:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
瀬川翁之碑
  • 瀬川翁之碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • :: トップページへのリンク
    RSS送信
    調査・研究・資料収集/調査協力・資料提供
    « 1 (2) 3 4 »
    博物館活動 : 博物館活動・その他の記事(2021年度 公式FBページ掲載分)
    投稿日時: 2021-11-5 21:30:00 (36 ヒット)

    お知らせの内容によってはホームページではなくフェイスブックページのみで掲載することがあります。
    ここでは2021年度の指導依頼・問い合わせ対応・その他の紹介記事をリンクにて紹介いたします。

    樹脂封入標本作りの指導
    北の峰の歴史に関する問い合わせ(テレビ北海道「けいナビ」取材)
    富良野市役所職員募集(建築士)
    当館ボランティア・倉橋昭夫氏の研究活動
    協力団体「富良野の自然に親しむ会」会長・永盛俊行さんのテレビ出演(NHK「シラベルカ」)

    コメントする
    博物館活動 : 博物館調査活動関係の記事(2021年度 公式FBページ掲載分)
    投稿日時: 2021-10-27 21:20:00 (205 ヒット)

    お知らせの内容によってはホームページではなくフェイスブックページのみで掲載することがあります。ここでは2021年度の調査活動の紹介記事をリンクにて紹介いたします。

    狛犬調査
    山部中学校・校長住宅(歴史的建造物)
    麓郷第ニ発電所(歴史的建造物)

    コメントする
    博物館活動 : オオハンゴンソウの摘み取りを行いました。
    投稿日時: 2021-8-28 15:30:00 (347 ヒット)

    緊急事態宣言の発令により、8月28日に鳥沼公園で行う予定だった博物館講座「プロジェクト「O(オオハンゴンソウ)」〜花つみと草木染め〜」が延期(実施日未定)となってしまいました。
     
    ↑オオハンゴンソウ(花) ↑抜き取り後、復活しそうな様子

    講座は延期としましたが、花が実になることを延期することはできないので、講座を予定していたこの日、博物館のメンバーだけで少しでも花を摘んでしまうことにしました。湿地林エリア全域・・・といきたいところでしたが、人数も少ないので実際には北西方面を中心に摘み取るのがやっと。それでもごみ袋2袋ほどの花やつぼみを採集しました。
    なお、7月の抜き取りで寝かせておいた個体は例年だと首をもたげて復活しそうになっていることが多いのですが、今年は日照りのため真っ黒になって横たわっていました。
     

    晩夏の鳥沼公園は日照りが続いたこともあり、一見衰えかけた木々や大型草本の葉が目立ちますが、目を近づけてみれば、やはりその時期に応じた生物が活躍しているのがわかります。
    ツリフネソウはほとんどがつぼみでしたが、ちらほら咲きかけた個体が見られます。花の柄の部分に密生するピンク色の細毛は歯間ブラシのよう(なんとも雅味のない例えですが)。
     

    一部の人が舌鼓を打つ山菜ケヤマウコギがまん丸な花をつけています。オオハンゴンソウの蜜を吸いに来たのはエゾトラマルハナバチ(在来種のお花が寂しがってないかな?)。
     

    「花つみと草木染め」講座は、宣言解除の見通しが立った段階で改めて実施日程を設定いたします。周知期間が短く「富良野市広報誌」での呼びかけはできないかもしれませんので、ご興味のある方はホームページやフェイスブックページをご確認ください。

    コメントする
    博物館活動 : 故・小野州一さんの絵「虹」が富良野のアトリエに還ってきました。
    投稿日時: 2021-7-1 16:00:00 (154 ヒット)

    富良野ゆかりの画家の代表格である故・小野州一さん。
    小樽の美術館で展示されていた絵画「虹」が美術館の閉館に伴い、アトリエを管理されている妻・恵津子さんの元に帰ってきました。これは、凸版印刷株式会社様の仲介により所有者のホクレン農業協同組合連合会様のご厚意で実現したものです。先日当館に配送され、6月24日にアトリエにお届けしました。


    「虹」は2000年のホクレンカレンダーに掲載する目的で製作依頼された作品の一つで、摩周湖畔で描かれました。最晩年の体調を崩されていた中で制作したとのことで、恵津子さんも作品をじっと見つめ、とても思い入れを感じているようでした。アトリエにはこのカレンダーの原画としてはもう一点、「バラ色の空」が収蔵されています。
     

    今後、当館で展示させていただく機会がありましたら、ぜひご観覧ください。

    コメントする
    博物館活動 : 旧でんぷん工場の水車を収蔵しました
    投稿日時: 2021-5-1 15:50:00 (265 ヒット)

    富良野市山部地区(旧山部村)はかつて、馬鈴薯を原料とするでんぷん工場が数多く稼働していました。夕張山地の麓から流下する空知川支流の河川から水を引き込んでを水力として利用し、馬鈴薯をすり潰してでんぷんを製造していました。9〜11月頃には、増毛や留萌方面からの「ヤン衆」を泊まり込みの出稼ぎ労働者として雇い入れました。

    山部地区には、旧でんぷん工場関連の建物がいくつか遺っていますが、今回収集した水車はとある旧工場の解体に伴い、所有者様、地域の農業委員さんたちのご協力により、収蔵させてもらったものです。







