:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
魚霊碑
  • 魚霊碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • :: トップページへのリンク
    読みもの・コラム : 箱膳・ちゃぶ台(コラム「博物館の昔のどうぐ」)
    投稿日時: 2021-9-2 9:00:00 (109 ヒット)

    (6)箱膳・ちゃぶ台

     昔の人は、自分専用の箱膳を持ち、そこに茶碗・お椀・皿などの食器を入れて食べていました。食器を洗うことの少なかった時代、食べ終わった後にお湯を入れ、漬物などでさらってきれいにしてしまったといわれています。大切に使用していたことがうかがえますね。その後、ちゃぶ台(飯台)に移行し、家族で食卓を囲むようになり、たまに怒った父親がちゃぶ台をひっくり返す!ことも(ホントかな?)。

     
    生活1068「ちゃぶ台」       生活99「箱膳」
       

    箱膳·ちゃぶ台はテーマ8「戦後のあゆみ」(2階)に展示されています。


    ※この記事はクマゲラ通信9月号に掲載しました。


     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。