:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
中村千幹氏之像
  • 中村千幹氏之像
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • :: トップページへのリンク
    展示会 : 博物館特別展「森の神・シマフクロウ展」のお知らせ
    投稿日時: 2010-6-23 11:00:00 (1255 ヒット)

    ◆会 期  平成22年7月24日(土)〜9月12日(日) 9:00〜17:00
            *休館:毎週月曜
    ◆会 場  富良野市生涯学習センター2階展示ホール
    ◆観 覧  無料

     かつて北海道各地に生息し、先住民族であるアイヌの人々から「コタン・コル・カムイ」と崇められたシマフクロウ。しかし、開拓期以降の森林伐採、近年の河川改修をはじめとする開発行為等の影響により生息環境が狭められて、シマフクロウの個体数は激減し、絶滅の危機に瀕しています。
     こうした状況に対し、根室市在住でシマフクロウ研究の第一人者である山本純郎氏は、1970年代からエシマフクロウの生態調査、保護増殖事業に取り組んできました。
     本展では、山本純郎氏が調査・保護活動の傍ら、これまで長年に亘って撮影してきたシマフクロウの写真を中心に展示し、その生態と生息環境、さらには増殖活動について紹介します。私たちの暮らす北海道の自然がどのような現状にあり、子どもたちにどのような自然環境を遺し育むべきか考えます。

    チラシはこちらからどうぞ!
    チラシの表面↓

    チラシの裏面↓


     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。