:: facebook
:: YouTube
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
下富良野官設駅逓
  • 下富良野官設駅逓
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    鳥沼公園
  • 鳥沼公園
  • :: トップページへのリンク
    RSS送信
    (1) 2 3 4 »
    森林学習プログラム : 9/26 樹海学校7・8年生の森林学習プログラム
    投稿日時: 2023-9-26 19:10:00 (176 ヒット)

    9月26日に樹海学校7・8年生の森林学習プログラムを東京大学北海道演習林の神社山自然観察路で実施しました。

    今回の授業は、北海道教育大学旭川校理科教育教室4年生の清水将さんが担当し、7・8年生5名が参加。清水さんのアイディアを盛り込み、当センタースタッフと一緒に考えたプログラムに挑戦してもらいました。

    事前学習は清水さんがPCを用いて解説。東京大学北海道演習林の天然林の特徴についてお話しした後、プログラム内容とワークシート、注意事項を説明しました。移動のバスの中では、老節布地区の入口付近に広がるストローブマツの人工林を観察し、これから散策する天然林との違いについて学習しました。





    林内では「Mission In Forest」と題したミッションシートに記載の課題をクリアしながら、サポーターと一緒に散策。例えば、「キタコブシの枝の匂いを嗅いでみよう」「シダ植物を探して観察しよう」といった具合。散策の途中では、針葉樹択伐林、広葉樹択伐林、再生林を観察してそれぞれの特徴を学習しました。





    また樹種によって材質が異なることを体感できるように、10種程度の板を持ち比べ、さらに叩いて比重や硬度の違いを学びました。この場所で上を見上げるとコクワの実がたわわになっているのを発見。拾い集めて試食もし、「甘い〜!」と歓声が上がっていました。一方、ゴール手前ではニガキの枝もかじって、苦さも体感。五感をたくさん使って樹木や森林に親しみました。ゴールの東屋に到着後、感想を発表し合い帰路に着きました。











    樹海学校の児童・生徒は、3・4年生のときに年2回、7・8年生でも年2回神社山で体験活動を行うので、在学中に東京大学北海道演習林の森林散策を8回も体験します。樹種もかなり覚え、記憶に残る体験活動になっていることが感じられました。森林学習の前後にアンケートを行い、この活動の効果について評価を行う予定です。

    次回は今シーズン最後の森林学習。樹海学校3・4年生の秋の森林学習です。夏に行ったときの森林とどう違うか、たくさん発見してくれることでしょう。

    コメントする
    森林学習プログラム : 2023・森林学習サポーター認定研修(サポーター募集)
    投稿日時: 2023-3-1 10:00:00 (238 ヒット)

    小中学生の学習活動を支援する2023年度の新規「森林学習サポーター」を募集します。東大演習林・神社山自然観察路や鳥沼公園のフィールドで一緒に活動しませんか。

    3回の認定研修を受講し、認定試験に合格した方が「森林学習サポーター」として活動することが出来ます。2023年度は小中7校で実施します。研修概要は次のとおりです。詳細は別途お問い合せください。

    ■募集人数 5名程度(多数の場合、5名を抽選)
    ■活動内容 プログラムの学習指導と活動時の安全確認、フィールド整備協力、研修活動への参加など
    ■研 修 日 4/27(木)、5/25(木)、6/1(木)、10/27(金)
    ※この他、プログラム研修(6〜10月実施)2校分も参加いただきます。10/27は試験予定日です。
    ■研修内容 コミュニケーション研修、リスクマネジメント研修、救命救急講習、森林研修(座学・野外)、プログラム研修
    ※その他スキルアップのための学習会等あり。
    ■要  件 満18歳以上で児童・生徒の野外活動を支援できる健康で体力に自信のある概ね70歳くらいまでの方
    ※営利や当人の学習のみを目的とした研修参加はお断りさせていただきます
    ■申 込 み 受講申込書(添付のPDFファイル)に必要事項を記入の上、生涯学習センター窓口へ直接お届けください。

    ↓受講申込書は、こちらのPDFファイルをダウンロードしてお使いください。

    コメントする
    森林学習プログラム : 2022森林学習サポーターの新規認定!!
    投稿日時: 2022-12-23 14:10:00 (211 ヒット)

    4月末からスタートした森林学習サポーター認定研修。今年は6名の方が参加し、次の講習と試験にチャレンジしました。

    4/23 オリエンテーション
         コミュニケーション研修(講師:ふらの演劇工場・太田工場長)

