富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
(1) 2 3 4 »
調査と事業の報告 : 10/24 変形菌調査
投稿日時: 2020-12-1 9:50:00 (211 ヒット)

今回はちょっと変わった生き物の調査を行いました。その生き物の名は「変形菌」。
変形菌は「粘菌」という名称で呼ばれた時期があるので、その方が親しみ深い方もいるかもしれません。どんな生き物かは少しずつ紹介していくことにしましょう。

朝9時30分、調査の協力者はハイランドふらの駐車場に集合しました。互いに自己紹介をした後、講師の室蘭工業大学准教授・矢島由佳先生を中心にさっそく駐車場に隣接するラベンダーの森に踏み入っていきました。ここはカラマツや落葉広葉樹の林で、足元は下生えが多く藪のようになっていますが、おかげで変形菌の観察に適しています。


さっそくカラマツの倒木の表面をのぞきこみます。見ているのはせいぜい1mmほどの小さな小さな生き物たち。


標本にするときはスクレイパーで採集し、


マッチ箱ほどのサイズの紙箱にボンドでくっつけます(クリック╱タップで拡大画像表示)。


・ケホコリ類かヌカホコリ類か


・ヒョウタンケホコリか


なお、講師は現場で可能な限り同定しているのですが、メモしきれていないものがあったり、写真とのつながりが一部不正確なため種名は断定せず表記しています(後日標本を郵送して改めて胞子から同定してもらいます)。

古い木橋も変形菌の楽園、熱心に探します。


案の定、橋の裏には┅
・アミホコリ類らしきものがいました。


・キンチャケホコリ(クリック╱タップで拡大画像表示)


お昼にさしかかった頃、場所を変えて鳥沼公園にやってきました。ここではハンノキやミズバショウの優占する湿地林を散策します。


まず見つけたのは
・乾き気味の枯れ木についたドロホコリ


・マメホコリ


マメホコリやドロホコリの仲間は子実体が1僂曚匹△蝓∧儼繕櫃涼罎任和腓屬蠅埜つけやすい仲間です。

・ハチノスケホコリ(クリック╱タップで拡大画像表示)


子実体の上部がとれて胞子が大部飛び去ってしまった後ですが、角張った穴が隣り合って蜂の巣のように見えます。これが「ハチノス」ケホコリという種名の由来です。

・ウツボホコリか



これも変形菌ですが、子実体を形成する前の変型体という時期のもの。この状態だと同定(種名を調べること)は難しいのですが、せっかくなので葉っぱに包んで乾燥しないように持ち帰り経過を見ることにしました。子実体を形成しない時期にはこのようなアメーバ的な姿となることが変形菌の最も大きな特徴です。菌類の場合は糸状体という文字通り糸が張ったような姿となります。
→ 後日、一月ほど経過した後の姿の写真を矢島先生に送付して確認したところ、変形菌の仲間ではないと判明しました。

・ヘビヌカホコリ(クリック╱タップで拡大画像表示)


・ケホコリ類か


これは「菌核」という状態の変形菌なので、乾燥させずに持ち帰ることにしました。


これは・・・ナメコ(菌類)ですね。大きさは全く違いますが、写真で見ると間違えてしまいそうです。しばし足を止めて「おいしそうだねえ」と見入りました。


午後1時を過ぎたところで最後の散策地「太陽の里・沢コース」にやって来ました。ここは芦別岳の麓の自然散策路です。トドマツ造林地跡にできた針広混交林で山部地区にあります。

ここから富良野高校科学部が合流しました。


ケホコリの仲間(クリック╱タップで拡大画像表示)

こわれる前の子実体がついています。

・ウツボホコリ類か

垂れ下がるように映える種類のようです。



ウツボホコリ類か(クリック╱タップで拡大画像表示)

中につまった胞子が半ば飛び去ってしまったため、グラスウールのような姿なっています。

ケホコリ類か


ハナハチノスケホコリか(クリック╱タップで拡大画像表示)

子実体をよく見ると先端が四つに割れたような形になっています。

★参考:図鑑「図説日本の変形菌」のハナハチノスケホコリの形態を示したページ。


ムラサキホコリ類(クリック╱タップで拡大画像表示)


日没が近づき薄暗くなって観察が難しくなってきたため、15:30ごろに博物館に戻りました。


この日は、講師に時間の許す限り教えてもらうため、食事の時間もほとんどとらずに市内の林をめぐってきました。午後になり身体がすっかり冷えていたこともあり、室内に入ってほっとひと息。・・・つく間もなく、今度は変形菌の基礎知識や探し方のコツなどを教えていただきました。


