富良野市生涯学習センター

ニュース
展示コーナー
富良野市の歴史と郷土芸能
森の教室
ナキウサギの鳴く里づくりプロジェクト協議会
発行物
ガイドブック : 博物館刊行物(平成17年以降)のお知らせ 〜自然関係〜
投稿日時: 2018-12-1 10:40:00 (29 ヒット)

今回は4点の自然関係の刊行物についてお知らせいたします。

鳥沼公園をめぐる
 富良野の自然シリーズNo.4
(平成28年)

富良野の外来生物
 富良野の自然シリーズNo.3
(平成23年)

遊々の森「太陽の里・ふれいあいの森」
 自然観察ハンドブック
(平成18年)

富良野の自然に親しむ 朝日ヶ丘公園編
 富良野の自然シリーズNo.2
(平成17年)



 このうち3点は富良野の主要な自然観察スポットを紹介するガイドブックです。/鳥沼公園は豊かな湧き水に支えられた森で、富良野の低湿地の原風景を残す貴重な自然環境です。富良野地域に二ヶ所だけ残るハンノキ林のうちの一つでもあります。/太陽の里キャンプ場にある遊々の森は、森林施業が行われなくなった針葉樹人工林が、入り込んだ広葉樹の成長と共に針広混交林として発達した森です。/朝日ヶ丘公園は景勝地(花見)、ジャンプ台、林業に利用された後にできた二次林で、比較的小面積の中に様々なタイプの林が混ざり合った自然環境です。
 いずれも富良野や山部の市街地からほど近く、気軽に自然を楽しむことができます。森に入って自然観察するきっかけにしたり、より詳しく生物相を学ぶのにガイドブックを役立つことと思います。
 こういった自然環境は土地利用の狭間でたまたま残されたものであり、今後は意識して残さない限り簡単になくなってしまいます。鳥沼公園のホタルの減少に象徴される乾燥化はその最もたるものでしょう。自然を脅かす要因は様々にありますが、その一つである外来生物の侵入について解説した冊子が「富良野の外来生物」です。「外来生物=悪」という単純な図式ではない一方、その対策は非常に喫緊で重要なものです。外来生物の問題に向き合うことは、私たちが自然との関わり方を改めて考える契機にもなるため、本書ををその一助にしていただければ幸いです。

◆購入にあたっては富良野市博物館(富良野市生涯学習センター内)にご来館ください。
◆金額は各500円(「富良野の自然に親しむ 朝日ヶ丘公園編」のみ200円)です。
◆郵送をご希望の際はお電話ください(送料がかかります)。※TEL:0167-42-2407

印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。