富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
森林学習プログラム : 東大演習林の森づくりと銘木市
投稿日時: 2020-3-1 6:30:00 (235 ヒット)

2月29日の北海道新聞で富良野市にある東京大学北海道演習林の取り組みが紹介されました。この記事には富良野市博物館の取り組む森林学習プログラム(東大演習林をフィールドとして富良野市内の小中学生が森林の生態や森づくりを学ぶプログラム・研修を積んだ森林学習サポーターが指導する)とも深い関係のある内容を含んでいます。


※クリックすると全体が見れます。

昨年1月の森林学習サポーター研修会で私たちも同演習林の井口職員の案内のもとで銘木市を見学しました(末尾の「ふらの森の教室だよりNo.18」もご参照ください)。研修会は年間を通じて何度も開催しており、それまでは東大演習林の教員・職員から現地の森林の生態系やその森づくりのやり方を学ぶことが多いのですが、このときは切り出した木材がどうなるかという、普段の学習の先にあることを学ぶ内容でした。独特の熱気にあふれた会場の中、やはり私たちも東大演習林のマカバがとびぬけて高い値をつけていたのに、驚かされました。



この新聞記事ではマカバの売り上げが演習林の財政を支えていることに注目していますが、長年にわたる森づくりにかけた費用や人手、研究がこれを生み出したことは忘れてはいけません。費用対効果を考えれば、より短期的なスパンで植樹と皆伐を中心とした施業の方が成立しやすく、研究林としての側面があるからこそ、人手をかけた施業形態が(かろうじて)成立しているのでしょう。



さらに注目すべきことは、こういった施業が持続的な森林管理につながると共に、豊かな生態系の維持にも貢献していることです。施業方法をごく簡単に説明すると以下のようになります。
・演習林全体を「林分」という区に分ける。
・その年の施業することになっている区で、病気の木や大径木を切り出し、若木の成長を促進する。その基準は次のその区を施業する年(15〜20年後)には老齢で材としての価値が落ちているかどうか。(反対にいうと、材として最も価値があるタイミングで切り出す)
・中には一斉に皆伐して笹などを払った上で植林する区や、ほぼ手を付けない「保存林」とする区、それ以外の区も施業の間隔を15年・20年など森の状態に合わせて施業方針を設定する。更新方法も場所により、天然更新や植林、地がきの有無を使い分ける。

こういった取り組みの結果、持続的な森林が成立すると共に、多様な動植物が生息・生育するいわゆる「自然豊かな森」ができているのです。



基本的に東大演習林は一般の方の入林を制限してきましたが、これだけの森林の価値とその管理の難しさ(過去何度も甚大な被害を受けた山火事なども含む)を考えればもっともだと思います。それらの経緯を乗り越えて、現在「森林学習プログラム」への協力という形で、私有地である演習林の市民への開放を進めて進めていただいていることに感謝の念を禁じえません。

冒頭にお伝えしたように、マカバの値段は高いとはいえ、かけた労力からみれば決して大きなものではありませんが、それ以上に富良野の持続的で多様な動植物が生息する森に対する勲章なのだと思います。地域の住人の皆さんには、そんな森がこの地域にあることをぜひ誇ってほしいと思います。

コメントする
森林学習プログラム : 2020森林学習サポーター認定研修・研修生を募集します
投稿日時: 2020-2-7 19:20:00 (340 ヒット)

富良野市教育委員会では、東京大学北海道演習林の天然林と森林育成の取り組みを題材に、私たちの暮らしや郷土・富良野を再発見する活動「森林学習プログラム」を市内小中学校の児童・生徒を対象に学習活動を展開しています。

認定研修は、今年で3年目を迎えます。本年も子どもたちの学習活動を支援する「森林学習サポーター」を募集します。東京大学北海道演習林・神社山自然観察路(東山)のフィールドで一緒に活動してみませんか?

