:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
山部第一小学校校舎
  • 山部第一小学校校舎
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • :: トップページへのリンク
    « 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 48 »
    森林学習プログラム : ふらの森の教室だよりNo.25を発行しました。
    投稿日時: 2022-1-18 10:00:00 (203 ヒット)

    今年度もコロナ禍に見舞われた中の取り組みでしたが、昨年度と違い全校実施できたこと、鳥沼公園をフィールドとしたプログラムを行えたことに、担当者が手ごたえを感じていることが伝わります。

    No.25(PDFファイル)←より精細な画質で閲覧できます。

    コロナ対策から生まれた取り組みが様々ですが、コロナ禍が済んだ後も活かされていきそうです。
    *森林学習プログラム推進事業は、公益財団法人北海道市町村振興協会(サマージャンボ宝くじの収益金)の助成を受けて実施しています。

    ふらの森の教室だよりのバックナンバーはコチラをクリックください。

    2021年3月に発行したNo.24もご覧ください。

    コメントする
    博物館活動 : どろ亀さん・ニコルさん追悼展関連企画「心のタネ」募集!(富良野市博物館「心のタネ」係)
    投稿日時: 2022-1-15 12:00:00 (303 ヒット)

    どろ亀さん・ニコルさん追悼展関連企画として以下の取り組みを行います。
    どろ亀さん・ニコルさんの活動の目的は多くの人びとの心にタネをまくことでした。いつしか芽が出て、自然や森への関心が深まることを願って。考えや行動に結びつくことを願って。
    想い出や映像、著書などを通じて感じた事、それがきっかけになったことなどエピソードをお寄せください。お待ちしています!

    募集要項
    ◆内容はエッセイ(長短は問いません)やイラスト、写真などです。大きさは全体でA4サイズまでを基本とし、超える場合はご相談ください。
    ◆メール、郵送で受け付けます。氏名(ペンネームをご希望の場合は別途記入)・住所・電話番号を明記の上、富良野市博物館「心のタネ」係までお送り下さい。応募いただいた作品は返却しませんので、ご了承ください。
    メールの場合
     shogai-center@city.furano.hokkaido.jp
    郵送の場合  〒079-1582 北海道富良野市山部東21線12番地
    ◆受付期間:一次締め切り2022年6月末までの到着分は追悼展会場で、以降はウェブサイトで公開する予定です。
     ※受領確認のため、送信・郵送の際は別途電話連絡をお願いします(電話番号:0167-42-2407 富良野市博物館)。

    応募いただいた作品は、ウェブサイト(近日公開)と追悼展で公開します。


    どろ亀さん(盒怯篝 東大名誉教授):演習林の育ての親とも称され、長年にわたって「森の心」の普及活動に努めた。2002年逝去。

    C.W.ニコル氏:ナチュラリスト・作家。長野県にある荒廃した森を見事に再生した自称「どろ亀さんのばか息子」。2020年逝去。



    【展覧会について】
    題名:森の心、そして祈り 〜どろ亀さん・ニコルさん追悼展〜
    主催:森づくりの仲間たち協議会・富良野市博物館
     出会った時から心が通い「ばか息子」「ばか親父」と誇らしげに自称していた二人。今年はどろ亀さんの没後20年、改めてどろ亀さんの記憶を掘り起こし、二人の足跡、功績が未来の環境保全につながるよう、次世代のバトンになるような追悼展です。二人は人びとに何を遺し、何を願っていたのか?いっしょに考えてみませんか?

    コメントする
    読みもの・コラム : 羽子板・お手玉・ぬり絵(コラム 博物館のむかしの道具)
    投稿日時: 2022-1-14 0:00:00 (124 ヒット)

    (10)羽子板・お手玉・ぬり絵


     
    生活1092「羽子板(花)」 生活2280「お手玉」

     昭和20年代のコーナーに展示されています。私が子供の頃は50〜60年代。羽子板で遊び、お手玉、ぬり絵、凧揚げ、こま回しなど、色々なもので遊びました。羽子板はカーン!といい音が鳴り、白熱して遊んだ記憶です。お手玉は3つで出来るまでたくさん練習しました。ぬり絵は自分の性格上、5分も集中力がもたなかったです。子供の頃に一生懸命に練習やたくさん遊んだものは、大人になってからも役に立ったり、何十年たとうとも出来るもので、子供の時の体験がいかに大切かを思い知らされます。

     
    生活923「ぬり絵」 生活924「ぬり絵」




    羽子板・お手玉・ぬり絵やその他の「昔の遊び道具」はテーマ8「戦後のあゆみ」(昭和20年代のコーナー)(2階)に展示されています。


    ※この記事はクマゲラ通信1月号に掲載しました。

    コメントする
    発行物(定期刊行物) : ミュージアムレターVol.36を発行しました。
    投稿日時: 2022-1-10 18:00:00 (143 ヒット)

    ミュージアムレターVol.36を発行しました。このページから閲覧するほか、市内図書館・文化会館等の施設でも入手できます。

     

    内容:
    ◆鳥沼公園の環境保全活動〜オオハンゴンソウ防除と植樹〜
    ◆第41回特別展「アンモナイトの不思議」
    ◆自然工作講座「木の実と羊毛を使ったタペストリーづくり」
    ◇コラム 博物館の昔のどうぐ「学校用チャイム」

    ミュージアムレター最新号の紹介ページはコチラ
    ミュージアムレターバックナンバーの紹介ページはコチラ

    コメントする
    施設案内 : 施設の概要(2022年更新)
    投稿日時: 2022-1-1 10:00:00 (1246 ヒット)


