばれた時期があるので、その方が親しみ深い方もいるかもしれません。どんな生き物かは少しずつ紹介していくことにしましょう。

    朝9時30分、調査の協力者はハイランドふらの駐車場に集合しました。互いに自己紹介をした後、講師の室蘭工業大学准教授・矢島由佳先生を中心にさっそく駐車場に隣接するラベンダーの森に踏み入っていきました。ここはカラマツや落葉広葉樹の林で、足元は下生えが多く藪のようになっていますが、おかげで変形菌の観察に適しています。

    続き... | 残り12276バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 10/24 変形菌調査 「採集標本の詳細」
    投稿日時: 2020-11-29 19:00:00 (154 ヒット)

    このページでは2020年10月24日に開催した変形菌調査で採集した標本を、参加者のSさんと図鑑を見ながら種名を推定した様子を紹介しています。
    (この調査の紹介記事もご覧ください。→10/24 変形菌調査

    続き... | 残り4219バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 9/30 博物館講座「朝活!きのこ観察」
    投稿日時: 2020-10-3 16:30:00 (300 ヒット)

    鳥沼公園で早朝のきのこ観察会を実施しました。講師は元東大演習林教員の盒彊衢困気鵑任后参加者はわりあい年配の方が多いですが、お父さんに連れられた子どもたちの姿もちらほら。学校に行く前の一仕事、文字通り「朝活」に来てくれました。

    続き... | 残り1998バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 9.19 プチ・レトロ建築めぐり
    投稿日時: 2020-9-30 18:30:00 (275 ヒット)

    富良野市街地の鉄道にまつわる建造物をめぐるプチツアーを9月19日(土)の8:30〜10:30に開催しました。

    本来であれば、富良野地方の鉄道関連の遺産をバスで巡る予定でした。しかし、コロナウィルス感染症を防止するため、予定していた開催時間や募集人数を圧縮し、屋外で活動する時間を増やすため、市街地をぶらぶら歩きながら見学する方法に切り替えました。

    富良野駅前に集合した後、富良野線(旧十勝線)と根室本線(旧下富良野線)や富良野駅(旧下富良野停車場)の開業当時の様子などを解説した後、昭和50年の国体冬季大会スキー競技会に合わせて整備された現富良野駅舎や駅舎よりも若干歴史ある跨線橋の見学からスタート。

    続き... | 残り3193バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 9/16 博物館講座「ナキウサギを探そう」(富良野の自然に親しむ集い第4回)
    投稿日時: 2020-9-19 23:10:00 (280 ヒット)

    暑い日が続いた中、急にぐっと冷え込んだこの日、バスで望岳台に行きました。駐車場は車がたくさんなものの、ほとんどの人は登山に出るため、探勝路はほとんど人気がありません。でも、こここそがすばらしいナキウサギ観測ポイントです。

    続き... | 残り2262バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 8/29 外来種対策事業「プロジェクトO」
    投稿日時: 2020-9-10 4:50:00 (264 ヒット)

    外来種オオハンゴンソウの分布拡大を防いで鳥沼公園に元々ある低湿地林の植生を守るため、花を摘みとる講座を行いました。

    続き... | 残り3879バイト | コメントする
    博物館活動(講座・調査など) : 8/12 星空観察会を実施しました。
    投稿日時: 2020-8-19 6:00:00 (116 ヒット)

    富良野の自然に親しむ会・副会長で東大演習林技術職員の井口和信さんを講師に「富良野の自然に親しむ集い ペルセウス座流星群観望会」を開催しました。

    続き... | 残り748バイト | コメントする
    (1) 2 3 4 »