:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
斉藤文承歌碑
  • 斉藤文承歌碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • :: トップページへのリンク
    RSS送信
    (1) 2 »
    太陽の里ふれあいの森 : 太陽の里・沢コースの散策路・伐倒作業のお知らせ
    投稿日時: 2022-5-19 12:00:00 (67 ヒット)

     散策路工事のお知らせです。5月21日(土)に太陽の里・ふれあいの森「遊々の森」沢コースの危険木の伐倒作業が実施されます。安全のため、この日はコース内に立ち入らないようにお願いいたします。

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 5/7 太陽の里・沢コース整備
    投稿日時: 2022-5-8 0:00:00 (274 ヒット)

     太陽の里・ふれあいの森は「遊々の森」の制度にのっとり林野庁と協定を結び、市民の憩いの森として活用している山部自然公園の国有林です。


     林内の散策路・沢コースでは、冬の間に危険木、落枝、崩れた道が多数生じます。今回、林野庁の担当者の方とボランティアの方々に協力いただき、総勢6人で整備作業を行いました。

     
    散策路にかかる枯損木の撤去

     
    沢の渡渉部やその周辺の足場づくり

     

     一番問題となるのは古くなった木立が倒れてくることです。左の写真のケヤマハンノキのような枯損木は、専門業者の方に後日伐倒してもらい、右の写真のトドマツは、伐倒の困難さも考慮して、注意喚起看板をつけることにしました。

     この伐倒作業が終われば、今年も沢コースを安全に利用いただけます。といってもここも芦別岳山麓の山の中、凹凸は多く柵のない道のわきは急傾斜となり、落枝の心配がなくなることはありません。ヒグマの動向にも気を配りながら心してご利用ください。

     最後に、2014年に切断した木の断面の様子を紹介します。当時フクロウの顔のようだねと親しんでいました。

    2014年

    2019年

    今年(2022年)

     初めはぱっちりと目を見開いていたフクロウはやがてまぶしそうに目を閉じ、今回は鼻やひたいのあたりにおしゃれな苔をまとっていました。

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 遊々の森(山部地域)の利用について
    投稿日時: 2021-5-15 13:30:00 (132 ヒット)

    山部自然公園太陽の里「遊々の森」ふれあいの森・沢コースにおいて散策路の大型枯損木の伐倒を5月17日(月)に行います。この日まで散策路の利用はご遠慮ください。

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 遊々の森(山部地域)の散策路整備を行いました
    投稿日時: 2021-5-11 17:00:00 (163 ヒット)

     山部自然公園太陽の里「遊々の森」ふれあいの森・沢コースの散策路を整備しました。今年も元東大演習林技術職員の小笠原氏に指導いただき、新型コロナウイルス感染拡大状況を考慮して、今年も近隣の整備経験者の方にしぼってご協力をお願いしました。



     大量にたまった落枝をどけ、折れて道にかかった木をのこぎりで手ごろな長さにして道からどけます。時間がたつと斜面沿いの道は土が次第に下がって狭くなったり傾斜がついてしまうので、道の山側を掘るのも大事な作業です。鍬を立てると根のわきから現れるオレンジのつぶつぶはケヤマハンノキの「根粒」のようです。

    続き... | 残り1837バイト | コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 6/19 太陽の里・散策路の整備を行いました。
    投稿日時: 2020-7-5 5:50:00 (274 ヒット)

    6月19日に遊々の森・太陽の里・沢コースの整備を行いました。

    毎年ボランティアの方を集めて、整備していますが、今年は新型コロナウイルスまん延の影響でこれまで行うことができませんでした。6月19日に指導の小笠原さんと国有林を所管している上川南部森林管理署の職員の方、当館職員のみで整備を行いました。幸い大規模な作業が必要な古木は少なく、無事整備が完了しました。

    整備が終わりましたので、今後は沢コースに入ることができます。とはいえ、林内ですのでヒグマや落枝などの危険を常に意識してご利用ください。

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 山部自然公園太陽の里の散策路「沢コース」整備見合わせのお知らせ
    投稿日時: 2020-4-21 11:36:32 (372 ヒット)

