8/4 博物館講座「簡単!骨格標本づくり」

掲載日 2020-8-10 6:00:00 | トピック: 調査と事業の報告

特別展「富良野盆地の動物たち〜からだのしくみにせまる〜」の関連イベントとして、手羽先の肉を使って作る骨格標本の講座を行いました。





食卓にのぼる手羽先の肉はニワトリの手と腕に当たりますが、今回は二の腕(上腕骨)にあたる手羽元の肉もくっつけて、鳥の翼の骨格標本を作ります。


★今回も中富良野町の田中さんが応援にきてくれました!


作業の合間には、展示室でヒグマ・アライグマ・キタキツネ・ハシボソガラスのホネを並べながら、鳥や哺乳類の体の仕組みを人間と比べて学習しました。



講座のあと、特別展の一角に「手作り骨格標本の作り方」コーナーを増設しました。また、アライグマ・キタキツネのホネの並び替えは、展示期間中いつでもできます。この展示会は8月30日まで開催していますので、ぜひ足をお運びください。→特別展の紹介記事はコチラ






富良野市博物館(富良野市生涯学習センター)にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://furano.sub.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://furano.sub.jp/modules/news/article.php?storyid=406