    公民館エリアと博物館エリアに分かれており、休館日は毎週月曜日および年末年始(12月31日〜1月5日)です。開館時間と利用上の注意については以下の通りです。

    【公民館エリア】体験交流室・陶芸窯室・多目的アリーナ・調理実習室・食品加工室・研修室・和室
    ・利用可能時間:火曜日〜土曜日 9:00〜21:30/日曜・祝日 9:00〜17:30
    どの部屋も事前予約の上、ご利用ください(使用料支払いの詳細はお電話で確認ください)。
     
    研修室A・調理実習室

    【多目的アリーナの個人利用について】
    ・多目的アリーナは専用利用がないときは個人で利用できますが、その際は、ぜひ事前にご連絡ください(急な専用利用が入ったり、個人利用者が多数で利用できない場合があるため)。
    ・個人利用の料金は大人100円、高校生70円、小中学生50円で、土曜日は小中学生の利用は無料です(個人利用のみ)。基本的に利用時間区分は午前、午後、夜間の3区分なので、引き続いて利用する場合は時間区分ごとに料金をお支払いいただきます。
    ・アリーナでは硬球の利用や本格的なバッティングなど、施設維持の観点から行えない活動がありますので、ご協力をお願いいたします。

    【博物館エリア】博物館常設展示室(1〜2階)・展示ホール(2階)・森の教室(1階)
    ・開館時間:9:00〜17:00
    観覧は無料です。入館の際は利用者カードにお名前・連絡先などをご記入ください。
    ・展示案内をご希望の場合は、事務室にお申し出ください(学芸員の在館状況により対応できない場合があります。)詳細はコチラをご覧ください。




    電話番号:0167-42-2407

    ※基本的な電話対応可能時間:(火)〜(土)9:00〜17:15
     17:15以降および(日)(祝)は警備職員による簡易的な対応(アリーナの空き状況の確認などが可能・巡回時は不在)となりますのでご了承ください。

    コメントする
    読みもの・コラム : 富良野獅子舞・越中伝承山部獅子舞 (コラム「まちの貴重な文化財」)
    投稿日時: 2022-1-1 0:00:00 (131 ヒット)

    広報ふらの・コラム「まちの貴重な文化財」No.7
    1月号で紹介するのは富良野獅子舞・越中伝承山部獅子舞です。

    コメントする
    読みもの・コラム : 12月22日 初めてのテレビ(コラム「今日はなんの日」)
    投稿日時: 2021-12-22 6:00:00 (229 ヒット)


    12月22日
    初めてのテレビ

     昭和27年8月22日から31日まで10日間、富良野小学校、富良野町営授産場、児童公園(現末広町)を会場として開町50周年記念の平和博覧会が開催されたとき、富良野小学校会場におけるテレビの実験放送は異常なほどの人気を呼びました。白黒式6メガ走査線525本という実験テレビに映る映像に驚き「こんな素晴らしい科学の進んだアメリカに戦争仕掛けるなんて日本も馬鹿なことをしたもんだ」という人もいました。

     
    富良野で開かれた平和博覧会(記念絵葉書より)

    続き... | 残り5421バイト | コメントする
    事業案内 : 1〜3月の博物館講座のお知らせ
    投稿日時: 2021-12-21 0:00:00 (220 ヒット)

    1〜3月の講座のお知らせです。お問い合わせ・参加申し込みは富良野市博物館(生涯学習センター ☎0167-42-2407 (火)〜(土))までお電話ください。特別な記載がない限り参加料などは不要です。

    富良野の自然に親しむ集い「ニジマスの産卵を観察しよう」
    堅雪を踏みしめながら公園内を自然観察する講座です。冬の森は動物の足跡、木々の冬芽、様々な昆虫の越冬の様子など、見どころが盛りだくさんですが、今回の一押しは湧水口付近で繁殖行動をするニジマスたち。外来生物として沼内の生態系にどんな影響を与えたかについても一緒に考えましょう。
    講師:永盛俊行さん他
    日時:2月5日(土)9 : 00〜12 : 00
    場所:鳥沼公園 (集合:あずまや付近)
    定員:30人
    持ち物:防寒具、長靴、スノーシュー(あれば)

    ※お願い
    感染症対策として、講座についてはあらかじめ申し込みいただき、体調の確認、マスクの着用をした上でご参加ください。特に、室内でのイベントについては細心の注意を払いますので、ご協力をお願いいたします。




    ※職員による電話対応時間:(火)〜(土)9:00〜17:15
     17:15以降および(日)(祝)は警備職員による簡易的な対応となり、巡回中はお電話がとれないこともありますのでご了承ください。

    コメントする
    博物館講座 : 12/18 博物館講座「木の実と羊毛のタペストリーづくり」
    投稿日時: 2021-12-19 0:00:00 (170 ヒット)

    博物館2階「体験交流室」で冬の自然工作講座を開催しました。
    今回は羊毛に加え、周辺で採集した木の実や冬芽、葉を使った工作。地元の自然に親しみながら、クリスマスシーズンにも飾れるような作品を作りました。

      
    作り方の説明を聞いた後、材料の羊毛を選んで適当な大きさに裂きます

    続き... | 残り3189バイト | コメントする
    読みもの・コラム : 渡部医院(コラム「まちの貴重な文化財」)
    投稿日時: 2021-12-14 0:00:00 (125 ヒット)

    広報ふらの・コラム「まちの貴重な文化財」No.6
    12月号で紹介するのは近代洋風建築「渡部医院」です。

    コメントする
    « 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 48 »