森林学習サポーターは、研修受講後、試験に合格した方が認定されます。令和2年度は市内の小中学校8校で実施し、サポーターはこのうち数校の活動に参加します。参加を希望される方は、添付PDFファイルの研修概要と下記をお読みになった上で、受講申込書に必要事項を記入し、生涯学習センターへ直接お届けください。

【森林学習サポーターの活動内容】
プログラムの学習指導と活動時の安全確認、フィールド整備協力、研修活動への参加など

【受講資格】
満18歳以上で児童生徒の野外活動を支援できる健康な方で、おおむね70歳くらいまでの方
*営利や当人の学習のみを目的とする方の参加はお断りさせていただきます。

【研修日】
。慣23日(木)、■儀14日(木)、6月4日(木)、10月22日(木)
*10月22日は試験日です。
*このほかに児童と活動するプログラム研修にも参加していただきます。
*詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

【申込み】
添付の受講申込書に必要事項をご記入の上、4月11日(土)までに生涯学習センターへお届けください。

【問合せ先】
富良野市生涯学習センター 0167−42−2407

【認定研修の概要】

http://furano.sub.jp/uploads/myalbum_img_m_samu/1021.gif[/img]

【申込書】

http://furano.sub.jp/uploads/myalbum_img_m_samu/1020.gif[/img]

コメントする
森林学習プログラム : 12/5 森林学習サポーター・スキルアップ研修会in旭川
投稿日時: 2019-12-6 10:50:00 (229 ヒット)
森林学習プログラム

12月5日(木)早朝に富良野を出発、旭川で森林学習サポーターのスキルアップ研修会を開催しました。

午前中は旭川市西神楽にある林産試験場(正式名称は独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場。長いですね。。。)を訪問。広報担当の阿部主査にとても分かりやすく、かつ詳細に解説とご案内をいただきました。林産試験場では木材・木製品の生産と流通の高度化のための研究開発や安全性・機能性向上の研究、森林バイオマス利用の推進研究、きのこの価値向上などに取り組んでいます。

阿部主査から、道内の木材資源と製材工業の課題をご説明いただいた後、こうした課題を解決するべく取り組んでいる具体的な研究成果の中から、木材乾燥技術の研究状況、外材に負けない強度の道産集成材や道産カンバ類の家具やバット、楽器類への新たな利用促進、付加価値おのあるきのこの生産技術、木質燃焼灰を用いた融雪剤の研究などをご紹介いただきました。



概要解説のあとは、研究・開発現場を見学。場内をぐ
るっと、たっぷり見学しました。






2時間超の研修の後、バスの中で昼食、近文へ移動し、午後からは川村カ子トアイヌ記念館で研修です。

川村カ子トアイヌ記念館では、主にアイヌ文化における木材をはじめとする植物利用について学びました。解説は川村兼一館長。はじめに、集会室で記念館の由来や当地区のアイヌのあゆみ、アイヌの木の文化などに関する館長の講話を拝聴しました。



さらに館内の民具資料などを見学。道具によって異なる木材の選択のあり方や加工技術なども解説いただきました。



今年は10月に東大演習林の造材現場で木材生産に関する研修を行ったので、今回は学習のつながりを考慮して、山からもたらされた木材のその先の利用について学ぶことにしました。午前は現在の木材利用とその課題や研究の取り組みを、また午後からは北海道の先住民族アイヌの木の文化を学習するとともに、過去と現在の木材利用の考え方の違いや北海道の自然環境の改変と木材利用の移り変わりを考える機会になりました。

*スキルアップ研修会は例年冬季に行っています。昨年は1月に旭川の銘木市を演習林職員さんの案内・解説により見学し、旭川デザインセンターで同散財を用いた家具生産の現状と家具材について学びました。

コメントする
森林学習プログラム : 10/6東京大学北海道演習林神社山自然観察路秋季一般公開
投稿日時: 2019-10-10 17:30:00 (310 ヒット)

秋が深まりつつある神社山自然観察路で恒例の秋季一般公開が東大演習林と富良野市の共催で行われました。

今年度から我らが「森林学習サポーター」がガイド役として登場。3つのグループを引率しながら、秋の自然観察を参加者と一緒に楽しみました。


















今回のテーマは「五感を通して楽しみ学ぶ秋の里山」。葉や樹皮に触れたり、樹液や枝のにおいを嗅いだり、木の実を味わい、野鳥の鳴き声に耳をすませ、自ら発見したものをじっくり観察し、と五感をフルに使って秋の森林を満喫。参加された方々からも好評でした。























