富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
RSS送信
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 12 »
講座案内 : 8/30講演会「東京大学北海道演習林の林分施業法−富良野から世界への発信−」
投稿日時: 2016-7-9 20:42:29 (535 ヒット)

東京大学北海道演習林と富良野市との間の地域交流協定書を改訂したことを記念し、鎌田直人林長を講師にお招きして講演会を開催します。演習林が長年にわたって継承・発展させてきた林分施業法による森づくりについてお話しをしていただきます。

★日 時 8月30日(火)午前6時30分〜午後8時
★会 場 富良野文化会館2階大会議室
★講 師 鎌田直人先生(東京大学北海道演習林長・教授)
★定 員 50名
★参加料 無料 
★申込み 生涯学習センターまで電話でお申込みください
       ☎0167−42−2407

チラシはこちらをダウンロードしてください↓

コメントする
講座案内 : 6/12富良野の自然に親しむ集い第1回「蝶の不思議」を実施しました。
投稿日時: 2016-6-14 20:00:00 (390 ヒット)

6月12日(日)に講演会&観察会「蝶の不思議」を実施しました。

今回は自然に親しむ集いのメンバー永盛俊行さん、石黒誠さんが作り上げた図鑑「完本 北海道鳥類図鑑」の出版を記念した催しでもあり、テーマを蝶としました。

午前中は鳥沼公園で主に蝶を見る観察会、午後は市立図書館で図鑑の作成秘話を聞き、それを通じて蝶の仲間の興味深い生態に迫る講演会でした。

観察会では、端境期に当たってしまったのか、飛翔する蝶はそれほど見られませんでしたが、明るい日差しの中で、木の葉を食糧や寝床にする幼虫を観察するなど、楽しく生態観察しました。

続き... | 残り1939バイト | コメントする
講座案内 : 5/17受付開始市制施行50周年記念合同市民見学会「東京大学北海道演習林公開セミナー」
投稿日時: 2016-4-28 21:27:36 (353 ヒット)

富良野市市制施行50周年を記念し、富良野市の森林環境や景観、郷土の歴史を共に育んできた東京大学北海道演習林を訪れ、同演習林が取り組む森林環境の保全と持続的な木材生産について、新緑の森を散策しながら学びます。(雨天決行)

日 時 6月19日(日)午前9時〜午後4時
場 所 東大演習林内
定 員 先着45名
    *小学生以下は保護者同伴でお願いします
申込み 5月17日(火)より電話で受付します。申込みは生涯学習センターまで(0167−42−2407)
集 合 8:30 文化会館
     9:00 東大演習林山部事務所
    *マイクロバス2台で移動します
服 装 長袖、長ズボン、長靴、軍手など野外活動に適した服装
持ち物 昼食、飲み物、タオル、雨具
参加料 無料 
主 催 富良野市教育委員会、東京大学北海道演習林

コメントする
講座案内 : 10/17 鳥沼・生き物調査隊「落ち葉集めと樹木もけい作り」を実施しました。
投稿日時: 2015-10-27 15:40:00 (532 ヒット)

10/17(土)に、鳥沼公園で、鳥沼・生き物調査隊「落ち葉集めと樹木もけい作り」を開催しました。
講師は斎藤和範さん(旭川教育大学・非常勤講師「博物館学」)です。

樹木もけい作りは、拓本という石碑などの碑文を墨で紙に写し取るやり方を応用して行いました。こんな風に、目的の木の幹に縦に半紙を押し付け、霧吹きで濡らし、墨を塗りつけた布を押し付けて幹の凸凹を紙に写し取るんです。


これはハンノキの拓本を取っているところ。


出来上がった半紙は、展示室のこんな柱にはりつけて、来年の特別展で「木」になってもらいます。

柱の周囲はけっこう長いので、8枚ほど半紙を使って何回も拓本とりをしました。


3本の柱があるので3種類の木の拓本を取ります。これはヤチダモ。


これはミズナラ(どんぐりの木)。


そして、展示室の一角に敷き詰める落ち葉拾い。これから乾燥させて、バルサンたいて、保存して、来年使います。


今回も、参加者の皆様ご協力ありがとうございました。

コメントする
講座案内 : 募集☆11/7アートを楽しもう!〜花を描く
投稿日時: 2015-10-8 18:44:11 (508 ヒット)

今年2回目の「アートを楽しもう!」では生花を描いてみます。講師はおなじみの洋画家・盛本学史さん。画材は鉛筆、水彩、パステルの中から選んでいただきます。絵を描く楽しさ、喜びを一緒に体験してみませんか?

☆日 時 平成27年11月7日(土)9:00〜14:30
☆会 場 富良野市生涯学習センター
☆定 員 30名
☆参加料 無料
☆持ち物 昼食、飲み物。水彩絵の具や色鉛筆で描きたい方は各自持参ください。
☆送 迎 富良野文化会館発着の送迎バスを運行します。ご希望の方はお申込みの際に伝えてください。【出発】8:30【帰着】15:00
☆申込み 10/31までに電話でお申込みください。生涯学習センター:42−2407

コメントする
講座案内 : 9/13鳥沼・生き物調査隊「昆虫もけい作り」を実施しました。
投稿日時: 2015-9-14 13:00:00 (598 ヒット)

9/13(日)生涯学習センターで、鳥沼・生き物調査隊「昆虫もけい作り」を開催しました。
講師は斎藤和範さん(旭川教育大学・非常勤講師「博物館学」)!

