富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 12 »
講座案内 : 7/4開催アートを楽しもう!スケッチ紀行
投稿日時: 2015-7-25 9:30:00 (359 ヒット)

7月4日(土)に市内清水山にあるワイン工場、ワインハウス周辺で鉛筆画のスケッチ講座を開催しました。小雨のため30分ほど遅れて9:30から開始、講師である洋画家・盛本学史先生の指導のもと、26名(大人21、子ども5)でスケッチを楽しみました。午前中は曇天でしたが、次第に快晴となり、富良野盆地の雄大な景色も満喫して14:00には閉会となりました。





















コメントする
講座案内 : 夏休み子どもクラフト講座「鳥のはくせいを描こう」
投稿日時: 2015-6-11 8:59:20 (645 ヒット)

アートファーム南陽館で活動している芸術家の皆さんと鳥の剥製を一緒に描きます。

☆主 催 アートファーム南陽館実行委員会、富良野市生涯学習センター 

☆日 時 7月29日(水)10:00〜14:00

☆会 場 アートファーム南陽館

☆募 集 富良野市内の小学生 先着50名
      *定員になり次第締め切ります

☆持ち物 絵の具セット、画板、弁当、飲み物、タオル

☆申込み 7月10日〜22日の期間に受付します。
       電話で生涯学習センターにお申込みください(42−2407)

☆送 迎 文化会館前から鳥沼小学校、布部小中学校、山部支所を経由してバスを運行します。乗車を希望される場合は、お申込みの際にお知らせください。 

☆チラシ 次のファイルをダウンロードしてください。

コメントする
講座案内 : 4/19 はくぶつかん展示を作ろう!第1回〜作戦会議と草花もけい作り〜
投稿日時: 2015-4-22 0:20:00 (406 ヒット)

鳥沼・生きもの調査隊のH27年度は来年の特別展に向けて展示作りにシフトします。
今回は、作戦会議(どんな展示を作るか皆で考える!)と草花もけい作り(ミズバショウとオオバナノエンレイソウ)にチャレンジしました。

まずはこれまでの鳥沼・生きもの調査隊の振り返り。

自己紹介の無茶振りはちょっと不評だったかも・・・。
話し合い、までは発展しなかったけれど、「標本を手にとって下からも見れるようにしたら」「ジオラマで、どの場所でどんな生きものが見られるか分かるようにしたい」といった貴重な意見を出してもらえました。

作業開始。葉や花を切りぬいたり、新聞紙を丸めて和紙でくるんで、ミズバショウの軸を作ったり、


ミズバショウのちいさな花(発泡スチロール)をボンドでつけたり、


オオバナノエンレイソウの花を張り合わせて作ったりしました。


参加者は17人、1歳から年輩の方まで、様々な方が来てくれました。また、旭川から大学生が参加してくれたのは(講師の斎藤さんの引きですが)鳥沼・生きもの調査隊はじめてのことで、嬉しいことでした。


この日のうちに、14個のミズバショウと9個のオオバナノエンレイソウが完成!


おかげさまで、展示に役立てられそうです。でも、まだまだ数を増やしたいと思っています。この講座は終わってしまいましたが、作ってみたいと言う人がいましたら大歓迎!ご連絡ください。一つ作ってみると他の種類の花も自分で考えて作ってみたくなりますよ。

次回以降の講座もたくさんの方の参加をお待ちしています。

コメントする
講座案内 : 富良野の自然に親しむ集い 年間計画
投稿日時: 2015-3-24 15:00:00 (590 ヒット)

富良野の自然に親しむ集い
平成27年度の年間計画です。
第1弾は4月4日の皆既月食を観察します。
今年度もたくさんの方の参加をお待ちしています!

↓以下のリンクからご覧ください。

コメントする
講座案内 : 12/6 講演会「魅力再発見!ふらの建築探訪」
投稿日時: 2014-12-3 13:25:36 (565 ヒット)

市内には明治末期から大正、昭和30年代にかけて建築された歴史ある建物が残されています。富良野市の歴史とともに歩んできた建物の特徴や北海道建築の移り変わりを学んでみませんか。

■日時 平成26年12月6日(土)13:00〜15:10
■会場 市立富良野図書館 
■内容 第1部【報告】「富良野市の歴史的建造物」
              富良野市博物館学芸員 澤田 健
     第2部【講演】「北海道の建築文化と富良野市の歴史的建造物」
              北海道開拓記念館学芸員 小林孝二
■参 加 料 無料
■定  員 40名
■申 込 み 生涯学習センターへ電話でお申込みください


コメントする
講座案内 : 9/27 講演会「雪虫の世界」
投稿日時: 2014-10-11 10:50:00 (591 ヒット)

  第26回富良野市博物館特別展「石黒誠写真展『雪虫』」
  記念講演会

「雪虫の世界」
文化会館で午後1時より開催しました。

 今回は二部構成をとり、初めの1時間は、写真展の内容に沿う形で、スライド写真や雪虫が暮らす二種類の木「ヤチダモ」と「トドマツ」のパネルを使いながら雪虫の一年間の生態を紹介しました。参加者は、空を飛ぶ姿だけでなく、翅をもたず木の芽や葉の汁を吸ったり、アリの巣の中で生活する姿もあることを知り、驚きを隠せずにいました。

