:: トップページへのリンク
:: 開館日·時間

↑画像クリックで詳細記事に移動
:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
山部官設駅逓跡地
  • 山部官設駅逓跡地
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • 読みもの・コラム : コラム:博物館の昔のどうぐ『柱時計』
    投稿日時: 2021-6-1 8:00:00 (101 ヒット)


    (3)柱時計

     私が小学校低学年頃まで柱時計があったと記憶しています。時計が止まれば、2つのネジを回す仕事がありました(たぶん2つ)。親戚の家では鳩時計があり、「ポッポ―」と鳩が出る時計に若干のうらやましさを覚えました。今となっては、カチコチとなる音にわずらさしさと不気味さを感じるのは私だけでしょうか。


    左から 収蔵資料番号「生活2522」「生活39」「生活38」「生活37」

     柱時計はテーマ3「戦後のあゆみ」(1階)に展示されています(写真の左の資料)。


    ※この記事はクマゲラ通信6月号に掲載しました。


     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。