ここでは、変形菌の独特な形態について教えてもらっています。まずはアメーバのような変形体の時期と形態のはっきりした子実体をつくる時期があること、菌類(きのこ)との違い。


また、「子実体の時期には体の全てが胞子となり、軸や殻の部分は分泌物(排泄物)でできていること」、「変形体の時期には単細胞で、核をたくさん持つ多核体となっていること」が、重要な特徴であることも学びました。

変形体の種類は本当に様々。そして時期により出現する種の傾向があります。


質問の時間では林業で問題となる雪腐れ病の対応策となる可能性があるのでは・・・と研究者の間で可能性が検討されていることなどをお話しいただきました。

座学の後、残りの時間で採集したものを改めて観察しました。広げてみると、ラベンダーの森では10個ほど、鳥沼公園でも10個ほど、太陽の里では20個近くの標本が採取されていました。


正確な種の同定は顕微鏡で胞子を確認しが必要なため、標本を十分乾燥した後に矢島先生に郵送して確認します。なお、送付前に参加者のSさんと共にできる範囲で同定を行いました。その様子を下記のリンク先の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

リンク先→10/24 変形菌調査「採集標本の詳細」

この企画は、元々一般向けの講座として計画していましたが、「春の企画がコロナウイルス感染拡大の影響で中止となったこと」及び、「講師が遠方から来られるため、下見→実施と何度も富良野に来て準備することが難しいこと」から、調査および研修会として、自然に親しむ集いと富良野市博物館の合同で実施することになりました。これを一般向け講座の準備とも位置付け、近い将来、富良野の自然に親しむ会の観察会として開催できるよう進めていこうと考えていますので、どうぞご期待ください。

この日は限られた時間で調査するため、食事や休憩の時間もけずって野外を駆け巡りました。おかげで富良野地域のの変形菌相を明らかにする第一歩を踏み出すことができたと思います。矢島先生には本当にお世話になり、同行してくれた方々も大変お疲れ様でした。



追記:後日(12月16日)に矢島先生に確認したところ、誤りが見つかりましたので、お詫びして訂正いたします。
白いアメーバ状のものは変形菌ではなかったこと、ハチノスケホコリとあるものの一部はハナハチノスケホコリや別属のケホコリ属であったことなどです。とりわけ大きな間違いは、以下の写真の部分です。これは変形菌ではありません(黒い棒のようなもののみ変形菌の残骸である可能性あり)でしたので、説明文と合わせて削除いたしました。

【以下:削除前の文面】
この写真の中の白い菌糸はカビ(=菌類:変形菌とは別物)ですが、見ているのはカビではなく先端が黄色のもの(変形菌)。この先端を子実体といい、菌類なら「きのこ」、植物なら「花」にあたる部分です。

コメントする
調査と事業の報告 : 10/24 変形菌調査 「採集標本の詳細」
投稿日時: 2020-11-29 19:00:00 (100 ヒット)

このページでは2020年10月24日に開催した変形菌調査で採集した標本を、参加者のSさんと図鑑を見ながら種名を推定した様子を紹介しています。
(この調査の紹介記事もご覧ください。→10/24 変形菌調査



写真の中にあるメジャーは1目盛りが1mmです。

【ラベンダーの森(島の下地区)】
ヒョウタンケホコリか


アミホコリ類・白いカビがついている


アミホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後、子実体の下部が残されている。


キンチャケホコリか


【鳥沼公園】
ヘビヌカホコリ(右)とケホコリ類


ハチノスケホコリ ※子実体の下部が残った状態。この状態のようすから「蜂の巣」と名付けられた。


★参考:「図説日本の変形菌」のハナハチノスケホコリ(ハチノスケホコリ属)の形態を示したページ。


ヌカホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ウツボホコリ類


【太陽の里】
ウツボホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ムラサキホコリ類


(拡大)


ケホコリ類 ※子実体がほぼ残存している状態


ウツボホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ヒョウタンケホコリか


(拡大)


ハチノスケホコリか ※胞子はだいぶ飛び去った後

コメントする
調査と事業の報告 : 9/30 博物館講座「朝活!きのこ観察」
投稿日時: 2020-10-3 16:30:00 (229 ヒット)