    続き... | 残り1796バイト | コメントする
    森林学習プログラム : ふらの森の教室だよりNo.26発行〜森林学習プログラム推進事業〜
    投稿日時: 2022-12-23 13:30:00 (251 ヒット)

    ふらの森の教室だよりNo.26を発行しました。



    今回は、市内小中学校の子どもたちが参加した2022シーズン森林学習の様子を紹介します。今年は小学校8校、中学校1校、208名の児童・生徒が参加、富良野の森を五感で体感し、たくさんの発見をしました。

    取り組み前には先生たちと打合せを何度か行うのですが、お互いアイディアを出し合い、まとめの活動では各学校それぞれの工夫もみられるようになってきました。また子どもたちには、一人一台ずつiPadが配布されているので、ICT教育の一環として、こうしたタブレットを積極的に使用する学校も増えつつあります。

    来年度の森林学習が今から楽しみですね♪

    コメントする
    森林学習プログラム : 神社山自然観察路一般公開で自然ガイドに挑戦
    投稿日時: 2022-6-7 20:15:14 (231 ヒット)

    6月5日(日)に東京大学北海道演習林と富良野市の共催で、神社山自然観察路一般公開が開催され、森林学習サポーターの5名が自然ガイドに挑戦しました。

    10時に旧樹海中学校をスタートし、尾根筋に広がる山火事跡(明治期)の林を登坂しながら、自然観察はスタート。ここはシラカンバやウダイカンバが見られ、2種の見分け方などをレクチャー。キタコブシの葉や枝の柑橘類のような爽やかな匂いを嗅ぎ、柔らかい毛が無数にあるアサダの葉のもふもふとした手触りに癒されました。


    観察路の途中から、健脚コースとまったりコースに分かれ、健脚コースは針葉樹のトドマツが優占する林をさらに登坂、まったりコースの皆さんは傾斜の緩やかな林道をゆっくり歩きながら、「これはなんだ?」「これはあれじゃないか」などと図鑑を片手に議論しながらわいわい進みました。健脚コースでは、エゾライチョウの親子にばったり遭遇!!逃げ飛ぶ親鳥を追って、8羽ほどの雛鳥が斜面を逃げ下る様子は可哀想ではありましたが、とても可愛らしく、私たちにとってはとてもラッキーな(エゾライチョウにはアンラッキーですが)思い出に残る出会いになりました(夢中になりすぎて画像がありません。。。)。



    12時に各自持参したお弁当で昼食休憩を取った後、胸高直径が120僂鯆兇┐襯潺坤淵蕕梁臾擇某┐譴討ました。みなさん、「これはすごい」と驚嘆。ミズナラは経験的に胸高直径が70僂鯆兇┐襪汎睇瑤防紊譴入っていることが多いのだそうで、おそらく伐倒しても樹齢を正確に数えることはできないだろうとのことでした。

    神社山のもう一つの見どころは、なんといっても東屋からの眺望です!1週間前の予報では、天候が危ぶまれましたが、一転して散策日和となり、夕張山地と農村景観の絶景を眺望することもできました。なんてラッキーな1日。。。





    演習林の職員さんにたくさん助けていただき、サポーターも大変勉強になった1日になりました。次に出会うお客様に学んだこと、体験したことを伝えていきたいですね。

    コメントする
    森林学習プログラム : 森林学習サポーター認定研修実施中!
    投稿日時: 2022-6-7 19:00:00 (401 ヒット)

    ただいま、2022年の森林学習サポーター認定研修を実施中です。

    初日の4月28日にはオリエンテーリングで取り組みの内容などを説明した後、富良野演劇工場の大田工場長による「コミュニケーション研修」を実施しました。初めまして!の人がほとんどでしたが、グループに分かれて、和気あいあいとゲーム形式の研修で楽しみながらコミュニケーションを深めました。



    2日目の5月13日は午前午後とも安全管理を目的とした研修で、午前はどんころ野外学校・新野和也講師の「リスクマネジメント研修」、午後は富良野消防署の「普通救急講習」を同山部出張所にお邪魔して受講しました。楽しく活動するためには準備や予測が大切。1日かけて、その大切さを、学びました。







    最終日は、午前に東京大学北海道演習林の鈴木助教による座学を同演習林事務所で、また野外研修を東山地区に位置する神社山自然観察路で実施しました。午前は樹木の構造と分布、植生帯と環境、天然林の動きと構造、森林の機能と生態系サービス、天然林の木材生産等について解説いただき、富良野地方の樹木と針広混交林の特徴や北海道演習林が取り組む林分施業法による森づくりについて学びました。




