富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
歴史と郷土芸能 : 10 富良野弥栄太鼓
投稿日時: 2006-1-4 12:40:00 (3726 ヒット)


 富良野弥栄太鼓保存会







 富良野弥栄太鼓保存会少年部








富良野弥栄太鼓は1973年(昭和48)7月、富良野市長高松竹次氏が米の生産調整により農村青年の活動が低迷していく状況の中で、青年たちを活気づけることを目的に、作曲家八州秀章氏に作曲を依頼し誕生しました。農村青年が主体となって連日連夜の特訓を行い、同年9月14日、富良野市開基70周年記念式典において初公演が行われました。1987年(昭和62)8月には、北海へそ祭りで子供樽太鼓を打っていた少年たちを中心に少年部が創設されて、太鼓を通じた「青少年の健全育成」と「地域文化の担い手養成」に貢献しています。現在も成人式、北海へそ祭り、ワインぶどう祭り、スキー祭り、富良野神社祭例などの各種イベントで公演活動を精力的に行っています。


少年部会員募集中 弥栄(いやさか)太鼓保存会少年部では、小学3年生から中学3年生までの元気な子供たちを募集しています

(募集対象)小学3年生〜中学3年生までの児童・生徒
(練習日)毎週水曜日 午後6時30分〜午後7時45分
(練習場所)富良野市郷土芸能伝習館(富良野市布部)
(会費)月額500円(少年部父母の会会費として)
(指導員) 富良野弥栄太鼓保存会会員がやさしく初歩から指導します。
(申込方法) 富良野弥栄太鼓保存会090−6448−7450までご連絡ください。

富良野弥栄太鼓保存会のFacebookページ
https://www.facebook.com/iyasakataiko/

印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。