最初に、前回(8/1)「昆虫採集と標本づくり」などこれまで鳥沼公園で採集した昆虫の標本を見て、作りたい昆虫を決めました。作る事になったのは、トノサマバッタ・アキアカネ・ノコギリカミキリ・アカアシクワガタ・キマダラヒカゲ・アオカナブンの6種類。

その後は、ダンボールやスタイルフォームなどを使って、ひたすら自由に作っていきました。




持ち帰って作業を続けたり、後日進めるという方もいて、時間内にすべては完成しませんでしたが、いろいろな作品ができました。
 
作品は来年7月ごろの博物館特別展で展示する予定です。

コメントする
講座案内 : 8/29(土)角幸博先生の歴史的建造物講演会終了しました
投稿日時: 2015-9-2 9:50:00 (487 ヒット)

8月29日(土)午後から角幸博先生*をお招きして、講演会「賑やかで居心地の良いまちをつくる〜地域遺産の活かし方」を開催しました。

角先生からは、歴史的建造物を含む歴史的地域遺産とはなんぞや、文化財の種類と登録有形文化財制度の概説、そして道内の保存活用された建物、失われてしまった建物の事例をその背景も含めて詳しく紹介いただきました。

歴史的地域遺産の掘り起しとその継承には、多様な価値基準があるが、地域住民の「思い入れ価値」が重要であるといったご指摘が最も印象に残りました。

富良野市の歴史的建造物に関する取り組みはまだ始まったばかりです。調査開始からすでに失われてしまった建物もあれば、運良くリノベーションされた建物もあります。市民の皆さんと楽しい仕掛けを考えながら、関心を持ってくれる方々が増えていって欲しい、あらためてそう願い、決意する講演会となりました。

*北海道大学名誉教授、NPO法人歴史的地域資産研究機構代表理事(略称:れきけん)
「れきけん」HP→http://nporekiken.com/


続き... | 残り1168バイト | コメントする
講座案内 : 8/8(土)レトロ建築めぐりを開催しました
投稿日時: 2015-8-8 17:30:00 (559 ヒット)

ただ今開催中の特別展「富良野の歴史的建造物」の関連事業として、8月8日午前中に富良野市街地周辺部の建物12件をマイクロバスで巡ってきました。参加者は19名で、夏休み期間ということもあり、自由研究の課題にしようと小学生の参加もありました。

昨年は富良野市街地を巡りましたが、今年はかつて北大第八農場が分布した農村部を中心に、昭和初期の農家住宅とその付属倉庫(土蔵造、石造、木骨レンガ造など多様)を見学しました。

また布部地区では、東大演習林が請願して設置された布部駅とその付属施設、布部市街地の旧吉本運送店事務所、相田木材蟷務所、旧北大第八農場事務所、布部石綿地区の成田山布部不動堂(富良野寺旧本堂)も見学しました。相田木材では会長さんから会社と地域の歴史を教えていただき、また不動堂では堂内にお招きいただき、伴州堂住職から建物のあゆみやお寺と社会との繋がりなどについて講話を頂戴しました。

多少涼しくなったとはいえ暑い1日でしたが、参加者の皆さんには多くの発見があり、楽しんでいただけたようです。来年度は山部地区で見学会を開催したいと思っています。ぜひ来年もご参加ください。


コメントする
講座案内 : 鳥沼・生きもの調査隊「昆虫採集と標本づくり」
投稿日時: 2015-8-3 19:12:57 (637 ヒット)

8月1日に鳥沼・生きもの調査隊「昆虫採集と標本づくり」を鳥沼公園・会館で開催しました。

子供たちから大人まで23名にきていただき、午前中はいろいろな方法で虫探し、午後は本格的な昆虫標本の作り方を習いました。また、樹脂を使って、琥珀のように虫を閉じ込める標本も作りました。

今回作った標本は来年度の博物館展示「鳥沼の生きもの(仮題)」に役立てます。ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。


コメントする
講座案内 : 7/29みんなでアート2015終了!
投稿日時: 2015-7-29 18:07:56 (504 ヒット)

7月29日(水)に山部のアートファーム南陽館で、市内の小学生28名が参加して「みんなでアート2015」を開催しました。講師はアートファーム南陽館実行委員会の芸術家の先生たち5名。

今年のテーマは「鳥の剥製を描こう!」。博物館が収蔵する鳥の剥製をモチーフに画用紙に鉛筆で下書き、水彩絵の具で色付けをし、台紙に貼り付けて完成させました。モチーフが画用紙からはみ出れば、画用紙を継ぎ足すのは自由、また全身ではなく部分を描くのもO.K.とし、あまり制約をせず自由に描いてもらいました。

とてもムシムシしてとても暑〜い1日でしたが、夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか。


コメントする
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 12 »