富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
調査と事業の報告 : 10/24 変形菌調査 「採集標本の詳細」
投稿日時: 2020-11-29 19:00:00 (99 ヒット)

このページでは2020年10月24日に開催した変形菌調査で採集した標本を、参加者のSさんと図鑑を見ながら種名を推定した様子を紹介しています。
(この調査の紹介記事もご覧ください。→10/24 変形菌調査



写真の中にあるメジャーは1目盛りが1mmです。

【ラベンダーの森(島の下地区)】
ヒョウタンケホコリか


アミホコリ類・白いカビがついている


アミホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後、子実体の下部が残されている。


キンチャケホコリか


【鳥沼公園】
ヘビヌカホコリ(右)とケホコリ類


ハチノスケホコリ ※子実体の下部が残った状態。この状態のようすから「蜂の巣」と名付けられた。


★参考:「図説日本の変形菌」のハナハチノスケホコリ(ハチノスケホコリ属)の形態を示したページ。


ヌカホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ウツボホコリ類


【太陽の里】
ウツボホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ムラサキホコリ類


(拡大)


ケホコリ類 ※子実体がほぼ残存している状態


ウツボホコリ類 ※胞子がだいぶ飛び去った後


ヒョウタンケホコリか


(拡大)


ハチノスケホコリか ※胞子はだいぶ飛び去った後

印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。