富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
« 1 2 3 (4) 5 »
展示会 : 10/5-1/12 盛本学史展〜ブリーフ戦士と文学的幻想絵画〜
投稿日時: 2013-9-7 15:50:00 (834 ヒット)

富良野ゆかりの洋画家・盛本学史の幻想的かつ物語性豊かな絵画約20点を展示します。本展では、盛本の幻想的な作品に登場するキャラクターの中でも存在感があり、なおかつ人気の高い「ブリーフ戦士」とそれにまつわる作品群によって構成しています。変幻自在の画家・盛本学史の幻想世界をご堪能ください。

★と き  平成25年10月5日(土)〜26年1月12日(日)
★ところ  生涯学習センター2階展示ホール
★観覧料 無料

チラシはPDFファイルでご覧ください↓





展示作品をいくつか紹介します。























「惑星ブリーフ」2011年 F10号


































「2丁目の森」2010年 F100号

コメントする
展示会 : 9/7-9/29 ふらの町なみ写真展開催
投稿日時: 2013-9-5 9:41:46 (545 ヒット)

開庁110周年記念・富良野市博物館特別展「ふらの町なみ写真展」


★と き  9月7日(土)〜9月29日(日)
       *開館時間 :9:00〜17:00、休館日: 毎週月曜日

★ところ  生涯学習センター2階展示ホール

★内 容
開庁110周年を記念して、昭和20〜40年代の富良野の町なみや当時の生活風景を記録した写真展を開催します。近年、市民から寄贈された未公開写真を展示します。懐かしい風景とともに、当時の記憶や大切な思い出が鮮明に蘇ることでしょう。ご家族、ご友人とともにぜひご観覧ください。

★観覧料 無料

*10月6日(日)〜20日(日)の期間、「ふらっと」1階地域交流ホールにて本展の一部を展示する移動展も開催します。


チラシはこちら↓

コメントする
展示会 : 6/22〜 中島宏章写真展「黄昏ドラマチック」
投稿日時: 2013-5-25 10:30:00 (1597 ヒット)

2010年に田淵行男賞を受賞した気鋭の動物写真家中島宏章氏の写真展。大胆なデザイン空間の中で。コウモリに魅せられた中島氏の写真世界を37点の写真と文章により紹介します。コウモリに出会ったときの面白さ、不思議さを会場で体感ください

★会期 2013年6月22日(土)〜8月18日(日)
    9:00〜17:00
★会場 富良野市生涯学習センター2階展示ホール
★観覧 無料
★休館 毎週月曜日

*6/29、30はふらのクリエイターズマーケットが開催されるため、駐車場が大変混雑します。ご来場の方には大変ご不便をおかけしますが、駐車場案内者の誘導にしたがって駐車ください。

中島宏章さんのホームページ、ブログはこちら↓
http://battrip.com/














































本展のコウモリ型DM。全部で6種類あります。近隣の主要な道の駅、博物館、図書館(札幌、旭川市内の図書館)、市内公共施設、観光施設などに配布しております。なお部数には限りがあります。

コメントする
展示会 : 4/13-6/9開催 富良野アートギャラリー作品展「人+展」
投稿日時: 2013-3-29 11:00:00 (610 ヒット)

人、ひと、ヒトづくしの会場の中で、作品を見る側の私たちが、いつの間にか作品に見られていると感じたとき、私たち「人」はどのように「人」を見つめ直すのでしょうか。
 人+展では「人」をモチーフにした作品約50点を前期(4/13〜5/5)後期(5/9〜6/9)の2期に分け、作品を入替えて展示します。
作品は、富良野ゆかりの作家・小野州一、矢田博次、山谷圭司、盛本学史による油彩、水彩、版画、彫刻など多様な人物作品で構成します。ぜひご高覧ください。