鳥沼公園で早朝のきのこ観察会を実施しました。講師は元東大演習林教員の盒彊衢困気鵑任后参加者はわりあい年配の方が多いですが、お父さんに連れられた子どもたちの姿もちらほら。学校に行く前の一仕事、文字通り「朝活」に来てくれました。


鳥沼神社や鳥沼、再生の森、ハンノキの林を順にめぐって、きのこを見つけては盒狭峪佞房鑢召籠団Г魘気┐討發蕕い泙靴拭


倒木が腐り始めた上には樹木の実生や草花と一緒にきのこも数多く生えています。


コウヤクタケ


講座の終盤にはナラタケの群落も見つかりました。


今回観察された40種類ほどのきのこの多くは下の写真のような、太古からある腐生菌(分解菌)でしたが、新勢力の菌根菌(トドマツなどと共生するドクベニタケなど)もいくつか見られました。針葉樹の大部分やブナ科、カバノキ科の多くは菌類との共生で勢力を増したといわれています。きのこ(菌類)は森の木の種類を決定するキーパーソンなのです。


観察会は8時頃にお開きとなりました。参加者の皆さんはこの後の一日をシャキッと過ごせたでしょうか、それとも睡眠不足であくびの出る一日だったでしょうか・・・?

コメントする
調査と事業の報告 : 9.19 プチ・レトロ建築めぐり
投稿日時: 2020-9-30 18:30:00 (214 ヒット)

富良野市街地の鉄道にまつわる建造物をめぐるプチツアーを9月19日(土)の8:30〜10:30に開催しました。

本来であれば、富良野地方の鉄道関連の遺産をバスで巡る予定でした。しかし、コロナウィルス感染症を防止するため、予定していた開催時間や募集人数を圧縮し、屋外で活動する時間を増やすため、市街地をぶらぶら歩きながら見学する方法に切り替えました。

富良野駅前に集合した後、富良野線(旧十勝線)と根室本線(旧下富良野線)や富良野駅(旧下富良野停車場)の開業当時の様子などを解説した後、昭和50年の国体冬季大会スキー競技会に合わせて整備された現富良野駅舎や駅舎よりも若干歴史ある跨線橋の見学からスタート。



頭無川の氾濫原を埋め立てして整備された駅前通りを西へ進み、明治43年建築の勝山商店と付属する昭和48年に整備されたアーケードの庇を見学。このアーケードも国体冬季大会スキー競技会で全国からたくさんのお客さまをお迎えするため、整備されたものでした。



頭無川を跨いで、3条の昭和30年代に整備されたすずらん通り商店街の鉄筋コンクリート造商業建築のデザインを模倣したと考えられる建物群を見学、4条通りの倉庫と旧酒蔵のあゆみや構造などを学びました。



お話しとぶらぶら歩きで、あっという間に1時間が経過。ここからはバスに乗車して、根室本線の上り方面、空知川の河川敷へ移動しました。

目的は第四空知川鉄橋。はじめに第二避溢橋と清水山から運び出されたであろう土砂と凝灰岩の土留め石で造られた線路の盛土を見学、『下富良野線建設概要』(鉄道院北海道建設事務所発行)などを用いて説明しました。



第二避溢橋には明治44年に神戸川崎造船所鉄道部で製造されたことを示すプレートがあり、あらかじめ撮影しておいた写真で解説。現存する近接の橋梁群は下富良野線開業時の歴史ある橋であることを学びました。見学途中には、9月22日まで運行のラベンダーエクスプレスが颯爽と走り去り、参加者の気分も盛り上がりました。



最後に、第四空知川橋梁へ移動。レンガ造の橋台を眺めながらその概要や建設の苦労を学び、富良野駅発の普通列車の通行を見送った後、、バスで駅前まで戻り、今回の見学会を終了しました(途中で頭無川橋梁を車中から見学しました)。



たった2時間のプチ見学会でしたが、それなりに楽しむことができたのではないでしょうか。本当に身近なところに、まちの歴史を語ってくれるたくさんの遺産が眠っています。その物語をみなさんと楽しみながら、広げていきたいと思います。

コメントする
調査と事業の報告 : 9/16 博物館講座「ナキウサギを探そう」(富良野の自然に親しむ集い第4回)
投稿日時: 2020-9-19 23:10:00 (195 ヒット)