続き... | 残り1302バイト | コメントする
講座案内 : 9/14 秋の高山植物観察会
投稿日時: 2014-10-11 10:30:00 (570 ヒット)

  富良野の自然に親しむ集い 第4回
  「秋の高山植物 〜望岳台をめぐる〜」

 19名の方に集まっていただいた今回の観察会は、早朝に文化会館前に集合しバスに乗車、講師から十勝岳の噴火の話などを聞きながら望岳台へ向かいました。8時過ぎに歩き始め、石のごろごろしたガレ場や、高山に多いミヤマハンノキやハイマツ、エゾマツなどの樹木の中を進んでいきました。

 噴火口や火山砕石物、高山植物や様々なチョウの幼虫などを、木村徳志さんはじめ「集い」のメンバーの解説も聞きながら楽しく観察しました。ナキウサギは序盤の観察スポットで声や痕跡は確認したものの、姿は見れませんでしたが、最後に思いがけず見ることができました。一番の満足が得られたシーンでした。

 最後は「望岳台」の木板の前で集合写真を撮りました。高地の肌寒さがありましたが、楽しい観察会になったかと思います。参加くださった皆さんありがとうございました。

以下は、その他の見どころです。

      噴煙上がる十勝岳噴火口              スフリ(火山灰のかたまり)

           ハイマツの種                   ナキウサギの糞
 
       エゾオヤマノリンドウ          クマイザサの葉をまるめているコチャバネセセリ
 
        オオバスノキの紅葉                 イワブクロ(花の後)
 
                  イソツツジのたね(裂開前と裂開後)
 
 ウコンウツギの葉を食べるイチモンジチョウ            ヤマハハコ

                          散策の様子

コメントする
講座案内 : 講演会「雪虫の世界」(→訂正あり)
投稿日時: 2014-9-20 9:50:00 (475 ヒット)

(一部訂正しました!)

石黒誠写真展「雪虫」開催記念行事

講演会「雪虫の世界」

とき:9月27日(土)13:00〜
ばしょ:文化会館2F 中会議室

自然写真家・石黒誠が冬の使者「雪虫」の不思議な生態をスライドを用いてわかりやすく説明します。



解説のための小道具(大道具?)も着々と製作中のようですよ。お誘いあわせの上、ぜひおいでください。


コメントする
講座案内 : 魅力再発見!レトロ建築めぐり
投稿日時: 2014-9-2 11:30:00 (439 ヒット)

8月31日(日)9:00〜12:00晴天の中、富良野市街地に所在する歴史的建造物の見学会を開催しました。参加者は富良野沿線や札幌方面からの15名。

文化会館に集合し、当館学芸員が古い建物の特徴や見方を説明した後、まずは富良野神社へ。昭和11年造営の現社殿と大正9年の旧拝殿を見学しました。















その後、市内でも唯一といってよい純和風建造物の島田邸、衙粍の馬鈴薯倉庫群(現在は主に玉ねぎ)、市内現存最古の鉄筋コンクリート造寺院・東光寺、元病院で寄せ棟屋根の洋風建築・つるや金物店、明治43年の勝山商店、鉄筋コンクリート造建物を模倣したすずらん・相生通りの商店建物群を見学。















ふらっとで10分ほど休憩をはさみ、昭和20年代のアーチ型屋根が美しい洋風建築・小玉邸、旧河村合名酒造酒蔵で現在は焼き肉レストランとして活用されている炭火焼肉やまどり、大正期の米蔵すがわら、大正期の洋風建築・渡部医院を巡り、文化会館へ戻ってきました。

明治から昭和40年代までの古写真も用いて、市街地の歩みと農村部・富良野固有の産業史を振り返りながら、じっくり2時間30分をかけてぶらぶら歩いきました。

普段何気なく見ている、当たり前にある建物もまちのあゆみや産業史からひも解くと、建物の持つ価値や存在感が増していくのではないでしょうか。

こうした講座は今後も開催の予定で、本年は12月6日に北海道開拓記念館の小林孝二学芸員(建築史専門)をお招きして、市立富良野図書館で北海道の建築のあゆみに関する講演会を開催します。

また来年は市街地周辺の農村部の建物を見学する予定です。ぜひご参加ください。

コメントする
講座案内 : 8/12 星空観察会
投稿日時: 2014-8-22 14:50:00 (397 ヒット)

  富良野の自然に親しむ集い 第3回「星空観察会 〜満月・惑星・流れ星〜」を開催しました。

 生涯学習センターの中庭でに37名の参加者が集まってゴザに寝転がっての観察会。講師の井口さんの星座の話で楽しく眺めたり、望遠鏡で土星の輪を観望しながらも時折流れる流れ星に歓声を上げていました。
 

コメントする
« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 12 »