○会 期 平成25年4月13日(土)〜6月9日(日)
      *前期展示:4月13日(土)〜5月5日(日)
      *後期展示:5月9日(木)〜6月9日(日)
      *休館日:毎週月曜日 また5/6-5/8は展示作品入替のため臨時休館
○会 場 富良野市生涯学習センター2階
○観覧料 無料
○チラシ こちらのPDFファイルをダウンロードください。

コメントする
展示会 : 特別展「国境の島・樺太展」
投稿日時: 2012-9-4 18:14:45 (1207 ヒット)

戦前、日本の領有下にあった南樺太の自然、文化、産業、民族を当時の絵葉書や写真パネル、樺太日露国境標石(レプリカ)などを通して紹介します。戦前に写し出された様々な樺太の姿から、望郷の島・樺太のあゆみについて日露両大国の対立に翻弄された民衆の歴史について学んでみませんか。

○主  催 富良野市教育委員会・道北地区博物館等連絡協議会
○協  力 旭川市博物館・社団法人全国樺太連盟北海道支部連合会
○展示期間 平成24年9月15日〜10月14日まで
        午前9:00〜午後5:00 *休館日:月曜
○観 覧 料 無料
○展示資料 南樺太の自然環境、動植物、産業、民族、町並み、建物、文化、風俗などを写した戦前日本領時代の絵葉書200点(写真絵葉書)を中心に、樺太アイヌの民具(皿や匙など)、日露国境標石のレプリカ、ウミガラスの剥製などを展示します。また、戦時下の樺太について取材した記録ビデオ「海外引揚者の証言 悲劇と労苦の地・樺太」(上映時間30分)も展示室内で上映します。

チラシはこちらから↓

コメントする
展示会 : 公募写真展「北海道・人とかかわる自然のすがた」
投稿日時: 2012-7-4 8:50:00 (620 ヒット)

道内の身近な自然環境や生き物たちのありのままの姿を写し出したデジタル写真を一般公募、人がかかわる自然の姿を見つめる写真展を開催します。

寄せられた作品は、富良野地域で撮影されたものを中心に80点を超えました。

人家や車道を利用するキツネやタヌキの姿。山岳や清流といった人々に癒しを与えてくれる景観。駆除しても増える外来植物、増えるエゾシカや動物の事故死など、社会問題にも発展しています。

自然が遠くにあっても近くにあっても、必ずどこかで私たちは自然とかかわっています。そのかかわりの数にいくつ気が付けるでしょうか。

★会 期  7月21日(土)〜8月26日(日)
★会 場  富良野市生涯学習センター2階展示ホール
★観覧料  無料


チラシはこちら↓

コメントする
展示会 : 富良野アートギャラリー「花との時間」展
投稿日時: 2012-3-28 9:50:00 (795 ヒット)

◆会期:平成24年4月28日(土)〜7月8日(日)
    6月上旬に作品を大幅に入れ替えます。
    前期展示:4/28-6/3、後期展示:6/7-7/8
   *開館時間:9:00〜17:00
    休館:毎週月曜日、6/5・6/6

◆会場:生涯学習センター2階 富良野アートギャラリー 

◆観覧:無料

 雪が解け、富良野にも美しい花々が咲き誇る季節が訪れました。本展では、花を愛でる富良野ゆかりの二人の画家<小野州一>と<盛本学史>の作品約20点を展示します。
 人は、時に花を愛おしみ、時に花に癒され、時に花を贈りたいと思います。そのような花に託す「人の心」を作品から感じつつ、満開の花々で満たされた幸福な空間をお楽しみ下さい。
 本展は前・後期の二期に分けて作品の入替えをします。前期(4/28〜6/3)は、小野州一の油彩画と盛本学史の「楽園」シリーズを中心に、また後期(6/7〜7/8)は両氏による様々な「花」を展示します。ぜひご高覧ください。

チラシはこちら↓

コメントする
展示会 : 2012富良野アートギャラリーの年間スケジュール
投稿日時: 2012-3-28 8:50:00 (572 ヒット)