暑い日が続いた中、急にぐっと冷え込んだこの日、バスで望岳台に行きました。駐車場は車がたくさんなものの、ほとんどの人は登山に出るため、探勝路はほとんど人気がありません。でも、こここそがすばらしいナキウサギ観測ポイントです。


岩のごつごつしたガレ場と、すこから多少植生の発達した緑の濃い場所が交互に過ぎていきます。シラタマノキが数多く生えています。


ガレ場では、止まって10〜20分ほどナキウサギの出現を待ちました。やがて、キチッ、キチッという鳴き声が聞こえてきました。何度か聞いているうちに、連続的に鳴いている様子から間違いなくナキウサギだ!と気づきます。


参加者の一人が見つけてくれた貯め糞も観察しました。


これはクマ!?・・・いいえ、ただの石でした。


結局ナキウサギの姿をとらえることはできませんでした。メイン講師の松井さんからは「動物相手の観察会だとうまくいかないときはしょうがないけれど・・・残念でしたね。でも声や痕跡など、気配は感じることができたので間違いなくいることは分かったと思います。よければ個人でもぜひ散策しに来てください。」


また、今回サブ講師で自然に親しむ会・会長の永盛さんのバス内での解説してくれた富良野盆地の地史からは、望岳台の地質と動植物相の関係を学びました。ほぼ30年周期で噴火している十勝岳は、今年で前回の噴火から32年を迎えます。かつて幾度となく甚大な被害を出した噴火活動への恐れを思い起こしました。

コメントする
調査と事業の報告 : 8/29 外来種対策事業「プロジェクトO」
投稿日時: 2020-9-10 4:50:00 (200 ヒット)

外来種オオハンゴンソウの分布拡大を防いで鳥沼公園に元々ある低湿地林の植生を守るため、花を摘みとる講座を行いました。


最初に公園の湿地林の自然を紹介する看板の前で作業の流れや「なぜ摘みとるの?」をお話をしてから、分け入っていきます。いきなり最重要ポイントに行き当たり、湿地の中に踏み入って摘みとりをはじめました。




この場所を過ぎると後は道脇にぽつぽつと生えている花を摘みとるので十分な様子。長年の活動の成果が出ています。おっと、それはオオハンゴンソウじゃなくてオオ「ウバユリ」ですよ〜。


未熟な実の中でも、千枚くらいの平べったい種があるのがわかります。


雨が降ってきたこともあり、1時間ほどで作業を終えましたが45L袋いっぱい摘み取ることができました。


最後に記念写真。


今年は感染症の影響を考慮し行いませんでしたが、例年はオオハンゴンソウでの草木染めも行っています。楽しみながら自然に恩返しできるような講座を行っていますので、ご興味のある方はぜひ来年ご参加ください。
昨年の活動内容はコチラ

9月11日(金)〜17日(木)に文化会館で開催される富良野環境展でも活動紹介をしています。ぜひご来場ください。


【おまけ1】
あまり見栄えのする草花の多い季節ではありませんが、作業中、ツルニンジンやツリフネソウなどがちらほら見えて目を楽しませてくれました。下の写真のミズタマソウはとてもかわいい花ですが、あまりの小ささにほとんどの人には気づいてもらえません。


蝶のようなフォルムが魅力的です。


【おまけ2】
小葉類のシダに注目する方がいました。小葉類というのは胞子のついている葉っぱとついていない葉っぱが別々にある、原始的なシダの仲間です。

ナツノハナワラビ


フユノハナワラビ


ナツノハナワラビの方が葉の隙間が大きく、背が高く、やや明るい色・・・なんて微妙な違いを楽しむのはかなりの草花好きの方ですね。

コメントする
調査と事業の報告 : 8/12 星空観察会を実施しました。
投稿日時: 2020-8-19 6:00:00 (88 ヒット)

富良野の自然に親しむ会・副会長で東大演習林技術職員の井口和信さんを講師に「富良野の自然に親しむ集い ペルセウス座流星群観望会」を開催しました。


 
講師の話を聞きながら寝転んで流れ星を探したり、望遠鏡で土星や木星やその衛星、星座を構成する星々を観測しました。近年は天気に恵まれずまともに開催できないことが多かったですが、久しぶりに天気の心配なく星空を楽しむことができました。



(準備中の観察会場の様子)

コメントする
調査と事業の報告 : 8/4 博物館講座「簡単!骨格標本づくり」
投稿日時: 2020-8-10 6:00:00 (194 ヒット)

特別展「富良野盆地の動物たち〜からだのしくみにせまる〜」の関連イベントとして、手羽先の肉を使って作る骨格標本の講座を行いました。





食卓にのぼる手羽先の肉はニワトリの手と腕に当たりますが、今回は二の腕(上腕骨)にあたる手羽元の肉もくっつけて、鳥の翼の骨格標本を作ります。


★今回も中富良野町の田中さんが応援にきてくれました!