    午後は、午前で学んだことを実際に現場で観察し、樹木と森林の構造、樹種ごとの特徴などについて振り返りました。胸高直径が1.2mを超えるミズナラの大木をはじめ、多種の樹木に触れ、においを嗅ぎ、五感で体感してきました。ちょうど春から初夏に移行する草花のシーズンでもあり、マイヅルソウやコンロンソウ、ズダヤクシュ、サイハイランなどの草花も楽しむことができました。


























    今後、研修生は市内小中学校の森林学習に参加体験し、子どもたちと一緒に森の中で活動の予定です。

    コメントする
    森林学習プログラム : 森林学習プログラム推進事業の記事(2022年度4-5月分 公式FBページ掲載分)
    投稿日時: 2022-5-30 0:00:00 (220 ヒット)

     お知らせの内容によってはホームページではなくフェイスブックページのみで掲載することがあります。ここでは2022年度4-5月頃の森林学習プログラムの活動の記事をリンクて紹介します。

    ◆4/28 2022年森林学習サポーター認定研修スタート
    ◆5/24 各小学校の学習の準備ミーティング
    ◆5/24 森林学習サポーターが協力する東大演習林公開セミナー(6/5)の下見


    コメントする
    森林学習プログラム : 2022年度森林学習サポーター認定研修のお知らせ
    投稿日時: 2022-3-15 17:16:11 (721 ヒット)

    小中学生の学習活動を支援する「森林学習サポーター」を2022年度も募集しています。東大演習林・神社山自然観察路(東山)のフィールドを中心に一緒に活動しませんか。

    3回の認定研修を受講し、認定試験に合格した方が「森林学習サポーター」として活動することが出来ます。令和4年度は小中8校で実施します。研修概要は次のとおりです。詳細は別途お問い合せください。

    ■募集人数 5名程度(多数の場合、5名を抽選)
    ■活動内容 プログラムの学習指導と活動時の安全確認、フィールド整備協力、研修活動への参加など
    ■研 修 日 4/28(木)、5/13(金)、5/27(金)、10/27(木)
    ※この他、プログラム研修(6〜10月実施)2校分も参加いただきます。10/27は試験予定日です。
    ■研修内容 コミュニケーション研修、リスクマネジメント研修、救命救急講習、森林研修(座学・野外)、プログラム研修
    ※その他スキルアップのための学習会等あり。
    ■要  件 満18歳以上で児童・生徒の野外活動を支援できる健康で体力に自信のある概ね70歳くらいまでの方
    ※営利や当人の学習のみを目的とした研修参加はお断りさせていただきます
    ■申 込 み 受講申込書(添付のPDFファイル)に必要事項を記入の上、生涯学習センター窓口へ直接お届けください。

    ↓受講申込書は、こちらのPDFファイルをダウンロードしてお使いください。


    ↓森林学習サポーターの募集チラシです

    コメントする
    森林学習プログラム : ふらの森の教室だよりNo.25を発行しました。
    投稿日時: 2022-1-18 10:00:00 (328 ヒット)

    今年度もコロナ禍に見舞われた中の取り組みでしたが、昨年度と違い全校実施できたこと、鳥沼公園をフィールドとしたプログラムを行えたことに、担当者が手ごたえを感じていることが伝わります。

    No.25(PDFファイル)←より精細な画質で閲覧できます。

    コロナ対策から生まれた取り組みが様々ですが、コロナ禍が済んだ後も活かされていきそうです。
    *森林学習プログラム推進事業は、公益財団法人北海道市町村振興協会(サマージャンボ宝くじの収益金)の助成を受けて実施しています。

    ふらの森の教室だよりのバックナンバーはコチラをクリックください。

    2021年3月に発行したNo.24もご覧ください。

    コメントする
    森林学習プログラム : 10/14 公財)北海道市町村振興協会の先進事例研修会
    投稿日時: 2021-11-3 13:00:00 (134 ヒット)

    本市の森林学習プログラム推進事業に対してご支援いただいているに北海道市町村振興協会様の先進事例研修を10月14日に受け入れさせてもらいました。

    道内各地から若手の市町村職員13名の方々が参加され、午前中tに生涯学習センターと川松沢で研修を行いました。はじめに生涯学習センターで森林学習プログラム推進事業の概要や課題などを40分ほどかけて澤田が説明、その後、大型バスで移動し、フィールドとして活用させていただいている神社山自然観察路の森林を車中から見学しました。また川松沢では、車道付近の森林で五感を使って樹木に触れ、森林学習プログラムの一端を体験してもたいました。



    続き... | 残り1245バイト | コメントする
    (1) 2 3 4 »