:: トップページへのリンク
:: 開館日·時間

↑画像クリックで詳細記事に移動
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
帝国製麻株式会社富良野製線工場跡
  • 帝国製麻株式会社富良野製線工場跡
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • 読みもの・コラム : コラム:博物館の昔のどうぐ『徳利・酢瓶』
    投稿日時: 2021-7-1 15:00:00 (61 ヒット)

    (4)徳利・酢瓶

     一升徳利・二升徳利・酢瓶など、数多く寄贈されています。昔は量り売りだったので、瓶をもって買いに行くものでした。徳利と言えば、ネクタイをまいた酔っぱらいのおじさんが、千鳥足になって歩いている漫画を一番に思い出してしまいます。(後に考えると、記憶違いでしたが・・・)そんな事を思いながら、登録作業を進めました。味のある徳利ばかりで、現代でも使えるような品物です。


    左から 収蔵資料番号「生活117」「生活118」「生活120」「生活121」「生活138」

     徳利・酢瓶は「収蔵展示コーナー」(2階)などに展示されています。


    ※この記事はクマゲラ通信7月号に掲載しました。


     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。