普段は小中学生の学習サポートが主な任務ですが、初めて一般市民を案内し、サポーターは感動と課題の両方が得られたようです。伸びしろがまだまだあるサポーターの皆さんでした。また全体の企画運営・安全管理とサポーターのサポートをしてくれた演習林職員の皆さんに感謝します。


















来年度も森林学習サポーターの皆さんとチャレンジしたいと思います。

コメントする
森林学習プログラム : 2019森林学習サポーター認定研修受講者の募集
投稿日時: 2019-2-20 13:50:00 (202 ヒット)

富良野市教育委員会では、東京大学北海道演習林の天然林と森林育成の取り組みを題材に、私たちの暮らしや郷土・富良野を再発見する活動「森林学習プログラム」を市内小中学校の児童・生徒を対象に学習活動を展開しています。

認定研修制度は昨年からスタートし、今年で2年目を迎えます。本年も子どもたちの学習活動を支援する「森林学習サポーター」を募集します。東京大学北海道演習林・神社山自然観察路(東山)のフィールドで一緒に活動してみませんか?

森林学習サポーターは、研修受講後、試験に合格した方が認定されます。平成31年度の森林学習プログラムは市内の小中学校8校で実施し、サポーターはこのうち数校の活動に参加します。参加を希望される方は、添付PDFファイルの研修概要と下記をお読みになった上で、受講申込書に必要事項を記入し、生涯学習センターへ直接お届けください。

【森林学習サポーターの活動内容】
プログラムの学習指導と活動時の安全確認、フィールド整備協力、研修活動への参加など

【受講資格】
満18歳以上で児童生徒の野外活動を支援できる健康な方で、おおむね70歳くらいまでの方
*営利や当人の学習のみを目的とする方の参加はお断りさせていただきます。

【研修日】
。慣25日(木)、■儀17日(金)、5月30日(木)、6月1日(土)、ィ祁18日(木)
*7月18日は試験日です。
*このほかに児童と活動するプログラム研修にも参加していただきます。
*詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

【申込み】
添付の受講申込書に必要事項をご記入の上、4月13日(土)までに生涯学習センターへお届けください。

【問合せ先】
富良野市生涯学習センター 0167−42−2407
*なおこの情報は2月28日発行予定の「広報ふらの3月号」にも掲載されております。



【認定研修の概要】






【認定研修申込書】

コメントする
森林学習プログラム : 富良野市森林学習サポーター認定研修の受講者募集
投稿日時: 2018-3-7 9:10:00 (261 ヒット)

富良野市教育委員会では、地域の身近な森林・樹木・林業・木材に関して理解を深めていくことを目的として、東京大学北海道演習林の天然林と森林育成の取り組みを題材に、私たちの暮らしや郷土・富良野を再発見する活動「森林学習プログラム」を市内小中学校の児童・生徒を対象に学習活動を展開しています。

本年4月から子どもたちの学習活動を支援する「森林学習サポーター」をあらためて募集します。東京大学北海道演習林・神社山自然観察路(東山)のフィールドで一緒に活動してみませんか?

森林学習サポーターは、研修受講後、試験に合格した方が認定されます。平成30年度には森林学習プログラムは市内7校で実施し、各サポーターはこのうち数校の活動に参加します。参加を希望される方は、添付PDFファイルの研修概要と下記をお読みになった上で、受講申込書に必要事項を記入し、生涯学習センターへ直接お届けください。

【森林学習サポーターの活動内容】
プログラムの学習指導と活動時の安全確認、フィールド整備協力、研修活動への参加など

【受講資格】
満18歳以上で児童生徒の野外活動を支援できる健康な方
*営利や当人の学習のみを目的とする方の参加はお断りさせていただきます。

【研修日】
。慣26日(木)、■儀17日(木)、5月31日(木)、6月7日(木)
*6月7日は試験日です。
*このほかに児童と活動するプログラム研修にも参加していただきます。
*詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

【申込み】
添付の受講申込書に必要事項をご記入の上、4月14日(土)までに生涯学習センターへお届けください。

【問合せ先】
富良野市生涯学習センター 0167−42−2407
*なおこの情報は3月15日発行予定の「広報ふらの3月号お知らせ版」にも掲載されております。

↓2018研修概要








↓2018受講申込書

コメントする