富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
(1) 2 3 4 »
展示会案内 : 旭川美術館に当館の絵画作品を貸し出ししています。
投稿日時: 2019-11-30 19:08:13 (107 ヒット)

11月30日より道立旭川美術館で展覧会「七彩の美〜旭川ゆかりの画家たち〜」がはじまっています。



当館から小野州一氏の絵画「美馬牛峠」「グレイのアトリエ」をお出ししていることから、この日、富良野市教育委員会の近内栄一教育長もテープカットさせていただきました。旭川画壇の創世記に活躍した油彩画家高橋北修、旭川の風景を描き続けた水彩画家佐藤進など7人の作品が彩る作品展となっていますので、ご興味のある方はぜひご観覧ください。


なお、その準備として11月22日に旭川美術館の関口学芸員が(株)日通の輸送スタッフと共に当館に来館し、絵画を運び出しました。


絵画の状態を表・裏・額縁に至るまで確認して、専用の記載シートに書き入れ、その後、輸送スタッフが薄葉紙やクラフト紙・エアキャップ(いわゆるプチプチ)などを用いて丁寧に梱包していきます。美術品の輸送は専門のスキルを持った輸送業者の作業員の方が行うのですが、自前で資料を輸送する際の参考になるため興味深く見学させていただきました。




梱包された作品は、エアーサスペンションや空調が完備された美術品専用車に積み込まれ、旭川美術館に運ばれて行きました。小野先生の絵が多くの方に親しんで見てもらえるよう願いながらお見送りしました。


この展覧会は3月15日までの開催で、その後同じような梱包作業を経て、当館に返送される予定です。

コメントする
展示会案内 : 11/1-9イマイカツミの「絵画で楽しむ 富良野の歴史的建造物展」
投稿日時: 2019-11-1 11:40:00 (252 ヒット)

富良野市内に現存する歴史的建造物をモチーフに描いた小さな絵画作品展を開催します。作者は北海道新聞社の夕刊コラムでおなじみ、半農半画家のイマイカツミさん。イマイさんの柔らかくて温かみのあるタッチで描かれた水彩画11点を展示します。ぜひご観覧ください。

★日時:11月1日(金)〜9日(土)9:00〜17:00

★会場:生涯学習センター2階常設展示室内

*この展示会は「文化財保護強調週間」に合わせて実施する事業です。

チラシはこちら↓

コメントする
展示会案内 : 第37回 特別展「森を支えるきのこ」
投稿日時: 2019-8-4 9:50:00 (407 ヒット)

第37回 特別展「森を支えるきのこ」を開催しています。

多くの方が知っているようで知らない「きのこ」。きのこといえば「植物でも動物でもないちょっとかわった生き物」くらいのイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実はきのこ(菌類)は、これらなしには地球の自然環境は全くなりたたないといっていいくらい重要な役割を担っています。
本展は、そんなきのこが森を支える仕組みを数多くの実物標本や本格的なジオラマを使ってお伝えします。どうぞご来場ください。



★会期 令和元年8月3日(土)〜9月22日(日)
    *開館時間:午前9時〜午後5時
    *休 館 日:月曜日
★会場 富良野市生涯学習センター 2階展示ホール
★観覧 無料
☆本展は士別市立博物館との合同展です。9月28日(土)からは士別市立博物館に場所を変えて開催します。

続き... | 残り3473バイト | コメントする
展示会案内 : 富良野アートギャラリー絵画展「2019 C0LLECTION GALLERY」
投稿日時: 2019-4-30 21:00:00 (106 ヒット)

富良野ゆかりの洋画家・小野州一らの絵画を展示します。また今尾景祥作の六曲屏風一双「老松群禽図」も展示します。ぜひご高覧ください。
  
■会  期  4月27日(土)〜6月2日(日)
■会  場  生涯学習センター2階多目的ホール
■開館時間  午前9時〜午後5時
■休 館 日  毎週月曜日
■観 覧 料  無料

チラシはこちらから↓

コメントする
展示会案内 : 第34回 特別展「透明標本と骨格標本の世界」
投稿日時: 2018-7-12 22:28:52 (767 ヒット)

第34回 特別展「透明標本と骨格標本の世界」を開催します。

骨格の発達やその形態に関する研究を大きく前進させた技術の結晶「透明標本」。本展では魚類、ほ乳類など様々な動物の透明標本を中心に、骨格標本やその他の博物館の収集した生物資料を展示します。幻想的な姿を楽しみながら、動物の身体の不思議を感じてください。

