:: facebook
:: YouTube
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
出口王仁三郎(神生)歌碑
  • 出口王仁三郎(神生)歌碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • :: トップページへのリンク
    展示会 : 特別展「外来生物展」開催のお知らせ
    投稿日時: 2009-6-1 13:20:00 (4210 ヒット)

    第18回富良野市博物館特別展・道北地区博物館等連絡協議会巡回展
    「外来生物展〜身近な自然を見つめてみれば…〜」

    今年の夏休みは親子で外来生物と自然環境について考えてみませんか?

    と き 平成21年7月25日(土)〜8月30日(日)
    ところ 富良野市生涯学習センター2階展示ホール
    開 館 午前9時〜午後5時
    休 館 毎週月曜日
    観 覧 無料
    展 示:ウチダザリガニ、アメリカザリガニ(生体展示)、アライグマ(剥製)、外来植物ガーデンなどなど
    *特定外来生物のウチダザリガニは今回特別に環境省の許可を受けて展示するものです。許可申請なしに採取・移動することは法律で禁じられています。

    <外来生物展・開催趣旨>
     豊かな自然環境に恵まれた私たちのまち富良野市。しかし、身近な場所で普段よく目にする植物の多くは、実は人が外国から持ち込んだ「外来種」です。北海道の場合、その由来をたどると、明治以降の開拓による人間の経済活動に結びつきます。これらの中には、その繁殖力の強さから分布を拡大し、元々生息していた在来植物を駆逐するケースもあります。
     さらに動物の一例をあげると、近年道央部から分布拡大したアライグマが富良野地方にも出没するようになり、農業被害と北海道在来の生き物たちへの影響が深刻になりつつあります。本来、外来生物は人の役に立つために導入されたはずですが、人の身勝手さと管理が徹底できないことなどから、強いものは定着して分布を拡大し、人との様々な軋轢と自然環境への深刻な問題を引き起こしています。 
     本展では、外来生物の導入・定着による問題点を整理した上で、富良野地方の主な外来生物を紹介し、私たちは自然や生き物たちとどのように付き合い、ふるさとの自然を守っていくべきか、皆さんとともに考える機会にしたいと思います。
    チラシはこちら↓



     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。