飯櫃(めしびつ)と飯櫃入れ(コラム博物館のむかしの道具)

掲載日 2021-12-1 0:00:00 | トピック: 読みもの・コラム

(9)飯櫃と飯櫃入れ


 
生活983「飯櫃」 生活542「飯櫃入れ」

 電気のない時代、保温というより、ご飯を冷めにくくする為の道具でした。釜で炊いたご飯をお櫃に入れ、飯櫃入れに入れると、温かさが持続するようです。飯櫃は藁でしっかりと丈夫に編んであり、藁製品を制作する技術と、電子レンジもない時代に、温かく、おいしいご飯を食べる知恵は凄いと思える品物です。最近でも需要はあるのだそうです。
 
生活11「飯櫃入れ」 生活283「飯櫃入れ」




飯櫃と飯櫃入れはテーマ8「戦後のあゆみ」「収蔵展示コーナー」(2階)に展示されています。


※この記事はクマゲラ通信12月号に掲載しました。


富良野市博物館にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://furano.sub.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://furano.sub.jp/modules/news/article.php?storyid=515