★会期 平成30年7月14日(土)〜9月9日(日)
    *開館時間:午前9時〜午後5時
    *休 館 日:月曜日
★会場 富良野市生涯学習センター 2階展示ホール
★観覧 無料

続き... | 残り1056バイト | コメントする
展示会案内 : 北海道命名150年記念企画展「松浦武四郎の十勝越えを歩く会2018成果展」
投稿日時: 2018-6-7 11:08:31 (334 ヒット)

松浦武四郎が安政5年(1858)旧暦3月に蝦夷地調査で訪れた十勝越えのルートを、武四郎の記録やアイヌ語地名を検証しながら実際に辿り、検証する会を今春開催しました。延べ100名もの参加・協力者により、旭川市神居古潭から美瑛・富良野地方に至り、富良野岳と前富良野岳の鞍部「ルウチシ」を越えて、新得町に至る全行程約130劼鯑破した記録と調査の結果を地図や写真などにより紹介します。

■会期 6月16日(土)〜7月1日(日
■会場 生涯学習センター1階ロビー
■観覧時間  午前9時〜午後9時
■休 館 日  毎週月曜日
■観 覧 料  無料

企画展のチラシはこちら↓

コメントする
展示会案内 : 【AR動画】展示に関連する映像が携帯端末(スマートフォンなど)で見られます。
投稿日時: 2018-2-1 18:00:00 (437 ヒット)

富良野市博物館では、2018年1月より市内の事業所Afitさんのご協力で、展示物にスマートフォンなどを向けると、関連する映像が見られるようになりました。これらの映像には、個人で撮影したものをご寄贈いただくなどして収集された地域ゆかりの貴重な資料も含まれています。



例えば(案内表示にしたがって、専用のアプリをダウンロードした上で)昔の農作業道具のコーナー(1階)の「稲刈り(はさ架け)の写真」をスキャンすると
  
ダウンロードがはじまり、昭和期の稲作の刈り取りのようすを撮影した映像が見られます。写真パネルがテレビの画面になっているかのように見えます。

続き... | 残り2496バイト | コメントする
展示会案内 : 富良野アートギャラリー2017 COLLECTIN GALLERY(〜3/4)
投稿日時: 2017-11-17 17:40:00 (282 ヒット)

富良野ゆかりの洋画家・盛本学史が描いた連作・大作絵画を中心とし、長さ15m超の作品「山部人間のウタ」、21点で構成される「21頭のケケッロ」、ポスターに使用した「海の花」の2連作などを展示します。ぜひご高覧ください。

★会期:平成29年11月11日(土)〜平成30年3月4日(日)9:00から17:00
    *休館日:毎週月曜日、平成29年12月31日〜平成30年1月5日
★会場:富良野市生涯学習センター2階展示ホール
★観覧:無料












































コメントする
展示会案内 : 巡回展「道北の文学者たち」(〜12/17)
投稿日時: 2017-11-17 17:10:00 (216 ヒット)

道北地域ゆかりの文学者・小熊秀雄、小田観蛍、三浦綾子らの詩人・作家とその作品を紹介する道北地区博物館等連絡協議会主催のミニ巡回展です。富良野会場では、歌人・小田観蛍を中心にご紹介します。

★日時:平成29年11月11日(土)〜12月17日(日) 9:00〜17:00
★会場:富良野市生涯学習センター1階ロビー
★観覧:無料
★主催:道北地区博物館等連絡協議会、富良野市博物館


コメントする
展示会案内 : 特別展「シマフクロウの聲がきこえる。」
投稿日時: 2017-7-21 17:22:42 (413 ヒット)

第32回 特別展「シマフクロウの聲がきこえる。」を開催します。

写真家・田中博が追い求めた世界最大級のフクロウの写真展。
シマフクロウと息づかいを合わせるように撮影された25点の写真には、ありのままの姿を撮りたいという思いと、自然への畏敬の念がこめられています。ぜひご来場ください。

★会期 平成29年7月22日(土)〜同年9月24日(日)
    *開館時間:午前9時〜午後5時
    *休 館 日:月曜日
★会場 富良野市生涯学習センター 2階展示ホール
★観覧 無料

続き... | 残り654バイト | コメントする
(1) 2 3 4 »