    緊急だったため、工場の実測等の作業はかないませんでしたが、水車だけは保護・保存することができました。直径約3mほどあるため、間口が狭く天井も低い当館には入れることはできないので、別の場所で仮収蔵しました。

    富良野ひいては山部地域の農業のあゆみを語る上で欠かせない貴重な資料であり、今後活用の方法を検討していきます。

    解体作業は詁傘リサイクル様、運搬は觜巴鉄工所様にご協力いただきました。お礼を申し上げます。



    *富良野市のでんぷん工場の詳細については、富良野市教委2014『富良野の近代建築』をご覧ください。

    コメントする
    博物館活動 : 山部地区の勇振川温水ため池がJR北海道車内誌で紹介
    投稿日時: 2021-5-1 13:00:00 (521 ヒット)

    昭和33年に水田用水として利用するために、建造された勇振川温水溜池が、JR北海道車内誌「The JR Hokkaido」で紹介されました。

    http://www.jrh-sol.co.jp/agency/doc/syanaishi.pdf


    土地の傾斜を利用して、11段のため池を階段状に配置し、溢れた水をため池に流し溜めながら水温上昇をさせるこうした型式の温水溜池は、北海道内陸部の中でも気象条件の特に厳しい地域で主に昭和30〜40年代に建造され、富良野や士別、上川、和寒などの上川地方を中心に分布しています。「温水路」と「ため池」の機能を組み合わせて造られたのが「温水ため池」です。



    北海道内陸部の地域特性を如実に表した、今も現役の農業土木構造物であり、当地方の農業のあゆみを語る上でも欠かせない存在といえます。

    昭和59年の改修により、噴水状に溢流(いつりゅう)する形態に変わり、無数の噴水が列をなして規則的に流出する様が極めて美麗で、建造物や文化財の専門家らからも高く評価していただいています。

    また創建時は、山部村の観光コンテンツの一つとして整備・宣伝され、溜池にボートを浮かべたり、夏にはプール替わりに子どもたちが水遊びに親しみました。




    今後、博物館では、この温水溜池を地域色のある農業土木遺産として評価するとともに、文化財登録の検討を進めていきます。

    コメントする
    博物館活動 : 10/24 変形菌調査
    投稿日時: 2020-12-1 9:50:00 (603 ヒット)

    今回はちょっと変わった生き物の調査を行いました。その生き物の名は「変形菌」。
    変形菌は「粘菌」という名称で呼ばれた時期があるので、その方が親しみ深い方もいるかもしれません。どんな生き物かは少しずつ紹介していくことにしましょう。

    朝9時30分、調査の協力者はハイランドふらの駐車場に集合しました。互いに自己紹介をした後、講師の室蘭工業大学准教授・矢島由佳先生を中心にさっそく駐車場に隣接するラベンダーの森に踏み入っていきました。ここはカラマツや落葉広葉樹の林で、足元は下生えが多く藪のようになっていますが、おかげで変形菌の観察に適しています。

    続き... | 残り12276バイト | コメントする
    博物館活動 : 10/24 変形菌調査 「採集標本の詳細」
    投稿日時: 2020-11-29 19:00:00 (239 ヒット)

    このページでは2020年10月24日に開催した変形菌調査で採集した標本を、参加者のSさんと図鑑を見ながら種名を推定した様子を紹介しています。
    (この調査の紹介記事もご覧ください。→10/24 変形菌調査

    続き... | 残り4219バイト | コメントする
    博物館活動 : 【資料提供】富良野線全線開通120周年記念パネル展
    投稿日時: 2020-8-19 6:20:00 (206 ヒット)

    富良野駅で掲示されている記念パネルにおいて、一部資料(古写真など)を提供しています。お立ち寄りの際はどうぞご覧ください。詳細は以下のリンク(JR北海道公式ページ)をご覧ください。
    富良野線が全線開通して120年を迎えますーJR北海道



    なお、9月19日(土)には博物館講座「魅力再発見!"プチ"レトロ建築巡り〜鉄道にまつわる遺産をめぐる〜」を開催予定です(このパネル展示とは直接かかわりありません)。
    この講座の概要については9月の博物館行事の紹介ページをごらんください。

    コメントする
    博物館活動 : 【収蔵資料】考古資料・生物標本の寄贈受領(山部中学校)
    投稿日時: 2020-8-19 6:10:00 (379 ヒット)

    2019年度末で閉校した山部中学校から、資料の一部を寄贈いただきました。

    【考古資料】
    鳥沼〜布部で採取された土器片・石器 6箱
    学校教材として使われた日本各地で発掘された考古資料のレプリカ 9点

    富良野市内出土資料(上部の土器2点は学校教材)

    【生物資料】
    液浸標本 4点


    さくよう(押し葉)標本 約180点


    昆虫や鉱物標本なども多数貰い受けました。


    【その他】
    天体望遠鏡やプラネタリウム投影機など

    受領したものは、地域の歴史や生物相を解明する資料などとして活用させていただきます。なお、全国的に頒布されている学校教材や採取地のはっきりしない標本・保存状態のよくない標本は収蔵スペースなどを鑑みて受け入れしないものもありました。地域の自然史を明らかにする手がかりとなるため、標本ラベルがあるとその標本の価値は格段にあがります。

    コメントする
    « 1 (2) 3 4 »