    富良野市と国有林との協定により、当館職員がボランティアと共に整備して散策路としている太陽の里「沢コース」ですが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し当面は整備の実施を見合わせることとしました。倒木や落枝の危険がありますので、ご利用をお控えいただきますようお願いいたします。
    整備実施の際はこのホームページでお知らせいたします。

    ↓昨年の沢コース整備活動の様子
    http://furano.sub.jp/modules/news/article.php?storyid=329

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 5/18 散策路整備(太陽の里ふれあいの森・沢コース)
    投稿日時: 2019-5-21 17:20:00 (483 ヒット)

    5月18日(土)に芦別岳の麓にある太陽の里ふれあいの森・沢コースの自然散策路を8人のボランティアの方と共に整備しました。沢コースは全長約2劼曚匹凌帽混交林を主体とした自然豊かな散策路ですが、冬雪で閉ざされる間に、倒れ掛かりそうな枯損木や崩れた道が増えるので、毎年この時期に整備し、そのシーズン安全に散策ができるようにする必要があります。

    作業は主に枯損木の伐倒と足場の整備(主に沢の渡渉部)でした。チェンソーでの伐倒は専門家でないとできないので、東大演習林技術職員のOBである小笠原氏が行い、ほかの人は小笠原氏の指導を受けながら、伐倒の手伝いや足場の整備、小径木の伐倒(手鋸)、笹刈りをしました。


    例年に比べて足場の整備が必要な場所は少なかったものの、枯損木がとても多かったのですが、午前中には作業を終えることができました(一部危険度の高い枯損木の伐倒は別途行いました)。


    今年も自然学習(小学校など)に活用していきたいと思います。一般の方も自由に利用することができますので、ぜひ散策してみてください(安全管理(ツタウルシ、ハチ類、ヒグマ等)には充分お気つけください)。

    続き... | 残り2646バイト | コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : 「太陽の里・ふれあいの森」はどんな森?
    投稿日時: 2003-1-16 17:50:00 (2440 ヒット)

    「遊々の森」は学校などが森林管理署と協定を結び、国有林の中で子どもたちが遊んだり、学んだりするフィールドとして利用できるようにしたものです。
    富良野市山部にある「遊々の森」は上川南部森林管理署と2002年12月に協定を結び、「太陽の里・ふれあいの森」と名付けられました。ふれあいの森は芦別岳の麓にあり、勇振川沿いにある野外体験活動施設「太陽の里キャンプ場」の周囲、51ヘクタールにひろがる水と緑があふれる森です。ここは富良野市生涯学習センターが体験学習を行う野外フィールドの一つとなっています。


    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : イラストマップ 「尾根コース」
    投稿日時: 2003-1-15 17:50:00 (2468 ヒット)

    距離:約2.5km
    コースタイム:約1時間30分
    標高500mの尾根まで登るコースです。沢コースよりも距離が長く、傾斜のややきついところがあるので、軽登山を楽しむコースといえます。コースの途中に設けられた休憩所で一息つきながらゆっくり登りましょう。
      エゾマツやトドマツの大木など、芦別岳山麓にひろがる深い森の雰囲気を楽しめます。初夏の新緑・秋の紅葉が美しく、尾根筋では低木のエゾユズリハやオオカメノキが多く見られます。60種の樹木に名札が付けられています。

    コメントする
    太陽の里ふれあいの森 : イラストマップ 「沢コース」
    投稿日時: 2003-1-14 17:50:00 (2444 ヒット)

    距離:2.0km
    コースタイム:約1時間
    森の様子を観察しながら、山歩きを気軽に楽しめるコースです。3本の小さな沢を横切る曲がり道の多い散策路では、トドマツやシナノキなどの樹木のほか、エゾアジサイやオニシモツケなどの森に咲く花々に出会えます。サルナシ(コクワ)やヤマブドウのツルも多く見られます。沢には湿地にみられる植物が生い茂っており、フキやクサソテツ(コゴミ)などが生えています。コースの途中には、エゾマツの「倒木更新」やカツラの「萌芽更新」を観察することができます。45種の樹木に名札が付いています。

    コメントする
    (1) 2 »