富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
« 1 (2)
自然観察ガイド :  樹木を調べよう 〜冬編〜
投稿日時: 2004-1-2 22:40:00 (1712 ヒット)

(対象) 小3〜高校 *市内の学校に限定
(定員) 5〜30名
(会場) 遊々の森「太陽の里・ふれあいの森」、東大樹木園、学校の校庭
(時間) 2〜3時間
(時期) 3月
(講師) センタースタッフ
(料金) 無料

冬芽・樹形・木肌によって、樹木の種類や特徴を観察します。冬期は葉が無いため、樹種の判別が夏よりも難しくなります。

(太陽の里・ふれあいの森)
散策コース周辺に分布する樹木について学習します。自然の森の中で樹木がどのように生育しているか観察できるます。

(東大樹木園)
樹木園内に植栽された北方系(北海道・北米・北欧など)の数多くの樹種について学習します。樹木にはそれぞれ樹種名の看板がついています。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
自然観察ガイド : 水辺の樹木を観察しよう
投稿日時: 2004-1-1 22:30:00 (2852 ヒット)

(対象) 市内の学校に限定
(定員) なし
(会場) [室内]各学校・生涯学習センター [野外]各学校の校庭・空知川河畔
(時間) [室内]1時間 [野外]2時間
(時期) [室内]通年  [野外]5〜6月
(講師) 森林研究者 倉橋昭夫
(料金) 無料

主にヤナギの仲間を観察しながら、水辺に生える樹木の生活を知る。石ころだらけで、時には水浸しになる特殊な環境でも育つヤナギの木を観察します。ヤナギは川の周辺や空き地などによく見られ、荒れた土地の緑化や河畔林の復元に利用されています。

(室内)
・「ヤナギとはどんな樹木か?」をスライド・資料を使用して解説する。
・ヤナギの鋤キ葉標本を観察する。

(野外)
・学校の校庭の周りでヤナギを探してみる。
・新空知橋右岸のミニ見本林(ヤナギの生育試験地)を観察する。
・自然状態の河畔林を観察する。

自然観察ポイント(会場)をみる

コメントする
« 1 (2)