:: facebook
:: 項目別記事
:: これに注目!「富良野の文化財」
北海道大学第八農場富良野成墾記念碑
  • 北海道大学第八農場富良野成墾記念碑
  • :: ここに注目!「自然散策ポイント」
    太陽の里ふれあいの森
  • 太陽の里ふれあいの森
  • :: トップページへのリンク
    展示会 : 2月10日から!特別展『炭鉱(ヤマ)は生きている』
    投稿日時: 2007-2-2 19:20:00 (1662 ヒット)
    展示会

     戦後復興の原動力の一つとなり、「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭。
     近年、あらためてエネルギー資源として注目を集めている石炭と道
    内の露天掘り炭鉱にスポットをあてるとともに、石炭がまだ盛んに使
    われていた時代の私たちの暮らしも振り返ります。






    ■と  き  平成19年2月10日(土)〜2月25日(日)    
           9:00〜17:00
    ■内  容 
    <移動展の内容>
     ○石炭の形成とその時代、さらにその出来かた、種類などを学習で
      きます。
     ○稼動中炭鉱の石炭塊が大小ずらりと並びます。
    <富良野市博物館オリジナルの展示>
     ○昭和20年代後半から30年代前半の富良野の街並み・風景・娯楽・
      文化・風俗を記録した8mmフィルム(デジタル化)が見れます。
      当時のフィルムとしてとても貴重。初公開です!
     ○昭和30年代の「冬の暮らし」にスポットをあてた展示がメイン。
      ・石炭ストーブがあった頃の学校の教室を復元展示
       〜「給食の時間」という設定です〜            
      ・冬の暮らしに関する当時の写真展示
       〜スケート・スキーなど冬の遊び、火の用心、初詣など多数〜
    ■観 覧 料 無料                       
    ■観覧時間 午前9時〜午後5時
    ■休 館 日 毎週月曜日

    ぜひご家族で、三世代でお越しいただけるとうれしい限りです。
    生涯学習センター前で2月11日(日)開催の「ゆきんこまつり」
    と合わせて、ぜひご観覧下さい。
    「ゆきんこ祭り」は子ども向けの楽しいイベントはもちろん、
    食べ物もありますよ〜

    印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする

     
    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。