2012年に開催する富良野アートギャラリー、富良野市博物館の展示事業についてお知らせします。スケジュールは次のPDFファイルをご覧ください。

内容:”拯斌逎◆璽肇ャラリー作品展、富良野市博物館特別展のご案内
   ▲◆璽塙嶌臓屮◆璽箸魍擇靴發Α」のご案内

年間スケジュールはこちら↓

コメントする
展示会 : 写真を募集しています! 写真展「北海道・人とかかわる自然の姿」
投稿日時: 2012-3-7 9:30:00 (1035 ヒット)

 







































私たちの身近に存在する北海道の自然は、明治・大正期以降の大規模な開拓、戦後復興以後の経済発展、グローバル化、ライフスタイルの変化などに伴う様々な人為的影響により、たった100数十年という短期間のうちに大きく変容・喪失してしまいました。私たちの眼前にある自然環境や生き物たちの多くはおよそ本来の姿を留めない「異形の姿」なのかもしれませんが、私たちにとってはすでに懐かしさを感じるほど見慣れた風景となっています。
 身近な自然を見つめ直し、私たち人間と自然との関わり方をあらためて考えることを目的に、道内の自然環境や生き物たちのありのままの姿を写し出した写真を一般公募し、写真展を開催します。みなさまのご応募をお待ちしております。

★応募期間 2012年(平成24)3月15日〜6月15日

★応募方法 別紙チラシをご覧の上、ご応募ください

★応募作品 5作品/名(コメント付)
 *社会的に議論されている話題には、農業・漁業被害、野生動物の交通事故死、人工物で営巣する野鳥やバードストライク、野生動物への餌やり、外来植物の繁茂による在来植物の駆逐などがあります。一方、身近な地域の何気ない風景などもコメントをつけてお寄せください。なお、詳細は別紙チラシをご覧ください。

★展示期間 2012年7月21日(土)〜8月26日(日)

★展示会場 富良野市生涯学習センター

★お問い合わせ先
 富良野市生涯学習センター博物館係 0167-42-2407
 *ナキウサギの泣く里づくりプロジェクト協議会事務局

★応募フォーム ダウンロードしてご使用ください
PDF→
word→





チラシ表↓

チラシ裏↓

コメントする
展示会 : 「ナキウサギと12人の子どもたちの手紙展」開催のお知らせ
投稿日時: 2010-11-24 12:40:00 (1164 ヒット)

今夏、北海道教育大学釧路校・講師 富田俊明先生及び同大学岩見沢校の美術専攻学生を講師に迎え、山部小学校3年生12人を対象に富良野地域の自然環境とそこで育まれる多くの生命について学ぶことを目的としたワークショップを実施しました。ワークショップでは、十勝岳望岳台におけるナキウサギ観察会、ナキウサギマップの作成、ナキウサギへの手紙づくりなどに取り組みました。12人の子どもたちの豊かな発想や表現力に驚き、また生命について語る子どもたちの声を聞き、子どもたちとともに富良野の自然を学ぶワークショップとなりました。
本展はワークショップの成果展と位置づけ、子どもたちの豊かな発想
力や感受性によって作成された作品等を展示するものです。子どもたち
が感じたナキウサギと自然環境に対する想いを多くの市民と共有したい
と願っています。

1.と  き 平成22年11月27日〜12月5日(日) *月曜休館
       開館時間:10:00〜17:00
2.と こ ろ 市立富良野図書館2階ホール(富良野市若松町5−10)
3.観 覧 料 無料
4.主  催 富良野市生涯学習センター、ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
5.協  力  花王・コミュニティミュージアム・プログラム、地球環境基金、富良野市立山部小学校、北海道教育大学釧路校芸術グループ講師 富田俊明、北海道教育大学岩見沢校芸術課程美術コース 秋元さなえ・井上愛美・落井美紗子・中村絵美・森本めぐみ(敬称略)

会場の様子は「ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会」のHPをご覧ください→http://www.nakiusagi.org/modules/news/details.php?bid=10

チラシはこちら↓



コメントする
« 1 2 3 (4) 5 »