作業の合間には、展示室でヒグマ・アライグマ・キタキツネ・ハシボソガラスのホネを並べながら、鳥や哺乳類の体の仕組みを人間と比べて学習しました。



講座のあと、特別展の一角に「手作り骨格標本の作り方」コーナーを増設しました。また、アライグマ・キタキツネのホネの並び替えは、展示期間中いつでもできます。この展示会は8月30日まで開催していますので、ぜひ足をお運びください。→特別展の紹介記事はコチラ



コメントする
調査と事業の報告 : 7/22 ヘイケボタル観察会
投稿日時: 2020-7-25 17:20:00 (172 ヒット)

雨のため、1日順延して実施しました。小雨の降る中でしたが、かなりの数のホタルが飛び交っており、見ごたえがありました。


今回の会場、太陽の里は十年ほど前はごくわずかしかヘイケボタルがおらず、観察会をするような場所ではありませんでした。そもそもヘイケボタルはどんな場所に生息するのでしょうか。

それは、開拓以前に富良野盆地を覆っていた湿地林や昔ながらの水田のような、流れの少ない安定した水場です。幼虫がよじ登り、さなぎになれるような土手や中洲があることが重要です。ミズバショウが生い茂るような水場と、乾いた地面が組み合わさっている鳥沼公園のハンノキの林はヘイケボタルにとって住みよい環境でしたが、近年はあまり見られなくなってしまいました。地下水位が低下していることが関係しているのではないかと懸念されています。富良野市全体でも田んぼや農業用水路はかつてよい生息環境でしたが、コンクリート3面張りの水路や農薬の使用が増えた近年は観察できる場所は限られています。



元々はホタルが細々とはみられていた山部自然公園太陽の里・遊々の森ですが、1988年にアスレチック広場を造成したため、激減してしまいました。しかし、その後、地域からホタルを呼び戻したいという要望があり、博物館で2009年からこの湿地環境を復元する事業に取り組むことになりました。この事業はホタルを増やすことだけが目的ではないため、放流はせずに自然の復元力に期待しました。

初めは、ごくわずかに(3頭、5頭など)見られる程度でしたが、2016年からは一度に10頭以上を観察できるほどに増えてきました。さらに近年の観察会では、ヘイケボタルの飛びかう様子を地域の人にも楽しんでもらうことができるほどになりました。


(観察に出かける前に、生息地の整備前後のようすを紹介する講師の井口和信さん)

このホタルの里のヘイケボタルがこれからも息づいていけるよう、一緒にこの自然環境を見守っていきましょう。とって持ち帰ったり、生息地の詳しい情報を広めるなど、乱獲や生息地の破壊につながることのないよう注意することも大事です。

今回は、申し込み多数のため参加申し込みをお断りさせていただいた方、延期となったため、参加できなくなった方がおられ、大変申し訳ありませんでした。お詫びさせていただきます。

コメントする
調査と事業の報告 : 7/15 博物館講座「朝活!野鳥観察」
投稿日時: 2020-7-19 23:10:00 (137 ヒット)

早朝の鳥沼公園で東大演習林・技術職員の松井理生さんを講師に野鳥観察をしました。今回は、特別展の関連イベントという事情で葉の茂った盛夏に行うため、野鳥を目で見るより声を楽しむことをメインとした講座としました。



水鳥の少ない季節ですが、オシドリの家族がのんびり泳いでいる様子が見られました(この写真は数日前の下見の際、上陸していたときの様子です)。



こちらは近所の小学校がかけた鳥の巣箱です。中にはコケがぎっしりとつまっていましたが、モモンガやアカネズミなどが居座っているときは木の葉など別のものが入っているといいます。



この「朝活!」講座はお仕事のある方でも出勤前に参加できる時間帯に設定し、肩肘をはらずに自然を楽しんでいただく目論見の講座です。今年度はこの先、9月30日に「朝活!きのこ観察」を開催しますので、ご興味のある方はどうぞお問い合わせください。

コメントする
(1) 2 3 4 »