:: トップページへのリンク
:: 開館日·時間

↑画像クリックで詳細記事に移動
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
兜谷徳平翁の胸像
  • 兜谷徳平翁の胸像
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • ラベンダーの森・ハイランドふらの
  • 3 富良野盆地の発見

    投稿者:  投稿日時: 2006-1-11 12:50:00

    大雪十勝岳山系眺望の図(松浦武四郎「十勝日誌」より)




     富良野盆地を初めて訪れた和人は、函館奉行所石狩在勤の足軽松田市太郎とされています。市太郎は1857年(安政4)に美瑛川上流から十勝岳に登頂し、硫黄を持ち帰ったことが『イシカリ川水源見分書』に記録されています。翌年の1858年(安政5)には蝦夷地探検で知られる松浦武四郎が美瑛から山麓沿いに十勝越えをしたときに富良野を通過したことが、『十勝日誌』に記されています。
    この記事にコメントを投稿する
    コメント投稿に関するルール登録ユーザ以外のコメントは承認が必要
    表題
    アイコン
    コメントurl email imgsrc image code quote
    サンプル
    bold italic underline linethrough   


     [もっと...]
    オプション顔アイコンを有効にする
    XOOPSコードを有効にする
    改行を自動挿入する